スノーボードリフト降り方のコツはソファーから立ち上がるのと一緒だよ!【初心者の方必読】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回の記事はリフトの簡単な降り方(スノーボード)についてお話したいと思います。

「何度やってもコケてしまう…」

「片足で滑るとバランスが上手く取れない…」

スノーボード初心者の方にとって片足のみでリフトを降りるのはとても難しいですよね。

でも、実はコツは1つしかないんですよ。

それに家でも簡単に練習できちゃうんです。

難しいことはまったくないので、自信を持って試してみてください!

リフトの乗り方、降り方動画

まずは乗り降りをイメージするためにこの動画をご覧ください。


この様に簡単にできれば良いのですが、いきなりは難しいと思いますので順に解説させていただきます。

リフトから降りる際の注意点は?

まず、コツを解説する前に、リフトを降りる際の注意点をお話します。

初心者の方がリフトから降りる際に注意しなければいけないこととはなんでしょうか?

  • 定員MAXでリフトに乗らない
  • コントロールしようとしない
  • 人につかまらない
  • リフトの柱や背もたれにつかまらない、押さない
  • 無理に板をつけて乗る必要はない

次項から詳しく解説させていただきます。

定員MAXでリフトに乗らない

リフトの定員MAXで乗ってしまうと、人との距離が近いので降りるのが難しくなってしまいます。

友達と一緒に来ているのに乗るなというのも酷な話ですが、、、

4人乗りリフトなら2~3人で乗車すると相手との距離が空くので、降車時に自分の思った方向とは違う場所に向かってしまっても人とぶつかってコケる可能性は減ります。

コントロールしようとしない

ボードを片足で操るには相当テクニックが必要です。

初心者の方は、降車した時に自分の思った方向とは別の場所に向かってしまっても、よほど危険がなければ無理にコントロールしようとする必要はありません。

コントロールしようとすると、かえってバランスを崩しコケてしまいます。

もし、隣の人とぶつかりそうになったら「わ~ぶつかる~」と、あらかじめ警告するため声をかけ、相手の背中などに手を添えるようにします。(つかまったり押したりしてはダメですよ~)

余談ですが、スノーボードが片足で操れるようになるとこんな余興もできるようになりますwww

人につかまらない

ラブラブカップルによく見かけます(笑)

彼氏が初心者の彼女の手を取って、一緒に降りるみたいな…

でも、この降り方は間違いです。

正直、上級者でもこの降り方は難しいのです、手や腰を握っている時点で両者のバランスが崩れてますから。

くれぐれも、他人に頼らず自分の力で降車しましょう。

…別にうらやましくて注意しているわけじゃないよ(笑)

リフトの柱や背もたれにつかまらない、押さない

 

降りるときに柱や背もたれにつかまっている方けっこう多いのではないでしょうか。

柱につかまっている時点でバランスが崩れているんですよ。

また、降車時に推進力を得るために柱やシート押してないですか?

これも一気にバランス崩す原因です。

推進力をつけなくても、降車場所は緩斜面になっているので自然に板が走り出します。

無理に板をつけて乗る必要はない

まさに「それを言っちゃあおしまいよ」ですが(笑)※「男はつらいよ」寅さんの名セリフです。

今シーズンは数回行く予定で目標を持ってスノーボード滑るならともかく、旅行で来たつもりなのにガチで練習するほどつまらないものはないですからね…

突然未経験のスノーボードに誘われた時の楽しみ方教えます!

板を付ける必要がないリフトではあえて付ける必要もないと思います。

※板を装着しないと乗車できないリフトもあります。

「板をつけないと初心者丸出しだもの…」

なんて思ってませんか?(実際よく聞かれました。)

私なんて現役時代はオープンからクローズまで滑っていましたので、バインディングつけっぱなしだと足が痛くなってくるんです。

今でも足がしびれるので、外して乗れるリフトは極力板を持って乗車してます。

ですので、バインディング外して乗っているからって初心者丸出しなんてことはないですよ。

コケてもあせらない

リフト降車場所でコケてしまった場合、焦ってはいけません。

すぐに頭を上げてしまうと、リフトに頭を打つ可能性があります。

焦らなくても、危険があれば係員の方がリフトを止めてくれます。

コケてしまったら、頭を上げずにリフトから離れましょう。

大丈夫、コケても恥ずかしいことなんてまったくありません!

後ろのリフトの人は誰がコケたかなんてわかりませんし、

係員さんもいちいち気にしてません。

ずばり、リフトから降りる時のコツは?

それでは、具体的にリフトから簡単に降りる方法を解説したいと思います。

と言っても、コツは1つしかありません。

リフトからスムーズに降りることができるたった一つのコツ、それは…

普通にまっすぐ立つだけです!

釣られたと思ってページは閉じないでくださいね(笑)話はこれからです。

リフト降り場は緩斜面なので、何もしなくても自然に滑っていきます。

ですので、降車位置に合わせてスっと立ってみてください。

「それができないからコケるんだよ!」

いえいえ、実はリフトを降りる方法は皆さんがいつもやっている動作とまったく一緒なんです。

ソファで練習してみよう!

はい、そうなんです。

実はリフトから降りる時の動作はソファーから立つ時の動作とまったく一緒なんです。

体を構えて足をスノーボードつけている時のように横にします。

両手を写真のように添えて立ちます。

簡単でしょ~

ちゃんと体もまっすぐ立ってますね。

このようにまっすぐ立ち上がるのが、バランスを崩さずにリフトを降りる唯一の方法です。

実際にリフトから降りる際も、ソファーから立つイメージでチャレンジしてみてください。

きっと上手くいくはずです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「初心者だけど、なんか降りられる気がしてきた」

その通りです!コツさえつかめば何も難しいことはありません。

ぜひ、おうちのソファーや公園のベンチで試していただければと思います。

この記事がお役に立てば幸いです。

 

この記事も人気です。

スノーボード未経験でも30分で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!

初心者でもできる!!!スキー場で上級者にみえる身のこなしテクニック【スノーボード】





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。