誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます【スノーボード】

こんにちは、かれこれ20年以上スノーボードやっているらくスノです。

「だいぶスノーボードが上達したので、そろそろトリックに挑戦してみたい!」なんて方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、グラトリの初級トリックである180です!

「でも、周りに教えてくれる人がいないし、そもそも脚力がない…」

「インターネットやYouTubeを見ても、専門用語ばかりで理解できません…」

大丈夫!

ポイントさえ押さえていれば、誰でも簡単にマスターできます。

この記事を最後まで読めば、ゲレンデに着いて30分で180をメイク!

ターンまでできる方を想定して解説してます。また、ここでいう180は「フロントサイドオーリー180」です。(技の説明は後ほど…)

180(ワンエイティー)とは

【GIF】

今回ご紹介する技は、180(ワンエイティ)といいます。

その名のとおり、ジャンプして180度回転する技のこと。

スノーボードでは、もっとも基本的なトリックのひとつです。

180には、時計回りのバックサイド、反時計回りのフロントサイドがありますが、この記事ではフロントサイド180(オープン180)について解説します。

通常スノボを滑っている時は横を向いてますよね。

そこからジャンプして180度回転すると、どうなると思います?

そうです、逆を向きます(笑)

左足前(レギュラー)で滑ってる人が180すると、右足前の滑り(フェイキー)になります。

180を30分でマスターするポイントは4点。

  • ひざを落とし、上半身をひねって構える
  • 背中側にターンしている時、かかとジャンプ、かかと着地
  • 最初から完璧に180度回そうとしない
  • スイッチスタンスをマスターしてなくてもできる

次項から順番に解説していきます。

ポイント①ひざを落とし上半身をひねる

ここからはレギュラースタンス(左足前で滑る方)を想定して説明します。

グーフィースタンス(右足前で滑る方)は逆で考えて下さい。

まずは基本的な180の動きについて説明したいと思います。

今回解説する180に限らず、グラトリはイメージトレーニングが大事なんですね。

ゲレンデでもご自宅でもいいです。

板を装着して練習する前に、まずはイメトレしてみましょう。

img_7673aaaa

滑ってる時のイメージで立って下さい。

体は横を、顔は進行方向を見ます。

ポイントは、ジャンプする前に軽くヒザを落とし、上半身を回転方向とは逆にひねって構えることです。

そして顔は正面を向いたままジャンプして、180反時計回りに回転します。

はい、180の完成です!誰でもできますね(笑)

ポイント②まずは止まった状態で練習

続いては、板を装着した状態で練習しましょう。

と言っても、滑りながらではなく止まった状態です。

前項でアドバイスしたように、ジャンプする前にヒザを軽く落とし、回る方向とは逆に上半身をひねって構えてみて下さい。

img_7677vvvvvv

ほら、何回かやれば皆さん180回れましたよね!

後はそれを滑りながらやるだけです。

ポイント③かかとジャンプ、かかと着地

では、実際にコースを滑りながら練習してみましょう。

ただし、最初は初心者コース。

スピードも抑えてくださいね。

ここでワンポイントアドバイス、かかとジャンプ、かかと着地を意識してください!

「え、いきなりそんな事言われても…」

ターンできるなら、誰でもできますよ!

背中側にターンしてる時、重心はどこにありますか?

そうです、かかとですよね。

背中側にターンしてる時ジャンプしてみましょう。

そうすると、意識しなくても自然にヒールエッジ(かかと側のエッジ)で着地することができます。

実は背中側でのターン時にジャンプすることによって、逆エッジを防止することができるのです。

転ばなければ恐怖心もなくなり、どんどん上達していきますよ!

すぐに180できた方も多いのではないでしょうか。

超簡単にできるよ!スノーボードで逆エッジを防ぐ方法は○○するだけだった!

ポイント④最初から完璧に180回す必要はない

「らくスノさん、怖くてジャンプできません…」

最初から完璧に180度回す必要はないんですよ。

どうしてもできないという方、最初から完璧に180度回そうとしていませんか?

下記のGIFをご覧下さい。

ボードを90度くらいスライドさせてからジャンプしても立派な180!

だって誰も測ってるわけじゃないですから(笑)

高く飛ばなくても良いのです。

大事なのは180して立とうとする意識。

ズルしてもなんでも、コケずに立つことができれば、そのうち恐怖心も消えていきますよ。

慣れてきたら、徐々にスライドを減らしていけばOKです。

スイッチスタンスを練習する必要はない

「180したら、着地後は右足前で滑ることになりますよね?」

「まだスイッチスタンスで滑ることができないのですが…」

すぐに左足前に戻せば問題ありませんよ!

「着地したあとスイッチスタンス(逆足)で滑れない」なんて方も多いと思います。

でも、スイッチスタンスなんて練習する必要ないんですよ。

着地したらそのままの勢いでもう半回転して、もとの左足前に戻せばいいのです。

ちなみに、スイッチスタンス(フェイキー)の習得も難しいことはありません。

下記の記事にコツを書いてますので、合わせてご参照ください。

30分でできる!スイッチスタンス(フェイキー)のコツ教えます

レンタルボードでも180できる

「グラトリ用の板を持っていないのですが…」

「180をするには、やっぱり専用の板に乗らないとできませんか?」

いやいや、そんなことありません。レンタルボードでも十分できますよ!

少なくとも180に限っていえば、トリック専用の板でなくてもOK!

もちろん、レンタルボードでもできます。

ただし180はダックスタンスというセッティングの方がやりやすいですが、レンタルではその設定になってません。

ですので、レンタルボードだと多少のやりづらさを感じるかもしれません。

バインディングの取り付けを購入したお店にお願いしたボードも、ダックスタンスになっていません。

ドライバーさえあれば簡単にできますので、気になる方は下記の記事を参考にセッティングしてみましょう。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に180のコツをおさらいしてみたいと思います。

①まずは板を装着する前にイメトレ。

→ひざを落とし、上半身をひねって構える。

②板を装着したら、止まった状態で練習。

③滑りながら練習。

→背中側にターンしている時、かかとジャンプ、かかと着地。

④最初から完璧に180度回そうとしなくてもOK!

⑤スイッチスタンスをマスターしてなくてもできる。

→着地したら、すぐに通常のスタンスへ戻す。

⑥レンタルボードや店舗で設置したバインディングは、ダックスタンスに変更する。

→ただし、ダックスタンスでなくても180はできる。

…ところで、カンのいい方はもうお気付きでしょう。

「あれ、オーリーの説明は!?」

そうです、オーリーとは後ろ足を使ったジャンプのことなんですが…

正直オーリーばかり練習しても楽しくないですよね。

それに、オーリーは完成がないと形容されるほど奥が深いトリック、簡単にマスターできません。

これは個人的な意見なので賛否両論あると思いますが、180まではオーリーしなくてもできます。

ですので、まずは180から始めて、徐々に他の技も挑戦する様になれば自然とオーリーも身につくはずなんです。

実際、ターンしかできない女性に180を教えたときは、たった半日で自然にオーリーしてました。

【体験取材】ターンしかできない女子が1日でどれだけグラトリが上手くなるか挑戦してみた!

ですので、最初はあまりオーリーを意識しなくて良いです。

【GIF】

この女性は180を半日でマスター、最後は壁に当て込みまでできるようになりました。

皆さんも、ぜひ壁とか雪玉で試してみて下さい!

180できたらスノーボードのフィールドが広がりますよ~

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや最短でマスターするコツまで記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。