オフシーズンのスノーボード道具正しい保管方法教えます【板、ブーツ、バインディング、ウェアまで】

こんにちは、らくスノです。

ご覧頂いている皆さんは、スノーボード道具をどのように保管されてますか?

最後にスノボへ行った日のまま、ボードケースに入れっぱなしなんて方も多いのではないでしょうか。

仮に3月が滑り終わりで、翌シーズンの12月にまた初滑りに行くとしましょう。

約8ヶ月も眠ることになります。

ボードケースは密閉性が高いので、そのまま放置すると変形や劣化、サビ・悪臭の原因になりますよ。

でも安心してください!

この記事を最後まで読めば、オフシーズンのスノーボード道具の正しい保管方法が分かります!

オフシーズンのスノーボード道具の保管方法とは

オフシーズンのスノーボード道具の保管方法とはいっても、基本は簡単。

まずは、ウェア、板、ビンディング、ブーツを完全に乾かすことです!

これだけでも、劣化、サビ、悪臭などのリスクを大幅に減らすことができます。

最後にスノボへ行った日のままボードケースに入れっぱなしの方は、まず取り出して乾燥させましょう。

とはいえ、直射日光に当てると色落ちや痛みの原因になるので、屋内の風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

道具が痛むうえ完全に乾かないので、ドライヤーや暖房もNGです。

それでは次項から、ボード・ブーツ・ビンディング・ウェアの順に、正しい保管方法を解説したいと思います。

ボードの保管方法

ボードの保管方法の手順は以下の通りです。

  1. 水洗いする
  2. 十分に乾燥させる
  3. 汚れがひどい場合はリムーバー
  4. ワックスを厚塗りする
  5. エッジには錆止めを塗る

まず、シャワーなどで汚れを落とし、自然乾燥させます。

その後、ソール(裏面)の汚れがひどい場合は、リムーバーと呼ばれる汚れ落としを使います。

ボードに直接塗布して、キッチンペーパーなどで拭き取ってください。


次にワックスを塗布します。

ワックスにはソールの劣化を保護する役割もあるので、通常より厚めに塗ります。

ワックスとリムーバーの使い方に関しては、下記の記事を参照ください。

初心者でも簡単!たった200円で本格的なワックスができる方法

最後にエッジにサビ止めを塗って終わりです。

※ワックスをエッジに厚塗りしてもOK!

ブーツの保管方法

続いてはブーツの保管方法です。

まずは、ブーツのホコリをブラッシングで落として、水に濡らしよく絞った布で汚れを拭き取ってください。

隙間に付いた落ちにくい汚れは、いらなくなった歯ブラシでもいいですね。

汚れが落ちにくい場合は中性洗剤を少量含ませて拭き取ります。

次にブーツの内部を乾燥させます。

ブーツはアウターブーツ、インナーブーツ、インソールの3種類のパーツで構成されています。

アウターブーツからインナーブーツ、インソールを取り出しましょう。

インナーブーツは、写真のように手前に引っ張ると取り出しやすいです。

その後、3種のパーツが完全に乾くまで陰干しします。

完全に乾いたら、インソールとインナーブーツをセットして、ブーツのひもを締めなおします。

ブーツのひもが緩んだ状態で放置すると型崩れの原因になります。

さらに防水スプレーを塗布しておくと、来シーズンも快適に使用することができますよ。

ブーツを買ったら防水スプレーしよう!使用済みブーツの撥水能力が高くなる方法も伝授します

最後に乾燥剤を入れて終了です。

インナーブーツは洗えるが注意が必要

匂いや汚れが気になるし、できればインナーブーツも洗いたいですね。

しかし、インナーブーツは型崩れの恐れがあるので、洗濯には注意が必要です。

バスケットにぬるま湯を適量ためて、少量の液体洗剤でやさしくもみ手洗いします。

メーカーによってはネットに入れて洗濯機でもOKのようですが、不安なときは各ブーツブランドや販売店に問合わせてみましょう。

バインディングの保管方法

次はバインディングの保管方法です。

とは言っても、ボードから外して水で洗うだけですが(笑)

あとはボードやブーツと同じように陰干しして、ボードケースなどに入れて保管します。

ボードにバインディングを付けたままだと、ネジが錆びて取り外しできなくなったり、板が変形(コンケーブ)する原因になるので注意してください。

バインディングの取り付け、取り外し方法はとっても簡単!

詳しくは下記の記事を参照ください。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

ボードケースは口を開けて保管

ボード、ブーツ、ビンディングは、別々に保管するのが望ましいです。

変形を防ぐため、ボードは立てて保管します。

密閉性の高いボードケースに保管する場合は、ファスナーを開けておくとよいですね。

スノーボード道具は温度変化に弱いので、夏場は高温になる屋外の物置などはNG。

必ず室内で保管してください。

スノーボードウェアの保管方法

最後はスノーボードウェアの保管方法。

基本的にウェアは洗濯機NGなので、私はクリーニングに出してます。

一緒に撥水加工もしてくれますからね。

とはいえ、クリーニングに出すと数千円かかるので、ご自身で洗いたいという方は下記の記事を参照ください。

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます

洗い終わったら、ハンガーにかけて保管します。

なぜか折りたたんではいけないかというと、生地がよれて撥水能力が低下するからです。

オフシーズンは邪魔でしかないですが、仕方ありませんね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正直、面倒です…こんなことできません…
らくスノ
どっちかっていうと、私も面倒くさがりなので(笑)気持ちは分かります

道具を購入したとは言え、全ての方がそこまでスノーボードに情熱があるわけではないですもんね。

「もうちょっと楽にできる保管方法はないの?」という方のために、簡単バージョンの記事も書きました。

合わせてご参照ください。

たったこれだけでOK!超簡単なスノーボード道具の保管方法教えます

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。