スキー、スノーボードのウェア選び、失敗しないための6つのアドバイス

スポンサーリンク

こんにちは、

年とともにオシャレに鈍感になってきた”らくスノ”です(笑)

サークルや会社でスノーボードに誘われた時、

「レンタルはダサいしウェアくらい買おう」

と思われているかたも多いのではないでしょうか?

でも、

「どんなウェアが流行ってるの?」

「どんな機能のものを選べばいいの?」

分からない事だらけですね。

今回はスキー、スノーボードウェアの選び方のコツについてお話ししたいと思います。

今回の記事のポイント

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 流行を調べる
  • ウェアの機能は無視
  • 実際にショップに行く
  • 第三者にアドバイスをもらう
  • 長く使うならシンプルなデザイン
  • 迷ったらやめる

ウェアにもその年の流行がありますので、考え方自体は日常のファッションと同じ感覚です。

次項からは具体的に説明させていただきます。

流行を調べる

皆さん通学やデートの時の服はどうやって選んでますか?

最新のファッションの情報ってどうやって仕入れてますか?

  • 雑誌を見る
  • 街のオシャレさんを参考にする
  • ショップ店員さんに教えてもらう
  • インターネット(SNSなど含む)

実はウェアの選び方も全く一緒なんです。

スキー、スノーボードのウェアも当然その時々でトレンドがありますが、その情報を知る方法は普段の服と一緒です。

雑誌を見る

雑誌を見ることが最新の情報を仕入れる上でも一番ベターなのではないでしょうか。

スキー、スノーボードもシーズン直前になるとタウンページ並みの厚さのギアカタログが販売されます。

カタログを見れば、今シーズンの流行などを大体つかむことができます。

また、プロライダーさんを参考にするのも良いかと思います。

ファッションモデルさんを参考にするような感覚ですね。

ウェアブランドをスポンサーに持つプロはいわばスノーボード界のファッションモデルです。

当然スノーボードの技術だけでなくファッションも重視してます。

プロライダーさんを参考にすることでトレンドを知ることができます。

出典:https://www.instagram.com/p/BNOiW65jjqa/?taken-by=burtonjapan

ゲレンデの人たちを参考にする

ウェアを購入する前にゲレンデに行く機会があれば、周りの人を参考にしてみてはいかがでしょうか。

街でオシャレな人を参考にする感覚ですね。

よりリアルなウェアの流行がわかると思います。

ショップ店員さんに教えてもらう

直接お店で選ぶのも良い方法だと思います。

店員さんに最近の流行りの傾向を教えてもらったり、実際に試着することも可能です。

雑誌やインターネットではサイズ感や素材が分からないので、実際にウェアを見ることはとても大切です。

インターネット(SNS含む)

雑誌と並び、お手軽に流行を知ることができるのがインターネットです。

単純にアマゾンや楽天で検索して見るのも良いですし、気に入ったブランドがあれば直接そのブランドのサイトを確認してみましょう。

また、SNSで友人にオススメのブランドやモデルを教えてもらう事もできますね。

ウェアの機能は無視

ウェアを見るとベンチレーションだのパウダーガードだの色々機能がありますが…

誤解を恐れず言います。

そんなものは一切無視して下さい!

何よりもオシャレを最優先に考えて購入することをオススメします。

だって、いくら機能が充実していても、自分の好みでないウェアじゃテンション上がりませんよね。

それに、いわゆるスキー、スノーボード専用のウェアを買えば機能に大差ありません。

例えば、インターネットでは上下セットで八千円台なんて激安のウェアが販売されてますが、パウダーガード、パスケース、ベンチレーションなど必要な機能が備わってます。

耐水性、透湿性もブランドウェアとほぼ同レベル。

激安のウェアでこの水準ですから、専用のウェアを買えば機能なんて一切気にする必要はありません。

実際にショップに行ってみる

微妙な生地の違いや試着することでサイズ感を知ることができるので、実際にショップで実物を見ることをオススメします。

普段着でもそうですが、同じMサイズでもブランドによって大きかったり、逆に小さかったりします。

特に海外ブランドは日本のサイズ感で購入すると失敗します、海外ブランドのMが日本のLだったりするんですね。

全体のシルエットと言うのはファッションの中でもかなり重要なポイントです。

また、生地も見た目を左右する重要な要素です。

インターネットで見たあとに実際ショップに行くと、テカテカしていたり発色が悪かったり自分の予想と異なる場合もあります。

ウェアは高い買い物ですので、できれば実物を見て、試着して購入することをオススメします。

第三者にアドバイスをもらう

元都知事のいいわけではありません(笑)

友人やショップ店員にアドバイスをもらいましょう。

実際に友人にショップに来てもらったり、インターネットで検索したものをLINEでみんなに見てもらい意見を聞いてみるのもいいですね。

自分だと気づかない点を指摘してくれるかもしれません。

長く使うならシンプルなデザイン

私は現役時代毎年ウェア買い換えてましたが(笑)一般の方でしたら数年は同じウェアを着られると思います。

そこで注意したいのが柄物や派手な色の物です。

今シーズンは良くても来シーズンはトレンドが過ぎているかもしれません。

ウェアもダボダボやド派手な蛍光色、最近では普段使いできる街着のようなものやスキニーが流行ったりシーズン毎に変遷してます。

私も4〜5年前に買ったウェア、思いっきり蛍光色で恥ずかしくて着れません(笑)

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます

もし他の人と差をつけたいなら、ニット帽や手袋など小物で個性を出してみましょう。

出典:https://www.instagram.com/p/BNOiW65jjqa/?taken-by=burtonjapan

迷ったらやめる

これも日常のファッションと一緒ですね。

気に入ったものって一目惚れなんですよ、恋愛といっしょ、一瞬の出会い(笑)

迷うという事は、自分の中で何か引っかかる部分があるのでしょう。

スノーボードウェアは安い買い物ではありません。

せめて、一回冷静になって考える時間を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日常のファッションの注意点とほとんど変わりませんが、やはり金額が高いものなので後から後悔しないようにしたいですね。

なお、ウェアに関しては下記の記事もぜひご参照ください。

最新スノーボード人気ウェアブランド【ベスト80】

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?(初心者の方必見!)超人気記事

スノーボードウェア一式ガチでそろえたらいったいいくらになるのか!?

100円均一でスノーボードグッズ一式揃えてみた

参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。