誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

「もう、コースの上から下までコケずに滑れるようになってきた~!そろそろ何か技に挑戦してみたい!」

「でも、ネットや本を見ても専門用語ばっかりで理解出来ない!」

そんな方向けに今回はゲレンデに着いてたった30分でできるグラトリの初級編、180を解説しようと思います!

ターンまでできる方を想定して解説してます。

また、ここでいう180はオーリーオープン180です。(技の説明は後ほど…)

はじめに

スノーボードを始めてターンまでできるようになって、「そろそろ何か技をしてみたい!」と思う方は多いのではないでしょうか。

ゲレンデではみんなグルグル回っているけど、どうやっているの?

ネットで調べても専門用語がいっぱいで分からない!!

…分かります、まさに自分がそうでしたから(笑)

そういった方が180をマスターしてスノーボードをもっともっと好きになってもらえれば嬉しいです\(^o^)/

180って何だ!?

180(ワンエイティ)と読みます。

通常滑る時は横を向いてますよね。そこからジャンプして180度回転するとどうなります!?逆を向きます(笑)

左足前(レギュラー)で滑ってる人が180すると、逆、すなわち右足前の滑りになるわけです。

道具について

 180をするにはやっぱり専用の板に乗らないと出来ないんじゃ…??

いやいや、ぜんぜんそんな事無いです。レンタルでもできます!!!

これから説明する練習方法を試せば納得してもらえるはずです。

レンタルの注意点

ダックスタンスにする必要があります。

ダックスタンスとは、足を逆八の字に開く(アヒルの様に足を開く)ビンディングのセッティング方法ですが、レンタルではその様になってません。

レンタル店に頼むのが手っ取り早いですが、セッティングはドライバーさえあれば簡単にできますので、ぜひ下記の記事をヒントに自身でも試してみてください。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

 ※ダックスタンスではなくても180はできますが、やりにくいです。

練習方法1

※ここからの説明はレギュラースタンス(左足前で滑る方)を想定して説明してます。右足前で滑る方は逆で考えて下さい(^^)

今回この解説に協力してくれる、らくスノくんです(笑)

img_7672

…いえいえ、冗談ではないのでページは移動しないでね!

実は人に教える時に、ゲレンデだと伝わりづらいことが多くて、前から人形でイメージ伝えるのやってみたかったんです。

という前置きはこれくらいにして、具体的な技の解説をします。

まず、板を着ける前にイメトレをやってみましょう。滑ってる時のイメージで立って下さい。

(体は横を、顔は進行方向を見ます)

そして顔は正面を向いたまま、ジャンプして180反時計回りに回ってみて下さい。

img_7673aaaa
ワンポイントアドバイス

ジャンプする前にヒザを軽く落とし、回る方向とは逆に上半身をひねって構えてみて下さい。

はい、180の完成です(笑)

誰でもできますね。

時計回りに回るのは難易度が上がりますので、回る方向に気をつけて下さい。

練習方法2

続いては、実際に板を付けてやって見ましょう。

と言っても滑りながらではなく、止まった状態です。

img_7677vvvvvv

練習方法1でアドバイスしたようにジャンプする前にヒザを軽く落とし、回る方向とは逆に上半身をひねって構えてみて下さい。

ほら、何回かやれば皆さん180回れましたよね!!!後はそれを滑りながらやるだけです。

グラトリをやる時は周りに人がいないか確認してから始めて下さい。

練習方法3

では実際に滑りながらやってみましょう。

ただし、最初は初心者コース。スピードも抑えてから始めて下さい。

ワンポイントアドバイス

かかとジャンプ、かかと着地

え、いきなりそんな事言われても…

いやいや、だってターンできるじゃないですか。

背中側にターンしてる時、重心はどこにありますか??そうです、かかとですよね(笑)

背中側にターンしてる時ジャンプしてみましょう。

img_7683ggggg

すぐに180できた方も多いのではないでしょうかp(^_^)q

★重要ポイント★

  • 背中側にターンしてる時かかとジャンプ
  • かかとで着地

やっぱりできない…

どうしてもできないという方、最初から完璧に180度回そうとしていませんか?

この映像をご覧下さい。

そう、、、

実際90度くらいしか飛んでなくても立派な180なんです!!!

だって誰も測ってるわけじゃないんですから(笑)

高く飛ばなくてもいいんです。

大事なのは180して立とうとする意識です!

ズルしても何でもコケずに立てれば、そのうち恐怖心も無くなって、高く綺麗に180度回すことができます。

また、着地が難しい様であればスイッチスタンス(右足前)から始めてみるのも一つの方法ですね。

着地したあとスイッチスタンス(右足前)で滑れない…

いえいえ、スイッチスタンスなんて最初から練習する必要ないんです。180したあと着地してからそのまま勢いで半回転してもとの左足前に戻せばいいのです。

マスターするためのヒント

  • 最初から完璧に180度回そうとしない。
  • 大事なのは180をして立とうとする意識。
  • 慣れてくればそのうち恐怖心も無くなって、高く綺麗に180度回すことができる。
  • 着地が難しい様であれば、スイッチスタンス(右足前)から始めてみる。
  • スイッチスタンスが難しければ、着地後勢いでもう半回転してもとのスタンスに戻す。

最後に…

ここまで読んでもらえば、レンタルの板でも、脚力無くても180できる事がお分かり頂けたのではないでしょうか。

…ところで、カンのいい方はもうお気付きでしょう。

あれ、オーリーは!?

そうです、オーリーとは後ろ足を使ったジャンプなんですが…

正直オーリーばっかり練習しても楽しくないですよね。

てか、そもそもオーリーは完成がない技なのですから。

これは個人的な意見なので賛否両論あると思いますが、180まではオーリーしなくてもできます。

まず180から始めて、徐々に他の技も挑戦する様になれば、自然とオーリーも身につく筈なんです。

ですので、最初はあまりオーリーを意識しなくていいと思います。

グラトリでのオーリーのコツもやっぱりラジオ体操だった!【スノーボード】

180できたら、世界が広がりますよ~

壁とか、ちょっとした雪玉でやってみて下さい。

メチャメチャかっこいいです!

最後まで見てくださった方、ありがとうございました。

「バックサイドターン時、前手をスピン方向にリードしながら、軽くヒールエッジに加重した状態でオーリー。エアのピークにさしかかったら、上半身をスピンとは逆方向へ軽くひねって回転を止め、下半身主導でボードを回す。」

あるハウツー雑誌の180の解説です…

よほどのオタクでないと、この文章は理解できません(笑)

私自身ハウツー雑誌が理解できずかなり遠回をしたので、この記事を作ろうと思いました。

これを見て上達への近道にして頂ければ幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。