【22-23シーズン】初心者から上級者まで!スタイル・レベル別スノボ板おすすめブランド紹介します!

こんにちは、20年以上スノーボード滑っている、らくスノです。

以前スノーボードギアに関する記事をUPしたところ、「自分のレベルだと具体的にどんな板を選べばいいか分からない…」というご意見を多数いただきました。

確かにスノーボードの板は車選びと一緒。

免許取ったばかりのドライバーが高排気量のスポーツカーを購入すると、乗りこなすのが大変です。

今回は知り合いのショップ店長やイントラさんの意見も参考に、レベル別・スタイル別におすすめの板をチョイスしました。

この記事を最後まで読めば、きっとご自身のスタイルやレベルにあった板に出会うことができます!

各スタイルに関しては目次を参照ください。

オールラウンドボード

それでは、まずはオールラウンドボードからご紹介します。

オールラウンドボードとは、文字通りグラトリからカービングまでなんでもこなせる板。

まさに万能型のボードと言えるでしょう。

飛び抜けた特徴はありませんが、どんなスタイルでもバランスよく滑ることができるので、初心者の方やまだスタイルが定まっていないという方におすすめです。

初心者の方におすすめのオールラウンドボード

まだスノーボードを始めたばかりの方におすすめのモデルをご紹介します。

基本的に初心者の方は3点セットのギアで十分。

確かに一昔前だと安価なモデルは「硬い、重い、滑らない」なんて言われていました。

しかし、近年は技術革新が進み、安価でも機能がしっかりしているモデルばかりです。

また「高価な板だから良い」ということでもありません。

冒頭でお話した通り、免許取り立ての人がスポーツカーを購入しても乗りこなせないですよね。

それに初心者・初級者の方は破損するリスクも高いうえ、高級な板はメンテナンスも大変。

これから紹介するモデルは、どれも機能がしっかりしているうえに安価でおすすめです。

  • 各ブランドは最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各ブランドのボード画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 輸入代理店のホームページがない一部海外ブランドは、本国のホームページをリンクしております。

ヘッド

スノーボードはもちろん、スキーブランドとしても有名です。

上級者も使用するブランドなので、機能性も申し分ありません。

ツマ

値段がリーズナブルなので、初めて購入される方におすすめです。

バートン

スノーボード界の一流ブランドであるバートンも、3点セットならお安く購入できます。

エラン

スロベニア発のブランド。

今流行りのハイブリッドキャンバー形状を取り入れるなど、機能性も高いです。

初級者の方におすすめのオールラウンドボード

脱初級者を目指す方におすすめのモデルをご紹介します。

スノーボードで大事なのは板ではなく練習量。

ですので、本来ならどんな板でも良い…

と言いたいところですが、さすがにそれは乱暴ですね。

私が勝手にBIG3と呼んでいるバートン、サロモン、K2は、アイテム数が多くコストパフォーマンスも高いのでおすすめ。

おそらく、これから紹介する板を乗り潰す頃には、きっとワンランク上のレベルにいることでしょう。

バートン インスティゲーター

バートンの定番入門モデルといえば、インスティゲーター。

板はバートンのラインナップの中でも最も柔らかく、操作性は抜群です。

なにより初めて買った板がバートンだった私が強くおすすめする1枚。

K2 アフターブラック

K2アフターブラックは、ややフリースタイルよりですが、板をしっかり踏むことができるのでこれからカービングを練習される方にもぴったり。

カーボン搭載で高速時の安定感も抜群、グラトリからターンまでオールラウンドに滑ることができます。

サロモン アサシン

サロモンのロングセラーモデル”アサシン”をご紹介します。

可変キャンバー形状を採用することで、「高いレスポンス」「引っ掛かりの軽減」という2つの相対する機能を両立することに成功しました。

今シーズンはさらに上達したいというボーダーには、是非ともおすすめしたい逸品です。

ライド マニック

ライドのおすすめモデルはマニック。

重心が後になるディレクショナル形状を採用することで、よりターンの導入が円滑になります。

ノーズ(先頭)がロッカーなので、逆エッジ・雪面への引っ掛かりも低減してくれますよ。

中級者の方におすすめのオールラウンドボード

このレベルになってくると基本的にはロッカーやWキャンバー形状ではなく、キャンバーボードをおすすめします。

もちろんロッカーやハイブリッドが悪いとはいいませんが、キャンバーボードは乗り方が難しい分、上達を促進してくれます。

ワンランク上を目指したい方は、キャンバーボードの購入を検討してはいかがでしょうか。

グレイ ジーニアス

グレイのオールラウンドボードと言えばジーニアスです。

カービングやグラトリ・パーク遊びにほどよいミドルフレックス。

無骨なキャンバー形状は切れ味抜群で、オーリーの反発もGOOD!

ナイトロ T1

ナイトロはおすすめのモデルがありすぎて困ってしまうのですが、特にT1がイチオシ!

ツインカムアウトキャンバー(ハイブリッド)は癖がないので乗りやすく、カービングでもしっかり雪面に食いついてくれます。

ワイドモデルのラインナップもあるので、ドラグが気になる方にもおすすめです。

ドレイク チーム

ドレイク上位モデルであるチームは、オールラウンドボードとして間違いありません。

22シーズンからクラシックキャンバー&ミドルフレックスと大幅に仕様変更。

旧モデルよりも踏みやすく、よりトリック時にフレックスを感じやすくなりました。

グラトリ、カービング、パーク…なんでもござれなボードに仕上がってます。

ファナティック FTC
ファナティックからブランド名を冠したフラッグシップモデル、FTCを紹介します。

ファナティックといえばハニカム構造が有名ですね。

ノーズとテール部分を肉抜きすることによって、ウェイトを軽減することに成功しました。

筋力に自信のないボーダーさんにおすすめの逸品です。

アライアン プリズム

「アライアンといえばプリズム!」というくらい代表的なボードです。

ミドルフレックスに6mmキャンバー形状と個人的にどストライクな板。

有名プロスノーボーダーも使用しているモデルで、キレのあるカービングやビッグキッカーを志向する方におすすめです。

上級者の方におすすめのオールラウンドボード

キッカー、パイプ、ジブ、グラトリ、カービングまでなんでもこなせちゃう方は、この項でご紹介するモデルをオススメします。

私の経験上オールラウンドで滑るなら、やはり安定感のあるミドルフレックス以上のキャンバーをオススメします。

ヨネックス スムース

ヨネックスといえばやはりスムース!

キャンバー形状の安定感に、オールカーボンの軽さと反発を合わせ持った、まさに最強のモデルです。

キャピタ ブラック・スノーボード・オブ・デス
ドクロのデザインでおなじみ、キャピタのブラック・スノーボード・オブ・デス!

フラッグシップモデルであり、メーカーが「これ一枚にキャピタの全てが詰まっている」と豪語した1枚。

オールラウンドモデルと言いつつ、パウダーは別物なんて板が多いですが、こちらの板は深雪もいけるという珍しいボードです。

ノベンバー アーティスト

アーティストはテクニカル・アルペンボードで有名なオガサカ製。

超有名モデルですが、オールラウンドボードでありながらターンの切れ味が抜群。(さすがオガサカ!)

バッジテストでも使用される方が多い、安定の1枚です。

バートン カスタム

世界で一番有名なモデル、バートンカスタム。

冬季オリンピックでもたくさんの選手が使用しております。

ほどよいミドルフレックスでハイスピードでもバタつかず、カービングはもちろんビッグキッカーやパイプにももってこいの一枚。

グラトリボード

続いてはグラトリボードです。

一般的には初心者の方は柔らかめ、上級者になるほど硬い板を選ぶ傾向にあります。

しかし、スノーボードを始めたころの私のように、向上心を持ってスノーボードをやりたいと思うなら最初から上級者の板を選ぶのもアリだと思います。

初心者の方におすすめのグラトリボード

まずは柔らかいボードでグラトリを楽しんでみましょう。

最終的に高回転やハイスピードでのリバースターンなどを目指すならばミディアムフレックスをおすすめしますが、はっきり言って硬いボードは扱いが難しいです。

まずはソフトフレックスで、オーリーの反発やプレストリックの楽しさを味わってみてください。

ライド KINK

ライドのグラトリ向け入門モデルといえばKINK!

板が柔らかい割にハイブリットキャンバー形状から得られる反発があるので、回転からプレスまで対応できる万能なボードに仕上がっています。

ナイトロ デマンド

ナイトロのグラトリ用おすすめモデルはデマンドです。

弾きやすいソフトフレックスなのに、Wキャンバー形状でしっかりとした反発も得られます。

グラトリ初心者の方でも、違和感なく乗りこなすことができますよ。

K2 ジオメトリック

K2の名器、もはや説明不要のモデルです。

20-21シーズンまではWWWの名称でしたが、22シーズンよりジオメトリックとしてさらに進化しました。

ほどよいフレックスでプレスもやりやすいうえ、上手く弾く事ができればグラトリで720回せるポテンシャルを秘めています。

バートン キルロイツイン

バートンの入門モデル、キルロイツインを紹介いたします。

言わずもかなスノーボード界の雄バートンのフリースタイル向けエントリーモデルです。

キャンバー形状で柔らかく、グラトリ初心者の方でも板のしなりを感じやすい。

これで安心してグラトリの練習ができますね!

バタレオン ディザスター

グラトリ始めた頃って、逆エッジで頭からドーンっていうのがけっこう怖いんですよね。

バタレオンはなんといっても特許技術の3Dシェイプで逆エッジしにくい。

とくにディザスターはローキャンバー、ソフトフレックスなので技術的にも安心です。

初級者の方におすすめのグラトリボード

キャンバーかそれ以外の形状を選ぶか好みが分かれるところですね。

やはりキャンバーを選ぶとボードコントロールがシビアになってきます。

高回転よりも地形などを使ってルーズに遊びたい方は、ミドルフレックス以下のハイブリッド形状(Wロッカー、フラットロッカーなど)をオススメします。

アライアン ダメージ

プリズムと双璧をなすアライアンのフリースタイルモデルがダメージ。

オーリーで高さを出すには最適な4mmキャンバー形状ですが、プリズムより柔らかいソフトフレックスなのでプレスもやりやすい。

まさにグラトリに最適なモデルです!

リブテック バナナ

何を隠そう、このバナナシリーズこそスノーボードの歴史を変えたモデル!

元祖ロッカーボードですが、約10年たった今ではWキャンバーという進化を遂げています。

Wキャンバーとは、ロッカーに似た引っ掛かりのない乗り心地ですが、しっかりエッジも効いてくれるという良いとこ取りな形状。

スタイルのあるプレストリックや、初級コースを軽く流すスケートライクな滑りができます。

ロームSDS チープトリック

ロームのおすすめモデルはチープトリック。

ソフトの可変キャンバーボードで、踏み込みやエッジを引っ掛ける練習には最適!

ロームはデザインもカッコいいのでおすすめ!

FNTC TNT

私が尊敬するライダーのひとりであるたっきーさん所属のブランドFNTC。

親ブランドであるファナティックのハニカム構造を採用しているので、とても軽量な板に仕上がっています。

グラトリでもキッカーでも、スイングウェイト軽減は至上命題。軽さは力です。

FNTCのTNTはとにかく軽く、そして良く反発してくれます。

日本で一番売れてるグラトリボード!FNTCのTNT人気の秘密教えます

バートン カスタムフライングV

まったく、バートンばっかり紹介しやがって…という感じですが(笑)間違いないです、カスタム。

私が現役時代メインで使っていた板のひとつですが、やっぱりバランスが良すぎる。

フライングVはルーズに遊べるのでグラトリにもおすすめです。

中級者の方におすすめのグラトリボード

540以上の高回転を目指す中級者の方は、こちらでご紹介するブランドをオススメします。

私の経験上、やはりアプローチや着地で安定感のあるミドルフレックスのキをオススメしたいと思います。

ヨネックス アクセ

ヨネックスのグラトリ専用モデルといえばアクセ!

オールカーボンボードとして定評のあるヨネックスが本気で作ったグラトリ専用機は大人気です。

サロモン アサシン

サロモンといえばアサシン、そのくらい代名詞になっているモデルです!

キャンバーのディレクショナルツイン形状・ミドルフレックスで、高速での安定感は抜群。

高回転はもちろん、カービングやリバースターンなどラントリで進化を発揮するモデルに仕上がっています。

知り合いのショップ店長が「これ一枚にサロモンの全てが詰まっている」と豪語した1枚です。

上級者の方におすすめのグラトリボード

グラトリで720回したり、高速ターンからのラントリを決めてしまう上級者のあなたにおすすめのブランドはこちらです。

正直、各ブランドともお高いですが(笑)購入するだけの価値はあると思いますよ。

全てのモデルに乗った私が太鼓判を押します!

011アーティスティック ダブルフライ

もう「私の説明いります?」っていうくらい有名なモデル。

グラトリであと180っていう壁を越えたいなら間違いないです。

程よいフレックスで、プレスはもちろんクイックなオーリーまで答えてくれる異次元のボード。

011アーディスティック フラットキング

011は良い板が多すぎます…とても紹介しきれない(笑)

こちら、フラットキング通称”フラキン”もダブルと双璧をなすフラッグシップモデル。

キックやコンベックス等こだわりをあげたらキリがありません。

ダブルとの一番の違いはフレックスですが、より高回転を目指すならフラキンをおすすめします。

ライス28 RT7

このRT7は、ライス28のフラッグシップモデル。

ホームページでもRT7に乗った所属ライダーさんがグラトリを披露していますが本当に異次元。

どうしてもライス28というとグラトリのイメージが先行してしまいますが、ライダーさんの滑りを見ているとカービングや最近はやりのリバースターンもキレッキレ!

こちらも011と同じく売り切れ必須のモデルなので、購入はお早めに!

スクーター G8

オガサカブランドはどちらかというとテクニカルボードのメーカーとして有名ですが、グラトリ・ジビング向けのモデルG8は秀逸の出来です。

ツインチップ、ソフト〜ミドルフレックスとグラトリ向きの要素は抑えつつ、ハイキャンバーなんて無骨なところはオガサカブランドらしいですね。

高速時はもちろん、中低速でも安定感のあるアプローチができます。

トルクレックス ユニコーン

トルクレックスのユニコーンはグラトリ、ジビングの板として超有名。

特徴は、ガラス芯材と言われる特許を取得した独自のコアですね。

柔らかいのに、クイックで高反発!おまけに軽い。

そして私の大好きなキャンバーと文句なしのボードに仕上がっています。

モス TOTOブラックSF

日本でもっとも長い歴史を持つスノーボードブランドのひとつモスから、代表的なフリースタイルモデルTOTOブラックSFを紹介します。

TOTOシリーズの中でも最軽量のブラックSFはウッドとバンブーをミックス、ボードの心臓部であるコアからこだわり抜いて作られた逸品。

ソフト~ミドルフレックスのキャンバー形状。

上級者ならではの細かい動きにもクイックに反応してくれます。

グラトリボードとしては破格の10万超えボードですが(笑)きっと価格以上の価値をもたらしてくれるでしょう。

なお、グラトリボードの選び方に関しては下記の記事でさらに詳しく解説しています。

気になる方は合わせて参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!ベテランスノーボーダーが本当におすすめできるグラトリ板10選

【最新版】元スノボイントラが厳選!ラントリにおすすめの板10選

テクニカル・カービングボード

テクニカルは技術面の向上を目指すスタイルです。

テクニカルはある程度滑ることができてから目指すスタイルですので、初心者・初級者の方には前述のオールマウンテンボードをおすすめします。

2級までならどんな板でも合格できますので、まずはミドルフレックス程度のボードで練習してみてはいかがでしょうか。

というわけでこの項では、1級以上を目指す中級者の方におすすめのボードから紹介したいと思います。

中級者の方におすすめのテクニカル・カービングボード

これから本格的にバッジ取得に向けて練習したい方におすすめのボードをご紹介します。

このページで紹介するボードは、バッジテストでもよく使われるモデルなので間違いないです。

正直、SAJ、JSBAともに2級程度であればどんな板でも合格できると思います。

しかし、1級から先を目指すのであれ、道具選びも重要。

これからご紹介するモデルを使用して、よりキレのあるカービングを意識してみてください。

バートン カスタムX

ずばり、私らくスノがバッジテストで実際使っていたモデルです。

私はフリースタイラーだったので、テクニカル系の板にする選択肢はありませんでした。

カスタムXなら、カービングはもちろんキッカーやパイプでも使えるので一石二鳥。

「テクニカルだけどフリースタイルもやるよ!」という方にはおすすめの1枚です。

ノベンバー アーティスト

オールラウンド項でも紹介したノベンバーの超人気モデル、アーティストです。

こちらもフリースタイルのボードですが、ほどよく固めのフレックスにキャンバー形状とカービングに必要な要素は満たしてきます。

ツインボードでもセットバックを入れればコントロールも容易。

反応が良く精細なエッジングも可能で、荒れたバーンでも雪面を確実に捉えてくれる信頼の1枚です。

モス リボルバー

モスのリボルバーはカービング初心者からデモンストレーターまで幅広い層に支持されるラウンドボード。

ミドルより若干固めのフレックスに、CS2と呼ばれる特殊なキャンバー形状を採用。

2Rサイドカーブを採用しているので、ターンの導入から後半の抜けまで吸い付くようなエッジングが可能です。

私のように、ちょっとハンマーは敷居が高いなんて方におすすめの1枚。

スクーター G8

こちらのモデルもフリースタイルですが、ハイキャンバーなのでアイスバーンでも攻めのエッジングが可能です。

検定日のコンディションは選べませんが、板に信頼があるだけで思い切った荷重ができます。

高速でもバタつかず高い安定性を誇るのはさすがオガサカブランド。

オガサカ CT

検定を受ける方はもちろん、イントラさんの使用率もNo1のオガサカです。

とくにこのCTと、このあとに紹介するFCは超有名モデル。

とにかく操作しやすく、私のような未熟者でも簡単にキレのあるカービングができます。

乗った瞬間「全然次元が違う!」ってわかっちゃう、そんな板です。

もう私の下手な説明なんか無視して、とりあえず乗ってみてください(笑)

上級者の方におすすめのテクニカル・カービングボード

この項で紹介する板を乗りこなせる方は、相当な実力の持ち主だと思います。

そんな方に、もはや板の講釈たれるのはおこがましいのですが(笑)

元イントラでもある私自身の経験とショップ店員さんのアドバイスでいくつかピックアップしてみました。

スピードが乗ったキレッキレのカービングを極めるなら、これから紹介するボードがおすすめです。

オガサカ FC

CTと双璧をなす、オガサカの二枚看板モデルのひとつFCです。

こちらもイントラ御用達、バッジテストでも使用率が高いモデルとなっています。

なんといっても自分の実力以上のターンを引き出せちゃう板ですからね(笑)

FC(フルカービング)の略というくらいなので、CTよりFCのほうがテクニカル寄り。

まぁ、趣味でやっている程度ならどちらの板も完璧ですね!

BCストリーム R-2

R-2といえば全日本技術選手権を5度も優勝したラマさんこと平間和徳プロが大会でも使用していた板!

ハンマーは一般的に操作が難しいとされていましたが、R-2はヴァリアブル(可変)キャンバーを採用することで、初乗りでも抜群の乗りやすさに仕上がっています。

カービングがより楽しくなるファンボードに仕上がっています。

ヨネックス シマーク

ヨネックスといえば、やはりフルカーボンでしょう。

ハンマーヘッドの中でも軽さと反応の良さはピカイチです。

また、バーンが荒れていると、突然エッジが抜けるなんてことがあるじゃないですか。

その点、カーボン形成の板は荒れたバーンでも振動を吸収してくれるので、安定したエッジングができます。

モス ツイスター

カービングボードの代名詞、モスのツイスターを紹介します。

私はツイスターの何が好きかってフレックスバランスなんです。

特にチップ部分が一般的なハンマーよりもしなるので、ターン導入時の食いつきが良い。

「俺ってこんなに攻められたんだ!」ってくらい、自然に体が倒れてくれます。

全日本テク選では多数のトップライダーが使用してますし、性能は文句なし間違いないです。

グレイ デスペラード

多くのフリーカービングボーダー御用達のデスペラード!

メタル入りのボードって雪面の食いつきがいい反面、クイックな動きが難しいんですよね。

でも、デスペラードはメタルの良さを維持しつつ抜群の操作性で、荒れたバーンでも安定したカービングができます。

3タイプ(タイプR、ロング、カーボン)ラインナップされているので、自分のスタイルに合わせて選べるのも魅力的。

テクニカル・カービングボードに関しては、下の記事でさらに詳しく解説してます。

気になる方は合わせて参照ください。

元イントラが厳選!バッジテストにおすすめのテクニカルボード10選

元スノボイントラが厳選!ガチ勢におすすめのカービング板10選

パウダーボード(バックカントリー)

最後はパウダーボードをご紹介します。

パウダーとは、主にコース外の圧雪されていない深雪の中を滑るスタイルで、独特の浮遊感から私を含め多くの愛好者がいます。

初心者の方におすすめのパウダーボード

パウダー初心者の方は、専用のパウダーボードを購入する前にオールラウンドの板で練習しましょう。

ディレクショナル形状なら、パウダーボードに近い浮力を得ることができます。

もしくはツインボードでもセットバックを入れるだけで、十分な浮遊感を楽しむことができます。

まずはバックカントリー(コース外)に出る前に、コース脇の非圧雪エリアなどで練習することをおすすめします。

スノボ初心者でも簡単!バインディングのスタンス幅と角度、セットバックの決め方

バートン カスタムフライングV

初心者の方がいきなりパウダー専用ボードを購入するのは敷居が高いですよね。

だからこそ1枚で万能に遊べるボードがおすすめなんです。

カスタムフライングVはパウダーボードと同じロッカーに近い形状なので、セットバックを入れれば非圧雪でも十分な浮力を得ることが可能です。

サロモン シックスティック

サロモンのシックスティックは、パウダーボードであるにも関わらず、圧雪バーンでのカービングやフリースタイルでも遊べちゃう贅沢なボード。

可変キャンバー形状ですが、十分な浮力を得ることができるので、非圧雪バーンでの練習にぴったりです。

K2 マニフェスト

K2マニフェストは、オールマウンテン寄りのパウダーボードです。

キャンバー形状で板をしっかり踏むことができるので、これからカービングを練習される方にもぴったり。

ディレクショナル形状で抜群の浮力を得られるうえに、反り上がった先端がパウダーをかき分けてくれます。

「いきなりパウダーボードは敷居が高い…」と悩まれている方にもピッタリです!

 

初級者の方におすすめのパウダーボード

この項で紹介するモデルはパウダーボードの中でも汎用性が高いので、オールマウンテンで攻めたい方にはピッタリ!

パウダーに慣れていない方は、まずこちらの板でツリーラン・サイドカントリーを楽しみつつ練習を重ねてみてはいかがでしょうか。

また、パウダーランは天候に左右されがちなので、ハズレの日もありますよね。

セカンドボードの持参が難しい場合など、これ1枚で圧雪バーンやパークでも遊べてしまうのでおすすめです。

ライド MTNPIG

圧雪も遊べるパウダーボードの火付け役となった、ライドのピグシリーズ。

あまりに評判がいいので、ついに私も購入してしまいました。

とりわけMTNPIGはロッカーノーズで抜群の浮遊力、それでいて圧雪のカービングや地形を使ったグラトリも楽しめちゃう逸品です!

バートン スケルトンキー

バートン独自のディレクショナルキャンバー形状が、なんでもOKの万能板を作り出しました。

パウダーでのサーフライクな滑りから、アグレッシブに地形を使ったエアも披露することができます。

圧雪バーンでもキレのあるカービングができるので、パウダー以外も1本の板で楽しみたい方におすすめ!

キャピタ ナビゲーター

パウダーランは圧雪と滑り方が異なります。

エッジが効かないのでテールでスピード調整を行う必要があるのです。

キャピタのナビゲーターは、リバースキャンバーノーズで意識しなくても自然に後ろ足荷重を行うことが可能。

さらにカーボンを使用することで、圧雪バーンでの安定感も向上させています。

スクーター スラスター

控えめなセットバックとローキャンバー形状で、圧雪でも快適に滑ることができるのがスラスターの特徴です。

スクーター独自の2R形状で、アイスバーンでのコントロールも自在。

滑走性能が高く、パウダーのスピード乗りもいいです。

中級者の方におすすめのパウダーボード

本格的にパウダーを攻めたい方には、やはりスワローテールやフィッシュテールと呼ばれる雪抜けが良く、乾いたディープパウダーでも失速しにくいボードをおすすめします。

緩斜面でも失速しにくいので、パウダーを攻めている最中に止まってしまうという最悪の事態も回避することができます。

ただし、シビアなボードコントロールが要求されますので、ツリーランやむき出しの岩など瞬時に対応できる技術がないとこのあたりのモデルは厳しいかもしれません。

バートン ファミリーツリー

バートンのパウダーボードの代名詞ファミリーツリー。

ショートワイド形状ですが、パウダーでも抜群の浮力を得ることができます。

またパウダーだけでなく、アイシーなバーンでも活躍してくれるボードと言えるでしょう。

K2 クールビーン

クールビーンはショートファットシェイプですが、その分ノーズが幅広に作られているのでディープパウダーでも安定した浮力を得られます。

前述のバートンファミリーツリーよりも幾分か柔らかめで、パウダーボードとしてはとても扱いやすい仕上がりです。

サーフライクなバックカントリーを楽しみたい方にオススメな1枚です。

ナイトロ スカッシュ

ナイトロを代表するパウダーボードです。

パウダーボードとしては細身で、開けたバーンでの高速ライディングを得意としています。

またキャンバーシェイプなので、カービングでもしっかり雪面に食いついてくれます。

サーフライド独特の浮遊感を深雪でも味わえる1枚になっています。

キャピタ SPRING BREAK SLUSH SLASHER

フラットシェイプで、懐古感漂うフィッシュテールが特徴のオールドスクールな1枚。

一見すると太いうえウエストがないので操作性が悪そうですが、ショートレングスなので想像以上に乗りやすい。

幅広なので浮力も十分、ディープパウダーにはもってこいですね。

パウダーボードにしてはリーズナブルな価格帯も魅力的。

上級者の方におすすめのパウダーボード

白馬や北海道のディープパウダーに相性抜群のボードたちをご紹介します。

正直、値段も高いうえに数も出回っておらず、乗り手を選ぶ玄人向けボードばかりですが(笑)

モデルによっては私のようにフリースタイル出身の人間でも簡単に扱うことができます。

このクラスの板に乗ったときは、「板でこんなに乗り心地変わるんだ~」なんて感動したものです。

中にはウッドデッキで形成されている物もあり管理が大変ですが、パウダーマニアにはぜひ乗っていただきたいおすすめブランド達です。

モス スノースティック

パウダー、バックカントリーといえばモスですね。

創始者がサーファーだったこともあり、パウダーボードには思い入れがあるようです。

とにかく他ブランドを圧倒する種類のパウダーボードがラインナップされています。

申し訳ありませんが、モスのスノースティックは種類が豊富なうえ良い板が多すぎるので紹介しきれません(笑)

ぜひ、ホームページかアマゾン、楽天で検索してみてください。

モススノースティック

TJブランド

歴史あるパウダーボード専門ブランド。

もともとトゥエルブから派生したブランドですが、木目を基調としたデザインがとにかくシンプルでかっこいい。

まさに玄人の玄人による玄人のためのボード。

私はナポレオンフィッシュというボードに乗りましたが、ノーズがスプーン形状なので私のような未熟者でも楽々とディープパウダーに乗れます。

太いノーズとは裏腹にウェストが細めにシェイプされていて、ツリーランでもクイックに反応してくれます。

値段が高いうえあまり数も出回っていないですが、文句なしのパウダーボードブランドでしょう。

ゲンテンスティック

ホームページは英語表記ですが、れっきとしたニセコ発のジャパンブランド。

創業者の玉井太朗さんは、その道ではレジェンドのような方です。

船底のようなロッカーシェイプは、限りなくサーフボードを意識しているので、ボーダーはもちろんサーファーにもおすすめです。

メインはTTシリーズですが、あまりにもモデル数が膨大なので、こちらも興味がある方はぜひホームページや楽天、アマゾンを検索いただければと思います。

ゲンテンスティック

フィールドアース

フィールドアース

フィールドアースは北海道旭川を拠点とするブランド。

バートン所属のトッププロだった本村氏がバックカントリーギアを制作したのが始まりです。

3D形状やカーボン素材を採用するなどボード作りに定評があり、フィールドアース独特の乗り心地が体験できます。

オガサカ SHINシリーズ

前述のレイバック、ゲンテンスティックともに地元のシェイパーが作っているこじんまりとしたイメージでしたが、最後はビッグブランドオガサカです。

オガサカと言えば、どうしてもテクニカルボードのイメージがありますが、実はパウダーボードも作っています。

特にオガサカのパウダーボードの特徴としてパウダー・圧雪での滑走性能が挙げられます。

シンシリーズはフィッシュからピンテールまでラインナップされているので、スタイルに合わせて選ぶ楽しみもありますね。

パウダーボードに関しては、下の記事で選び方などさらに詳しく解説してます。

気になる方は合わせて参照ください。

メジャーから玄人向けブランドまで!おすすめのパウダーボード30ブランド紹介します

スノボ板の型落ちモデルを探すならグーグルショッピング

スノボ板の型落ち品を探すなら、グーグルショッピングが便利!

たとえば「ブランド モデル名 年式(昨年がベター)」と検索すると、様々なショッピングサイトの板が表示されます。

例)サロモン パルス 2021

さらに形状や価格でも絞り込みができるので、自身のレベル・スタイルに合った板がお得に買えちゃいます。

型落ち品の探し方については下の記事にまとめていますので、気になる方は参照ください。

安く買うなら型落ちモデル!スノボギアの旧品を探すコツ・注意点教えます

まとめ

かなり長い記事になってしまいましたが、ご自身が選ぶべき板がお分かりいただけたのではないでしょうか。

ただし、文中でもお話ししましたが、決して初心者だから初心者用の板に乗らなければいけないということではありません。

「俺は絶対上級者になってやる!」なんてモチベーションを高くお持ちの方なら、上級者用のボードを選んでもよろしいかと思います。

【関連記事】

スノーボード板人気80ブランド大集合!選び方のコツも教えるよ

今シーズンおすすめのレディース板は?女性に人気の30ブランドご紹介します!

今シーズンのおすすめは?人気スノーボードブーツ20ブランド大集合

今シーズンのおすすめは?スノーボード人気ビンディング30ブランド大集結!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。