超簡単にできるよ!スノーボードで逆エッジを防ぐ方法は○○するだけだった!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

日を追うごとに寒くなってきますね~

全国の雪の便りは嬉しい半面、日常生活で寒いのはイヤ…(笑)

ところで、「逆エッジ」という言葉を聞いたことはありますか?

う~ん、なんとなく言葉だけは…

まぁ普通に暮らしていれば一生使うことのない言葉ですが、スノーボードを滑る時にはとっても重要なワード。

今回は、「超簡単にできるよ!スノーボードで逆エッジを防ぐ方法は○○するだけだった!」と題して、逆エッジの定義とそうならないためのコツを解説したいと思います。

そもそもエッジとはなんぞや

スノーボードを見れば分かると思いますが、板の周りを囲むように金属の刃が付いています。

これをエッジというんですね。

通常滑るときは写真のように両サイドのエッジしか使いません。

スノーボードは、つま先側・かかと側のエッジを切り替えることによってターンしてるんですね。

じゃあ逆エッジってなんですか?

逆エッジとは、簡単にいうと”雪につまずくこと”です。

要は本来ターンする時に使うべきエッジとは反対側のエッジが引っかかって(つまずいて)コケるので逆エッジと言います。

例えば歩いている時、段差につまずいてコケそうになることありますよね。

普段なら、コケそうになったらもう片方の足を出して踏ん張ることもできますが、両足がバインディングに固定されているスノーボードではそうはいきません。

つまり、逆エッジになると簡単にコケてしまいます。

だから、スノーボーダーにとって逆エッジは大敵なんですね。

なぜ逆エッジになるの?

そもそもの話なんですが、スノーボードというのは常にエッジを意識して滑るものです。

初心者や初級者の方に多い勘違いですが、通常逆エッジを防ぐため板をフラット(エッジを使わずに滑る)にして滑ることはほとんどありません。

だから、まっすぐ滑っている時でも、よほど低速でなければつま先(トゥー)もしくはかかと(ヒール)のエッジを使って滑ります。

そうしないとこうなります…

エッジを使って滑ることを業界では荷重なんて言いますが、私は専門用語を使うのが大嫌いなので(笑)ここから先も噛み砕いて説明しますね。

山側を向いて滑っている時にはつま先を、谷側を向いているときはかかとのエッジを使って滑ることで逆エッジを防ぐことができます。

例えば山側を向いて滑っている時、

先ほどのGIFで紹介した通り、斜面に対して板が平行だとかかと側のエッジ(板の角)が引っかかり、ちょっとした段差でコケてしまいます。

本当だ、まさに普段つまずく時と同じ現象ですね!

ところが、地面に対してつま先側のエッジを使って滑ると、

雪のデコボコを面(ボードの裏側)で捉えることができるので、コケにくくなります。

まぁここまで説明しておいてなんですが、こんな理論はたいして重要ではないので、忘れてもらっていいです(笑)

重要なことは、次項で説明します。

逆エッジしないためのコツとは?

さぁ、やっとこさ本題に入ります(笑)

では、逆エッジしないためのコツとはなんでしょうか?

それは、ひざを曲げること…たったそれだけです!

出た、らくスノメソッド!
らくスノ
荷重だ何だと難しいことを言うとかえってできなくなります。ですので、初心者の方でも理解できるようにシンプルに教えるのがらくスノの信念なんです。

そう、新年の挨拶で帰省すると言いながら妻に内緒でボード行ったり、日頃から信念のカケラもない人間ですが(笑)スノーボードだけは本気です!

【過去のらくスノメソッド記事】

ジャンプ台のコツはラジオ体操!?初心者でも簡単にキッカーが飛べる方法教えます

スノーボードリフト降り方のコツはソファーから立ち上がるのと一緒だよ!【初心者の方必読】

誰でもできる!立ったままバインディングをつけるたった1つのコツとは【スノーボード】

イスを使って実験してみよう

「お前の事なんて信用できるか~!」「らくスノって名前がアホっぽいから言ってることも怪しい!」なんて思っている方のために、理論的に説明しましょう。

いや、誰もそこまで思ってないから…
らくスノ
だって、ちゃんと裏付けがあるのに、みんなイマイチ信用してくれないんだもの…やっぱ日頃のおこないかなぁ(笑)

というわけで、まずイスを用意して、写真のように立ってみましょう。

次に足を曲げてみます。どうです、棒立ちの時より自然につま先に体重が乗ってませんか?

次は逆です。やはり写真のように、イスをつかみます。

そして、曲げてみるとどうでしょう…意識しなくてもかかとに体重が乗ってないですか?

そうです、これを専門用語で加重って言います。※1

要はつま先・かかとのどちらかのエッジに力が加わっている状態ですね。

初心者の方は棒立ちになりやすいですが、なかなか加重を理論的に説明しても理解することは難しいので、私はシンプルにひざを曲げるという教え方をしています。

ひざを曲げることによって意識しなくても自然に加重することができるんですね。

ひざを意識しすぎると猫背になってしまいがちですので気をつけましょう。背筋はまっすぐです!

初心者でもできる!スノーボードのカービング超簡単な練習方法教えます

加重とはエッジを使うということなので、結果的に逆エッジしづらくなります。

ここまで説明してなんですが、別にこれも覚えなくてよいです(笑)

とにかく逆エッジを防ぎたいならひざを曲げて下さい!

もし初心者の方に教えた時に、細かく聞かれたら「理論を知るなんて100年早ぇ~んだよ~」でOK!

らくスノさん、最近荒れてない…

らくスノ

すみません、ついついボードに行けないイライラが出てしまいました…(笑)

※1初心者の方にイメージしやすいように、あえて「荷重」ではなく「加重」という漢字を使用しています。

エッジの切り替えはどうするの?

前項のようにつま先のエッジを使うとつま先側に、かかとのエッジを使うとかかと側にカーブするのはお分かりいただけると思います。

では、ずっとひざを曲げた状態で滑るかというと、そうではありません。

エッジの切り替えは、必ず一瞬ニュートラルになります

下記のGIFのように、スクワットの要領でエッジを切り替えるんですね。

要は棒立ちの状態がニュートラルなんですが、この切り替えが完璧にできたらカービング(上級者の滑り)できます。

実際のゲレンデはデコボコしているうえに初心者・初級者の方がこんなにきれいにエッジの切り替えできませんので、最初はイメージしておくだけで良いです。

これもイスや壁、その場でスクワットするだけでも簡単に練習できるので、ぜひつま先とかかとを意識しながら試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

だらだらと能書きも垂れましたが(笑)逆エッジを防ぎたいなら「ひざを曲げる」ということだけを意識して滑ってみてください。

最初はうまくできないかもしれませんが、ゲレンデから帰る頃には逆エッジが劇的に減っていると思いますよ!

まぁ上級者でも逆エッジくらうときはありますし、ご自身が怖いと思ったりコントロールできないようなスピードで滑るのはやめましょうね。

そして、逆エッジくらった時のために、正しいコケ方も覚えておいてください。

スノーボード未経験でも30分で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!

参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。