18-19シーズンおすすめのレディースウェアは?女性に人気の30ブランド大特集!【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

以前、ウェア特集の記事をUPしましたが、どちらかというとメンズブランドが中心になっていたので、今回は女性におすすめのブランドを特集したいと思います。

初心者の方がスノーボード道具で一番最初に購入するものですし、やっぱり自分のお気に入りのウェアだとスノボ旅行が断然楽しくなりますよね!

せっかくなんで、選び方や購入のコツも特集したいと思います!

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

ウェアを選ぶときのコツは?

いきなり確信に迫りますが、ずばりウェアを選ぶときのコツとはなんでしょうか。

それは、好きなデザインで選んでください!

…もちろん、冗談ではなく本気ですよ。

だって、いくら機能が充実してて、価格がお手頃でもデザインが気に入らなければテンション上がらないですよね。

この辺は、私服と同じ感覚なんですが、一番妥協してはいけないのはやっぱりデザイン!

機能なんて後づけでいいんです、まずはデザインありきで選んでください。

シルエットは3段階

デザインとともに重要なのがシルエットですね。

同じデザインでもシルエットが違うだけで大きく印象が変わります。

シルエットはおもに3段階あります。

■タイト

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/a2bweb/17waconpblast.htmlsc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img

■スタンダード

出典:https://item.rakuten.co.jp/oc-sports/132010014/

■ルーズ

出典:http://www.upsports.jp/item_3_technine-13-baseball-jk-blk_1_1.html

最近はタイトめのシルエットが主流となりつつありますが、まだまだスタンダードやルーズシルエットも根強い人気があります。

お好みでチョイスいただければと思います。

サイズ選びのコツは?

続いてはサイズ選びのコツです。

各メーカーのホームページや販売ページには、必ずチャート表があるので基本的にはそちらを参考に選べば間違いありません。

私個人の経験だと、パンツはウエスト、ジャケットは身長を基準に購入すれば失敗はないです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/meik333/15-m-j4/

もし、SとMでサイズ選びが微妙なら、思い切ってワンサイズ大きいものを購入しましょう。

下記の写真のように、MとLで見た目はたいして変わりません。

逆にタイト過ぎると動きづらいですし、ウェア中にトレーナーなど着込むとパンパンで太って見えます。

スノーボードウェアはちょっとルーズに着こなすぐらいでちょうどいいと思います。

また、購入サイトのクチコミなどを参考にしてもいいですね。

出典:http://www.himassmania.jp/shopdetail/000000000071/

どんなデザインがおすすめ?

皆さん結構勘違いしがちなんですが、スノーボードウェアは流行で選んではいけません!

私服でも「去年はいいと思ったんだけど、今年はこの柄着れないわ…」なんてことありませんか?

特にスノーボードウェアは、ほとんどの方が年に1~3回くらいしか着ないと思います。

何万円もしたウェアが来年着れなくなるなんて嫌ですよね。

じゃあ、どんなデザインを選べば良いかというと、なるべく流行り廃りのないスタンダードな柄を選びましょう。

例えば、チェックやボーダー柄は色のチョイスさえ間違えなければ、長く着ることがきます。

この項では、代表的な柄を紹介します。

■ドット

出典:https://item.rakuten.co.jp/elephant-sports/ev-6035w/

■チェック

出典:https://item.rakuten.co.jp/sevenpeace/c/0000000227/

■迷彩

出典:https://item.rakuten.co.jp/ripple-middle/2p60-61lady/

■ボーダー

出典:https://global.rakuten.com/en/store/loveactionmarket/item/37704/

■デニム

出典:https://item.rakuten.co.jp/sevenpeace/c/0000000227/

■アニマル

出典:https://item.rakuten.co.jp/elephant-sports/ev-7034w/

■エスニック

出典:http://karate-ingersheim.org/byfnauto2288/

■リゾート

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-off-one/10025351/

■タイダイ・マーブル

出典:http://www.murasaki.jp/category/SNOW_WEAR/

■フラワー

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/loveactionmarket/99801.html

■スタジャン

出典:https://item.rakuten.co.jp/alphasports/r15stadium01/

 

ホワイト系は注意

ホワイト系は、リフトの油や土で汚れが目立ちます。

また、普通に使用していてもスソやソデは汚れてくるので、その辺も考慮して購入することをおすすめします。

どんなコーディネートがおすすめ?

コーディネートもシーズンにより流行が変わりますが、スタンダードなのは柄×無地の組み合わせです。

例えば、ジャケットが派手な柄でしたら、なるべくパンツはシンプルな色にしたほうが良いでしょう。

これは私の失敗談なんですが…

数年前、上下蛍光色のド派手なウェアが流行っていた時期がありまして私も購入したんです。

しかし、翌シーズンにはとてもじゃないですが恥ずかしくて着れませんでした(笑)

また、最近の傾向としてダークカラーやモノトーン、アースカラーなど地味な色が多いですね。

この辺の色は長く着れますし、なんか玄人っぽくて個人的におすすめです。

■柄×無地

出典:https://item.rakuten.co.jp/oc-style/132010006/

■アースカラー

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/54tide/nkt-saga-jk.html

■ダークカラー

出典:http://chuu.jp/product/

■街着風

出典:http://buyee.jp/item/yahoo/shopping/atmys_bx-series-01m

■モノトーン

引用:http://a-lohas.jp/129

どんな種類のウェアがあるの?

ウェアにはどんな種類があるんでしょうか?

真っ先に思い浮かぶのがジャケットとパンツに分かれたセパレートタイプですが、そのほかにもさまざまな種類のウェアがあります。

■ロング丈

女性用ウェアで特にオススメしたいのがロング丈!

このあと紹介するニキータやホールデンのロング丈が有名です。

出典:http://www.magicislandsurf.com/rooms/cat35/

■ベスト

防寒対策としてももちろん、ウェアのアクセントにもなりますね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-bestsports/ashleyjkt1516/

■ビブ

数年前から人気が沸騰してきたビブ。

春スノボならそのまま滑ってもいいですし、休憩中ジャケットを脱いだ時にもおしゃれですよね!

出典:https://item.rakuten.co.jp/murasaki-sports/010212eeah01l704/

■つなぎ

一時期よりは見なくなりましたが、動きやすく濡れにくいのでおすすめです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/ripple-middle/2t12-lady/

■パーカー

いえいえ、ウェアの中に着るだけのものではありません。

春スノボやシーズン中でも好天だった場合は、パーカーだけでも十分滑れます。

最近はスノーボード用に撥水加工されたものありますし、なにより上級者に見えるので(笑)おすすめです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/rinne/xpbb034/

その他の疑問

■どんな機能があるの?

前述のとおり、まずデザインありきで選んでOKなんですが、最低限下記の機能がついていると便利ですね。

  • パウダーガード(雪止め)
  • ベンチレーション
  • パスケース
  • 防水ポケット
  • イヤホンコードホール

まぁスノーボードウェアと名の付くもので上記の機能がない方が珍しいのですが、有名ブランドでもパウダーガードが無いモデルがあったりしますので、念のため確認しましょう。

■生地が思ったより薄かったらどうしよう?

これ、けっこう勘違いされる方が多いですが、ウェアの生地が薄くてもしっかり防水さえしてくれれば何の問題もありません。(実際、私が持っているパタゴニアのゴアテックスジャケットもペラペラです。)

寒い時はインナーを厚着すれば良いだけです。

レイヤリングという言葉をご存知でしょうか?

要は服の着脱で体温を調整しようという考えです。

むしろ、ダウンウェア等を購入してしまうと、暑い時に脱げないので不便です。

■耐水圧、透湿性って何?高いほうがいいんでしょ?

耐水圧とは、どれぐらいの水圧に耐えられるかというJIS規格に基づく数値で、高いほど良いとされています。

透湿性とは、体から出る汗や水蒸気をその生地がどれだけ外に逃がすことができるかを表す数値です。

本題ではないので詳しい説明は省きますが、非常に有名なゴアテックスは耐水圧45000mm、透湿性13500g以上とされています。

…で、実際そんな機能が必要かどうかというと、一般的には登山や嵐の中など特殊な環境でない限り、耐水圧10000mm、透湿性5000gあれば十分です。

最近は、安価なウェアも大体上記の基準は満たしているので、あまり気にする必要は無いと思います。

■どうやって洗えばいいの?

下記の記事で詳しく解説してますので、そちらを参照下さい。

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます

30ブランド一挙紹介します!

というわけで、ここからはブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

レディースオンリーブランド(もしくはレディースメイン)

この項で紹介するブランドはレディースがメインなので、種類やデザインが豊富でおすすめです。

ホールデンらくスノおすすめ!

ホールデンホームページ

らくスノ
他ブランドのウェアとは一線を画す、シンプルで独特のシルエットが秀逸ですね!

 

ニキータ

ニキータホームページ

らくスノ
セレブのようなエレガントさを持ったブランドです。

 

ロキシー

ロキシーホームページ

 

エスティボ

エスティボホームページ

 

ジュエル

ジュエルホームページ

 

シスタージェイ

シスタージェイホームページ

 

スイベル

スイベルホームページ

 

マーベルファンタジー

マーベルファンタジーホームページ

 

有名ブランド

有名ブランドは、機能や耐久性をみても安心感がありますね。

バートンらくスノ一押し!

バートンホームページ

らくスノ
種類が圧倒的に多く、機能もしっかりしています!

 

コロンビア

コロンビアホームページ

 

686

686ホームページ

 

ダブルエーハードウェア

ダブルエーハードウェアホームページ

 

エアトゥグラウンドエーセブン

 

ヨネックス

ヨネックスホームページ

 

ボルコム

ボルコムホームページ

 

ロームSDS

ロームホームページ

 

キスマーク

キスマークホームページ

らくスノ
量販店で有名なアルペングループのブランドです。

 

デザインがおすすめ

完全にらくスノ個人の好みですが(笑)こちらで紹介するブランドは独自のコンセプトで展開しているのでおすすめです。

リップカール

リップカールホームページ

 

アトマイズ

アトマイズホームページ

 

ケラン

ケランホームページ

 

ニーマ

ニーマホームページ

らくスノ
岐阜発のジャパンブランドです。

 

エクスニクス

エクスニクスホームページ

 

オラージュ

オラージュホームページ

 

オーシャンパシフィック

オーシャンパシフィックホームページ

 

ビラボン

ビラボンホームページ

 

RPM

RPMホームページ

 

リーズナブルなブランド

ブランドものだと、型落ちでも3~4万円くらいしますよね。

「年に1~2回しか行かないのにそんなの買えない!」という方は、リーズナブルなブランドを検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、価格が安いブランドを検証してますので、下記の記事も合わせて参照ください。

スノボウェア激安ブランドって生地や機能はどうなの!?実際に購入して検証してみた

スプーン

スプーンホームページ

 

リップルミドル

 

ハイマスマニア

 

ARG

 

アクティバージョン

 

シークレットガーデン

 

ブランブライド

 

フライアート

※なぜか検索に引っかからないので、ショップリンクそのまま貼っておきます。

スノーウェア専門店フライトアート

 

ポンタペス

 

モダンアミューズメント

 

おまけ(激安ウェア)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レンタルウェアはデザインの当たり外れが大きいうえ、何年も使いまわしているので防寒性も微妙です。

なにより、私服と一緒で自分のお気に入りのウェアじゃないとお出かけしたいと思いませんよね…

これからサークルや会社の仲間でゲレンデに行くという方。

「私は初心者だから…」なんて言わず、せっかくのスノボ旅行ですし格安ウェアなら2~3回行けば元がとれますので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。