レギュラーかグーフィーか?利き足を判断するたった1つの方法とは【スノーボード】

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

スノーボードを滑る時「左右どちらが前足かわからない」なんて方も多いと思います。

通常利き足が後ろ側になりますが、そもそもどうやって判別すればいいのでしょうか?

結論から言えば、実際に滑ってみるまで分かりません!

とりあえず以下の方法で判別してみてください。

  • ケンケンしやすい方の足
  • 幅跳びする時踏み切りやすい方の足
  • ボールを蹴りやすい方の足

いずれにしろ、なんとなくでOK!

あとは滑ってみて違和感があれば、利き足を変えて滑ってみましょう。

今回は利き足の判別方法や、途中でスタンスを変えたい時の対処法についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、スノーボードの利き足の悩みが一気に解消されますよ。

レギュラースタンスは左足前、グーフィースタンスは右足前

レギュラースタンスとグーフィースタンス、あまり耳慣れない言葉ですね。

  • レギュラースタンスは右足が利き足の方
  • グーフィースタンスは左足が利き足

写真をご覧いただけると分かるとおり、スノーボードの場合利き足が進行方向に対して後ろ足になります。

利き足を判断する方法は実際に滑ってみること

では、どのように利き足を判断すれば良いのでしょうか?

スノーボードの利き足を判断する方法は、ズバリ実際に滑ってみることです。

…釣られたと思ってページは閉じないでくださいね、本気なんですよ(笑)

利き足を判断する方法はたくさんあります。

  • ケンケンしやすい方の足
  • 後ろから不意に押された時足を出した方の足
  • 幅跳びする時踏み切りやすい方の足
  • ボールを蹴りやすい方の足

ほとんどの方はこの判断基準で間違いありません。

しかし、中にはこの型に当てはまらない人もいます。

だから、実際に滑ってみるまで利き足は分からないのです。

まずは滑ってみて、違和感があれば変更しよう!

とりあえず前述の利き足判別方法を基準にスタンスを決めて、実際に滑ってみます。

もし滑っていてなんとなく違和感があるなら、逆のスタンスも試してみてください。

レンタルボードならスタンスを変えるのは簡単!

レンタルショップで逆のスタンスにセッティングしたものと交換してもらいましょう。

マイボード持参の方も、スタンスは簡単に変えられます!

詳しくは下記の記事を参照ください。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

はっきりとした違和感が分からなくてもOK!

違和感は厳密に分からなくても大丈夫!

なんとなく「滑りにくいなぁ」と感じたら、スタンスを変更してみましょう。

結局ある程度上達してくると、逆のスタンスも滑れるようになりますからね。

ドラクエで言ったら「魔法使いで始めても僧侶で始めても、いずれは賢者になる!」みたいなもの(笑)

どちらが利き足でも普通に滑ることはできるので、最初から深く悩む必要はありません。

30分でできる!スイッチスタンス(フェイキー)のコツ教えます【スノーボード】

スノボは6つの手順で覚えよう!

【GIF】

「初めてスノボするけど、運動神経悪いし滑れるか心配…」

最初は本当に滑れるかどうか不安ですよね…でもご安心あれ。

たった1時間練習しただけで、ほとんどの方はGIFのように滑れるようになります。

では、どういった手順をふめば、1時間で滑れるようになるのでしょうか?

  1. 基本姿勢を覚える(5分)
  2. 安全な転び方を覚える(10分)
  3. 曲がり方を覚える(20分)
  4. リフトの降り方を覚える(5分)
  5. ボードスライドを覚える(10分)
  6. 大回りで滑る(10分)

そうです、たった6ステップで良いんです。

私はイントラ時代にたくさんの方を教えました。

でね、お金をいただいている以上、老若男女どんな方でもレッスン時間内に滑れるようにしないといけません。

そこで編み出したのがこのメソッドというわけです。

滑り方に関しては長くなるので別記事にしました。

詳しく知りたい方は下記も合わせて参照ください。

元イントラが教える!スノボ初心者がたった1時間で滑れるようになるコツ

まとめ

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①スノーボードの場合利き足が進行方向に対して後ろ足になる

  • レギュラースタンスは右足が利き足の方
  • グーフィースタンスは左足が利き足

②利き足を判別する方法

  • ケンケンしやすい方の足
  • 後ろから不意に押された時足を出した方の足
  • 幅跳びする時踏み切りやすい方の足
  • ボールを蹴りやすい方の足

→でも利き足は実際に滑ってみないとわからない。

③滑っていてなんとなく違和感があるなら、レンタルショップで逆のスタンスに交換

→どちらが利き足でも普通に滑ることはできるので、始める前から悩まなくてOK。

 

最初からスタンスをはっきりさせる必要はありません。

細かいことは気にせず、スノーボードを楽しんでくださいね!

【関連記事】

【初心者必見】はじめてのスノボ!準備から滑り方まで専門用語抜きで教えます

スノーボードリフト降り方のコツはソファーから立ち上がるのと一緒だよ!

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。