スノーボードとスキーこれから始めるならどっち!?3つの判断基準お教えします

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

父親はスキーのインストラクターで、幼少期からスキーも滑ってました。

これから会社やサークルなどでウィンタースポーツに誘われる機会も多いと思います。

でも、スキーもスノボも未経験だった場合、どちらを始めたらよいか迷いますよね。

結論からいえば、スキーかスノボか選ぶ基準は3つしかありません。

  • 周りの友人がスキー派かスノボ派で選ぶ
  • 初心者期間が長いスノボ、初級者期間が長いスキーで選ぶ
  • フリースタイルならスノボ、アルペン・テクニカル志向ならスキーを選ぶ

この記事を最後までご覧いただければ、もうスキーかスノボ迷うことはありませんよ!

周りの友人がスキー派かスノボ派で選ぶ

もっともポピュラーな方法が、周りの友人がスキー派かスノーボード派で選ぶということです。

  • 誘いやすい
  • 道具を貸してもらえる
  • 滑り方を教えてもらえる

このように、周りに合わせると様々なメリットを享受できます。

特にこだわりがないなら、周りの友人・同僚に合わせるのがベストですね。

初心者期間が長いスノボ、初級者期間が長いスキーで選ぶ

一般的に初心者期間が長いのがスノボ、初級者期間が長いのがスキーといわれています。

だから初日から手っ取り早く滑りたいならスキー、見栄えよく滑りたいならスノボがおすすめ。

初心者の概念を「ターンできるか、できないか?」にすると、スキーはすぐプルークボーゲン(八の字滑り)できるので簡単です。

逆にパラレルターン(板を平行にして滑る)までを初級者のラインとみると、敷居は高いと思います。

よくスキーヤーの間では「パラレルの壁」なんていいますね。

スノーボードはターンまでが難しい…

なぜならスキーのプルークボーゲンのように、スピード調整できないからです。

しかし、いったんターンを覚えてしまえば、ほぼ初級者の滑りはできてると言っても良いでしょう。

フリースタイルならスノボ、アルペン・テクニカル志向ならスキーを選ぶ

フリースタイル競技はスノーボード、アルペン・テクニカル競技ならスキーがオススメです。

ここでいうフリースタイルとはジャンプ台やハーフパイプ・グラトリなどのこと。

理由は簡単。

スノーボードフリースタイルのほうが競技者が多いので、ハウツー教材がたくさんあるからです。

フリースキーも十分かっこいいですが、教えてくれる人が少ないので上達の機会が限られます。

逆にアルペン競技に関しては、スノボよりスキーのほうが圧倒的に競技人口が多い。

さらに、コブや荒れたバーン(ボコボコになってるコース)はスノーボードに不利です。

繊細なコントロールが可能でスピードも出るスキーは、これからアルペン・テクニカル競技をやりたいと思う方にぴったり!

 

アルペン・テクニカルとは

簡単に説明すると、スピードを競うのがアルペン、ターンの美しさを追求するのがテクニカルです。

 

スキーとスノボどちらが面白い?

よく「スキーとスノボどちらが面白いですか?」なんて聞かれるんですよね。

でもスキーとスノボを比べることは、同じ球技だからって野球とサッカーを比べているようなもの…

さすがに無理があります。

多分スキーヤーなら「スキーが面白い」と言うし、ボーダーなら「スノボが面白い」と言うはず(笑)

答えは今ここで考えるより、実際にゲレンデで体験したほうが早いです。

スキー・スノボどちらにも魅了があるので、まずは気軽にスキー場へ行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

■スキーかスノボを選ぶ3つの基準

  • 周りの友人がスキー派かスノボ派で選ぶ
  • 初心者期間が長いスノボ、初級者期間が長いスキーで選ぶ
  • フリースタイルならスノボ、アルペン・テクニカル志向ならスキーを選ぶ

スキー・スノボどちらも魅力的なスポーツなので、

「どちらが簡単?」

「どちらが楽しい?」

なんて深いことは考えず、誘われたら気軽に体験してみましょう!

なお、当ブログはスノボ初心者の方向けのハウツーサイトです。

スノボが気になる方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボード未経験でも1時間で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!

突然未経験のスノーボードに誘われたらまず読んでみて!記事まとめ

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。