【初心者必読】スノーボードでコケたあと簡単に立ち上がる方法教えます!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

「スノボでコケたあと、なかなか立てなかった…」なんて経験ありませんか?

私も最初ぜんぜん立てなくて、それだけで疲れてしまいました(笑)

まぁ疲れるだけならともかく、素早く立ち上がれないと他のスキーヤー・スノーボーダーに接触する危険もあります。

でもご安心ください!

実は誰でも簡単に立ち上がれる方法があります。

それは、ボードをできるだけ引き寄せて立つことです!

この記事を最後まで読めば、誰でもゲレンデでスムーズに立ち上がることができるようになります。

簡単に立ち上がるコツはボードをできるだけ引き寄せる

冒頭でもお話した通り、簡単に立ち上がる方法はボードをできるだけ引き寄せることです。

試しに家で練習してみましょう。

上記の写真の状態で立つより…

足を引き寄せたほうが断然立ちやすいですよね!

スノーボードを装着した状態でもまったく一緒。

あおむけでコケても、うつ伏せでコケても、足を引き寄せれば簡単に立ち上がることができます。

ボードを装着した状態で立ってみよう!

今度はゲレンデで試してみましょう。

斜面に対して背を向けた状態(あおむけ)でコケたとします。

先ほどお話したコツを思い出しながら、極力ボードを引き寄せて立ってみてください。

【GIF】

GIFのように体育座りをして、かかとのエッジ(ヒールエッジ)で踏ん張りながら片手で立ちます。

ほら、簡単でしょ?

あおむけで立てない時は、うつ伏せになる

【GIF】

「あおむけじゃ立てないよ~」なんてシチュエーションも出てきます。

そんなときは、うつぶせ状態から立ち上がりましょう。

まず、あおむけに寝転ろんだ状態で半回転してうつ伏せになります。

そしてボードをできるだけ引き寄せて、つま先のエッジ(トゥエッジ)で踏ん張りながら立ち上がります。

傾斜によっては、こちらのほうが立ちやすい場合もありますね。

状況に合わせて工夫してみましょう。

どうしても立てないときは、バインディングを外す

あおむけでもうつぶせでも立てない場合はどうでしょう?

どうしても立てないときは、バインディングを外して安全に装着できるコース脇まで移動しましょう。

コース途中でバインディングを外す場合は、板を流さないように注意して下さい。

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー【未経験の方必読】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

  • 立ち上がるときは、できるだけ足を引き寄せる
  • あおむけで立てないときは、うつぶせになってみる
  • どうしても立てない時は、バインディングを外して安全に装着できるコース脇に移動

簡単な立ち上がり方を知っているだけで疲れにくくなります。

また素早く立つことによって、他の滑走者との接触事故を防ぐこともできるのです。

もし、未経験の方を誘う場合は、ぜひ立ち方のコツを教えてあげて下さいね!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

超簡単にできるよ!スノーボードで逆エッジを防ぐ方法は○○するだけだった!

元イントラが教える!スノボ初心者がたった1時間で滑れるようになるコツ

【初心者必読】スノーボードの安全な転び方は○○するだけ!?超簡単にできるコツ教えます


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。