オフシーズンにできるスノーボードのトレーニング11選

こんにちは、20年以上スノーボードしている、らくスノです。

シーズンを終えばかりなのに、早くも「来シーズンはもっと上手くなりたい!」なんて思っている方多いのではないでしょうか?

私も、現役時代は一年中スノーボードの事を考えてました。

とはいえ雪がなければ滑ることはできません。

そこでおすすめなのがオフトレです。

実はオフシーズンにできる練習って結構たくさんあるんですよね。

  1. キングス・クエスト
  2. ブラッシュ
  3. スノーヴァ
  4. ウォータージャンプ
  5. サマーゲレンデ
  6. マウンテンボード
  7. サーフィン、スケートボード
  8. DVDでイメトレ
  9. ゲーム
  10. 筋トレ、ヨガ
  11. リバーSUP

中には私が独自に考案したトレーニングもありますが(笑)

次項から順番に解説させていただきます。

キングス・クエスト

キングスとは、特殊なブラシを使って滑るジャンプ台の練習施設です。

着地地点がエアマットになっているので、新技や危険な技にも安全に挑戦できます。

ソチ五輪男子スロープスタイル代表の角野友基選手をはじめ、トッププロが練習していることでも有名です。

「初心者だから跳べるかどうか不安…」

いえいえ、初心者の方でもスタッフさんが丁寧に教えてくれますよ!

福岡、広島、神戸、大阪、愛知、千葉、東北など全国に施設がありますので、フリースタイル思考の方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

ブラッシュ

こちらもキングスと似たような施設ですが、全面芝でジブも練習できるのが特徴ですね。

ジブとはBOXやレールなどのアイテムを使うこと。

湘南や埼玉、長野にありますので、関東近県の方におすすめの施設です。

スキー、スノーボードパークのルール、マナー知ってますか?初心者の方でも気軽に楽しむ為に覚えておくべき6つのこと

スノーヴァ

スノーヴァは横浜と羽島にある屋内ゲレンデ。

常設のハーフパイプやキッカー(ジャンプ台)、日替わりのジブアイテムがあります。

かなり固めの氷に近い雪質で、コースも60メートルと短いですが、その気になればカービングやグラトリも練習できちゃいます。

なにより真夏も練習できるというのは貴重ですね。

ウォータージャンプ

ジャンプ台の練習施設。

前述のキングスやブラッシュと似ていますが、着地がプールになります。

かつてモーグル日本代表の上村愛子さんも夏季練習で利用していたようですよ。

ウォータージャンプも、新技や危険な技を練習するにはぴったりの施設!

なにより夏は爽快で気持ちいいですよ。

サマーゲレンデ

スノーマットという特殊な芝を利用して滑走します。

もちろん雪とは違うので滑るにはコツがいりますが、慣れるとカービングやグラトリもできるようになります!

ガチ勢が多いジャンプ台の練習施設とは対照的に、サマーゲレンデはレジャーアクティビティとしても楽しめるので、ファミリーにもオススメです。

マウンテンボード

マウンテンボードとは、バインディングの付いたボードで斜面を滑るアクティビティのこと。

スケートボードと違い、実際のスキー場の斜面を降るので、よりスノーボードに近い感覚を味わうことができます。

ジャンプ台やジブも練習できるので、スノーボードのオフトレにぴったりですね!

詳しくは下記の体験記を参照ください。

スノーボードのオフトレにも最適!マウンテンボードを体験してみた

サーフィン、スケートボード

スノーボードのルーツはサーフボードとスケートボードです。

実際サーファーがサーフボードで深雪を滑ったことが、スノーボードの原型といわれています。※諸説あり

またスノーボードの技名は、スケートボードのトリックがもとになっているものも多いです。

バランスのとり方などは違いますが、個人的には十分オフトレになると思います。

単純にアクティビティとして楽しむのもいいですね。

イメトレ・芝トレ

どんなスポーツでもそうですが、イメージトレーニングは超重要!

私も現役時代には、自宅でハウツーDVDや自身が滑っている映像を見ながら、姿勢などをイメージトレーニングしてました。

オフトレ施設でもゲレンデでも、あらかじめイメトレしてどのように動くか考えておくと練習効率がいいですね。

イメトレ、芝トレはいずれも自宅で練習できるのでおすすめです。

ゲームでイメトレ

「らくスノさん、また冗談ですか…(笑)」

いえいえ、これ本当なんですよ!

いろいろゲームは出ているのですが、その中でも私がやっていたのがSkateシリーズ。

単純にゲームとしても面白いのですが、秀逸なのがトリックを録画してどの角度からも見れること。

ジャンプやレールでこすってるときの姿勢など、かなり参考にさせてもらいました。

私の得意技のひとつ、仲間内では伝説となっているバックサイドピーススライドは、実はゲームのパクリってことは内緒でお願いします(笑)

筋トレ、ストレッチ

オフの時に筋力をUPしておけば、滑走・トリックが上達しやすくなります。

またストレッチで柔軟性を身に付けることによって、怪我をしない身体作りができますね。

ちなみに、スポーツジムやストレッチ教室などを格安で運営している自治体もあります。

もし興味があれば、インターネットでお住まい周辺を調べてみてはいかがでしょうか?

お金をかけずに、より効果の高いトレーニングができますよ!

リバーSUP

リバーSUPとは、スタンドアップパドルボードに乗って川を下るスポーツです。

プロスノーボーダーさんがオフシーズンのトレーニングとしてSUPを導入してますね。

筋力・体幹トレーニングはもちろん、川下りの爽快感を味わうことができます!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私が現役時代、実際にやっていたオフトレを中心に記事にしてみました。

昔はザウス船橋、カムイ竜ヶ崎、アクロス重信等々オフトレ施設はもっといっぱいあったんですが…

おっと年齢バレちゃう(笑)

あと、いつかVRでもスキー、スノーボードが練習できる時代が来るかもしれませんね。

夏こそライバルに差をつけるチャンスですので、上達したい方はぜひ挑戦してみてください!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

プロのスノーボーダーってオフシーズン何やっているの?

オフシーズンのスノーボード道具正しい保管方法教えます【板、ブーツ、バインディング、ウェアまで】

オフシーズンのゲレンデってどうなってるの?車山高原スキー場で検証してみた


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。