スノーボードのリーシュコードとデッキパッドとは?付けた方がいいの?【初心者の方オススメ】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回はスノーボードのリーシュコードとデッキパッドについてお話ししたいと思います。

新品の板を買ってこれから取り付ける方、またはレンタルで滑る方も、リーシュコードとデッキパッドの意味や注意点についてぜひ覚えていただければと思います。

リーシュコードとは

サーフィンされる方にはおなじみですね。板が流れていくのを防ぐために、足とバインディングを結ぶものです。

レンタルのボードには必ず付いているはずなので、バインディングを装着した後にブーツに取り付けてください。

巻きつけるタイプはすねのあたりに装着して、クリップタイプはブーツのヒモなどに取り付けます。※ブーツにしっかりついていれば装着場所はどこでもOK。

ちなみに、上級者は付けなくてもいいなんて思っている方もいるかもしれませんがそれは間違いです。

「俺は車の運転うまいからシートベルトつけないぜ!」なんてのは絶対ダメですよね。

スキー場でも行動規則や看板などで着用を促してますし、本来は上手い下手に関わらず付けるべきものです。

デッキパッドとは

デッキパッドとは片足をバインディングから外した状態で滑る時のためにデッキ(板のおもて面)に貼る滑り止めです。

左右のバインディングの間好きなところに貼りますリフト降車の際に役に立ちますね。

最近はおしゃれなデッキパッドも販売されていますので、実用面以外に板の装飾として貼る方もいます。

デッキパッドとリーシュコードでは意味合いが大きく異なる

まず、デッキパッドに関しては必ず取り付ける必要はありません。

実際、上級者になれば片足だけでもコントロールできますし、「付けてると初心者っぽいから」なんて理由で付けてない方もいます。ちなみに私も付けてません。

対してリーシュコードはどのゲレンデも着用を促しています。

ボードを無人で流してしまうと大事故に繋がりかねないからです。

日本一わかりやすい!スキー、スノーボード保険のコトまるごと解説します

でもリーシュコード着用には賛否両論ある

さて、ゲレンデでは着用を促しているリーシュコードですが、実は着用に関して賛否両論あります。

それは

「付けててもほとんど意味ないやないかーい!!」

です。

だってリーシュコードを付けるのはバインディングを付ける時。

逆にリーシュコードを外すときはバインディングとほぼ同時…

要はバインディング付けてる時は板は流れません。

肝心なのはバインディングを外してる時に機能していなければいけないんです。

でも実際はバインディング外す時に一緒に外しちゃいますよね、だから事故が減らないのです。

それでもリーシュコードを付けさせる意味は、それ以外にこれと言って有効な手段が無いからです。

リーシュコードは完璧では無い

大事なのはリーシュコードを付けることではなく、板を流さないようにする意識です。

まず初心者の方は「絶対板を流してはいけない」ということをあらかじめ覚えておいて下さい。

そして、リーシュコードは決して完璧ではありません。

また、これから初心者の方を教える場合は、ただリーシュコードを付けさせるのではなく、付ける意味や板を流さない為に意識するよう教えていただければと思います。

まとめ

  • デッキパッドは付けなくても良い
  • リーシュコードは基本着用する
  • でも完璧では無いので、流さない意識は常に持つ。

いかがでしたでしょうか?

リーシュコードとデッキパッドの意味や、危険性についてご理解いただけたと思います。せっかくのスノーボードなのに他人を怪我させてしまったら楽しむどころではなくなってしまいますよね。

ぜひルールを守って楽しんでいただければと思います。

板を流さない方法は別記事にまとめていますので、そちらもご参照下さい。
これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー(未経験の方必読)

参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。