スノーボードの板の先端(ノーズ・テール)っていろいろ形があるけどどんな意味があるの?

こんにちは、20年以上スノーボード滑っている、らくスノです。

普通スノーボードの先端っていったら半円型(ラウンドタイプ)じゃないですか。

でも、ゲレンデやショップで先端が変な形をしているものを見たことありませんか?

あれっていったいどんな意味があるのか気になりますよね。

実はあえてノーズを変形にしている理由は5つあります。

  • 軽量化
  • 浮力を得るため
  • 有効エッジを長くするため
  • ターンを円滑にするため
  • ただのお遊び

またパウダーボードのテールには、形状により乗り心地を変化させる意味があります。

今回はスノーボード板の先端(ノーズ・テール)が変形している理由についてお話したいと思います。

ノーズを変形にする5つの意味

そもそもスノーボードの先端って、雪に埋まらないように半円型(ラウンド型)をしているんです。

でも、最近は半円形以外にも様々な形のボードが販売されていますよね。

では、この先端の形状にはどんな意味があるのでしょうか?

軽量化

ノーズ(先頭)とテール(後方)を削り軽量化することで、ボードの取り回しがよくなります。(スイングウエイトの軽減)

スクエア型と呼ばれており、フリースタイルボードに採用されることが多い形状です。

出典:ヨネックス

浮力を得る

出典:モス

板の先端を鋭角にすることによって、深雪で浮力を得やすくなります。(パウダーボード)

有効エッジを長くするため

出典:ヨネックス

先端を潰れたような形状にすることで、板の有効エッジを長くすることができます。(ハンマーヘッド)

ハンマーヘッドの特徴やボード選びのコツ教えます!

ターンを円滑にするため

出典:ライド

アシンメトリー形状はターンを円滑にする効果があります。

ただのお遊び

出典:ノベンバー

実はただのお遊びで変形させているボードも珍しくありません(笑)

多少ノーズやテールの形状を変化させても、ほとんど滑走には影響ありませんからね。

パウダーボードはテールの形状で乗り心地を変化させている

続いてはパウダーボードのテールの形状についてお話します。

深雪ではエッジが効かないためテールでスピード調整などを行う必要があり、尻尾の形状によって乗り心地を変化させています。

代表的なテールとして、

  1. スワローテール
  2. ハーフムーンテール
  3. スクエアテール
  4. ラウンドテール
  5. ピンテール

があります。

テールを見ればそのボードがどんなコンセプトで作られているか、ある程度分かります。

パウダーボード選びの際は、テールを参考にするといいでしょう。

■スワローテール

出典:モス

スワローテールはスピードが出やすく、緩斜面でも失速しにくいのが特徴です。

鋭いエッジラインを描くことができるので、ハードバーンやオープンバーンで活躍するボードです。

■ハーフムーンテール

出典:モス

ハーフムーンテールはスピードコントロールが容易で、オープンバーンからツリーランなど細かいターンが要求されるシーンまで幅広く活躍します。

■スクエアテール

出典:モス

スクエアテールはスピードこそスワローやハーフムーンに劣るものの、ターンコントロールしやすいのが特徴です。

ツリーランやサイドカントリー向きのシェイプ。

■ラウンドテール

出典:モス

ラウンドテールは浮力があるものの抵抗が大きいのでスピードは落ちます。

トリックやフェイキーを多用するボーダーにおすすめ。

出典:モス

ピンテールは決して操作性が良いとは言えないパウダーボードのターンを補う役割があり、ターン後半でもしっかり雪面に食いついてくれます。

ただしボードコントロールが難しいので、パウダー初心者の方にはおすすめしません。

目立ちたいなら変形ボードを選んでみては?

まぁスペック的なことはともかく、先端が変形してると面白くないですか?

それにゲレンデでも変形ボードは目立ちます。

友人や恋人に「なんで先端が変形してるの?」って聞かれたら、「襲われた時に武器になる」くらい言っとけばひと笑い取れますよ(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そもそも板の先端って不要な箇所なので、遊び心が生まれる余地があるんですね。

まぁ意味があるにしろないにしろ、リフト待ちなどでは目立つこと間違いなし!

実際私も後ろで並んでいた女性に、「なんで先端が尖っているのですか?」なんて声をかけられたこともあります(笑)

「変わった板が欲しい」なんてスノーボーダーさんは、ぜひ変形ボードを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

最新スノーボード板人気85ブランド大集合!選び方のコツも教えるよ

日本一わかりやすい!スノーボード板の形状や各スペックの特徴を詳しく解説します

見た目は一緒なのに…スノボ板の上位と下位モデルで価格が違う4つの理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。