試してみて!0円ヒッププロテクター(ケツパッド)のススメ【スノーボード】

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

「ヒップパッド」または「ケツパッド」なんて言葉を聞いたことはありますか?

正式名称はヒッププロテクターと言います。

要はお尻を保護する防具のことですね。

スキーに比べスノーボードは転倒する確率の高いスポーツなので、上級者・初心者問わずヒッププロテクターを着用されている方はとても多いです。

特にアイスバーンで転倒すると、まるでコンクリートでコケたような痛みに襲われますからね…

ですので、怪我を防止するためにも着用することをおすすめします。

…とはいえ、次いつ行くかわからないスノボのために、何千円もするプロテクターを購入するのはもったい(笑)

おっしゃる通りです!

そんな方のために、今回は0円で作れるヒッププロテクターを紹介したいと思います。

0円ヒップパッドはタイツにタオルを入れるだけ

0円でできるヒップパッド、それはタオルinタイツです!

私はいたって正気です。

騙されたと思って、ページを閉じないでくださいね(笑)

春スノーボードでもない限り、ほとんどの方はウェアの下にタイツを着用すると思います。

そのタイツの中にタオルを入れ、プロテクターがわりにします。

さらに汗や雪で濡れた場所を拭くこともできるので、タオルプロテクターは何かと重宝しますよ。

ウェアのポケットにタオルをつめるだけでプロテクターになる

しかし、最近流行りのスキニーパンツではヒップパッドが着用できないことがあります。

また早期オープンのスキー場や春スノボでは、暑いのでタイツなんて履いてられませんよね。

そんなときにおすすめなのが、パンツのポケットにタオルを詰める方法です。

たったこれだけで、転倒時の痛みが軽減されますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「楽しいはずのスノボ旅行で、なんで痛い思いしてるんだろう…」

スノボビギナーの方がそう思い始めたら、もう滑るの嫌になっちゃいますよね。

冒頭でもお話しましたが、スノーボードは上級者でも転倒する確率が高いスポーツです。

もしプロテクターが買えないのであれば、今回ご紹介したタオルプロテクターをおすすめします。

まぁもし合わなかったらタオルをとればいいだけなので(笑)ぜひ気軽に試してみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ

ユニクロのヒートテックでスキー、スノーボード滑れますか?

普通の靴下とスノーボード用って何が違うの?やっぱり専用のものを買ったほうが良い?


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。