オフシーズンのスノーボード道具正しい保管方法教えます【板、ブーツ、バインディング、ウェアまで】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

早いものでシーズンも終わりに近づきましたね〜。

今年から道具を購入された方は、ふと「そういえば、スノーボードってオフシーズンはどうやって保管しとくんだろ?」なんて思いませんか。

そうなんです!

せっかく購入したのに、保管方法を間違えてしまうと、劣化が早まってしまうばかりか、不具合がおきて来シーズン乗れなくなってしまうかもしれませんません。

今回はオフシーズンのスノーボード道具の保管方法についてお話ししたいと思います。

はじめに

皆さんは、シーズンが終わったらどのように板を保管しているでしょうか?

最後に滑りに行った日から、道具一式ケースに入れっぱなしなんて方も多いと思います。

仮に3月が滑り終わりで、12月にまた初滑りに行くとしましょう。

約8ヶ月も眠ることになるのです。

スノーボードに対するモチベーションは人それぞれですので、絶対メンテナンスした方が良いとは申しません。

でも、せっかく何万円もかけて購入した物ですから、できれば可愛がってあげてくださいね(笑)

ボードの保管方法

まずはボードの保管方法から、手順は以下の通りです。

  1. 水洗いする
  2. 十分に乾燥させる
  3. 汚れがひどい場合はリムーバー
  4. ワックスをエッジまで厚く塗る
  5. エッジには錆止めを塗る
  6. 室内に立てて保管

まず、シャワーなどで汚れを落として十分に乾かします。

その後、ソール(裏面)の汚れがひどい場合は、リムーバーと呼ばれる汚れ落としを使います。※春スノーボードに行くとソールが真っ黒になりますね。

リムーバーを塗って、浮き出た汚れをキッチンペーパーなどで拭き取って下さい。

次にワックスを厚塗りします。

ワックスの塗り方については別記事を参照下さい。

ワックスってなんですか?塗らなくちゃいけないの?素朴な疑問にお答えします!

ホットワックスの道具をお持ちでない方は、塗るだけ簡単なペーストワックス(しかもスプレーワックスより長持ち)というものがありますので、そちらがオススメです

そのままにしておくと板の滑りが悪くなりますので、できればワックスは塗った方がいいですね。

最後にエッジに錆止めを塗って終わりです。

ちなみに、錆止めの代わりに油性マジックを塗る方法もあります。

要は空気に触れさせないようにして、錆びを防止するんですね。

油性マジックを塗った場合、来シーズン使用する前に、100均でも購入できるメラミンスポンジなどで落とします。※完全に落ちない場合もありますので注意してください。

どれだけ完璧に塗っても結局少しは錆びるので、さほど気にする必要はありません。

一通り終わったらケースなどに入れ、室内に立てた状態で保管します。

ちなみに、ボードに限らずスノーボード道具は温度変化に弱いので、屋外の物置などで保管しないようにしましょう。

スノーボードケースは密閉性が高いので、少しジッパーを開けておくと湿気がこもらないです。

ブーツの保管方法

続いてはブーツの保管方法です。

ブーツはアウターブーツ、インナーブーツ、インソールと3種類のパーツで構成されています。

まずは、アウターブーツのホコリをブラッシングで落として、水に濡らしよく絞った布で汚れを拭き取って下さい。※ブラシは100均でも売っています。

汚れが落ちにくい場合は中性洗剤を少量含ませて拭き取ります。
隙間に付いた汚れは、いらなくなった歯ブラシで落とします。

 

その後、アウターブーツから、インナーブーツとインソールを外して、3種のパーツを完全に乾くまで陰干しします。

完全に乾いたら、インソールとインナーブーツをセットしてヒモを締めなおして下さい。

緩んだ状態で放置すると型崩れするからです。

最後に靴の乾燥剤を入れてボードと同じように室内で保管します。
乾燥剤が無い場合は、新聞紙を丸めて詰めておきます。

インナーブーツは手前に倒しながら引っ張ると取り出しやすいです。

インナーブーツは洗えますか?

はい、洗えます。

しかし、インナーブーツは型崩れの恐れがあるので注意が必要です。

バスケットにぬるま湯を適量ためて、少量の液体洗剤でやさしくもみ手洗いします。

友人の話だと、ネットに入れて洗濯機でも大丈夫なようですが、私自身試した事が無いので自己責任でお願いします(笑)

バインディングの保管方法

次いてはバインディングの保管方法です。

とは言っても、基本はボードから外して水で洗うだけですが(笑)

ボードやブーツと同じように陰干しして、ボードケースなどに入れて保管します。

ボードにバインディングを取り付けたままだと、ネジが錆びて取り外しできなくなったり、板が変形(コンケーブ)する原因になります。

バインディングの取り付け、取り外し方法は別記事を参照ください。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

メンテナンスや保管サービスは利用すべき?

実はシーズン終了後にメンテナンス、保管してくれるサービスがあるんですね。(もちろん有料です)

私も、現役時代ハイスペックな板を所持していたので、必ずメンテナンスを業者に依頼してました。

高級なボードほどソール(裏面)などに良い素材を使っているので、しっかりとメンテナンスや保管をしないとすぐダメになっちゃうんですね。

でも逆を言うと、高級なボードでなければ必要ありません。

高級なボードの基準?なんとなくだけど8万前後かなぁ…特に目安はないので自分の感覚とスノーボードにかける情熱です(笑)

ウェアの保管方法

最後はウェアの保管方法です。

私は生来の面倒くさがりなので、シーズン終わりくらいしかウェア洗わないんですが(笑)

最後くらいは、ウェア洗いましょう。

洗い方については下記の記事を参照ください。

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます

洗い終わったら、ハンガーにかけて保管します。

なぜかというと、折りたたんで保管すると、その部分の撥水能力が低下するからなんです。

シーズン中以外は邪魔でしかないんですが、そこは我慢ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「正直、面倒です…こんなことできません…」

どっちかっていうと、私もこっちタイプなので(笑)お気持ちは分かります。

道具を購入したとは言え、全ての方がスノーボードに情熱があるわけではないですもんね。

…分かりました!

そんな方は、最低限これだけやってください。

それは、乾燥させることです!

とにかく湿気が残っていると、匂いや腐食の原因になります。

これなら、誰でも簡単にできますよね!

せっかく購入したのですから、来シーズンも快適に過ごすために正しい保管をしていただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。