【19-20最新版】冬のスキー・スノボ旅行におすすめ!車にあったら便利なグッズ・カー用品ベスト20選

こんにちは、らくスノです。

今回は、車でスキー場へ向かうときあったら便利なグッズ・カー用品をご紹介したいと思います。

私の知識はもちろん、友人の車にあって「これ便利だな~」ってアイテムもあったので、無断でアイデアを拝借しちゃいました(笑)

スキーヤー・スノーボーダーが当たり前に使っているグッズもありますが、雪国への旅行が初めての方はぜひ参考にしてください。

車内編

まずは車内編。行き帰りにあったら便利なグッズ・カー用品をご紹介します。

■加湿器

もうこれはマストアイテムでしょう!ただでさえ移動が長いスキー・スノボ旅行の車中で暖房かけっぱなしだと、あっという間に乾燥してしまいます。USBやシガーソケットを電源に使えるタイプもあるので、風邪やインフルエンザ予防のためにもぜひ持参してみてはいかがでしょうか。

■電気ケトル

移動しながらにして、暖かいコーヒーやカップ麺が食べられるという車用の電気ケトルです。これ、同乗者にすごく喜ばれますw

■保温ドリンクホルダー

せっかくコンビニで暖かい飲み物を買っても、すぐに冷たくなってしまいます。また、日帰りの場合は車中に飲み物を置きっぱなしなんてこともありますよね。保温ドリンクホルダーがあれば、冷めてしまった飲み物を再び温めなおすことができます。

■マルチ保温ホルダー

こちらは人数が多い時の保温ホルダー、ペットボトルや360ml缶が6本まで入ります。保冷もできるので夏場も重宝します。

■シートヒーター

車内って体はともかくお尻が冷えるんですよ…でも、シートヒーターがあれば底冷えを防ぐことができます。

着替え編

続いては着替え編です。冬ならではの物から「そんな使い方ができるんだ!」なんてアイテムまで、車中にあると便利だなと思うグッズ・カー用品をご紹介します。

■防水シートカバー

夏に海や川へ行かれる方にはおなじみの防水シートカバー。「なぜ冬にシートカバー使うの?」なんて思われるかもしれませんが、実は車中でウェアから私服へ着替える時に重宝します。

駐車場から更衣室が遠かったり、週末で混雑している時は車中で着替えることもありますよね。当然、帰りはウェアに雪が付いてるので、けっこうシートが濡れるんですよ。

防水シートカバーがあれば、シートの水濡れも気になりませんね。

■立体ラバーマット

スキー・スノボ終わりはブーツに雪がたくさん付いてますが、そのまま車に乗るとフロアマットがびしょびしょになるんですよね。立体ラバーマットがあれば、汚れや水濡れも気になりません。

とは言え、純正のラバーマットは高価なので、あまりスキー場へは行かないなんて方はホームセンターでシューズトレーを買っても良いかと思います。

■サンシェード

トップシーズンにサンシェードを持参される方は少ないと思いますが、実は着替える時に目隠しの役割を果たします。特に女性の同乗者がいる場合は、サンシェードがあると喜ばれますね。

■マグネットカーテン

マグネットで取り付ける簡易カーテン。前述のサンシェード同様、着替えの時に目隠しになるほか仮眠する際もこれがあると便利ですね。

■ランドリーバスケット

よくホームセンターなどに置いてあるランドリーバスケット。実は着替える時にとっても便利なグッズなんです。スキー・スノボ帰り、ランドリーボックスに足を入れながら着替えれば車内を濡らすことがありません。

しかも、濡れたブーツやウェアを入れたまま帰宅できるので、スキーヤー・スノーボーダーにはマストな逸品です。

らくスノ
円形ではなくスクエア型がおすすめ!

■ドライヤー

シガーソケットで使えるドライヤー。リフト終了後の更衣室はとても混雑しますのでドライヤーも取り合いです(笑)特に女性は乾かす時間が長いので、車にあるととても喜ばれますね。

収納編

スキー・スノーボードはとにかく荷物が多い…収納グッズで車内の空間を有効活用できれば、快適な旅行になること間違いなしですね。

■インテリアバー

車内で使用できる伸縮自在のポールです。ハンガーを引っ掛けることができるので、空間の活用はもちろんウェアを乾かすこともできます。

■折りたたみ収納BOX

行きはともかく、帰りに濡れたウェアをそのままバッグに入れるのはちょっと嫌ですよね。そんな時、折りたたみ収納ボックスがあれば、濡れたウェアやブーツを入れてそのまま持ち帰ることができます。

■ハンギングベルト

皆さん、スキー・スノボ板を積むのにキャリアーはマストだなんて思っていませんか?実は、ハンギングベルトを使って車内に吊るすこともできるんです。

私、サーフィンもたしなんでいるので、その知恵を応用しました。

■トランクルームバッグ

これ、友人が使っていて、かなり便利だったので紹介します。ヘッドレストに取り付けると、トランク下部の空間が有効活用できます。

■ヘッドレストフック

ヘッドレストフックは、コンビニ袋やバッグはもちろん、ジャケット等も掛けられるので便利ですね。

冬ならでは編

最後は、冬ならではのグッズ・カー用品をご紹介します。

■防寒ゴム手袋

チェーンを付けるときや、車に付いた雪を払うのに便利なのが裏起毛のゴム手袋です。雪国での車のトラブルはつきものですから、もしもの場合に持参しておくと安心ですね。

ちなみに、上級者限定ですがスキー・スノーボードグローブとしても使えます(笑)

■内窓用くもり止め

冬の内窓のくもりは切っても切れない関係です。あらかじめ内窓用くもり止めを塗っておくと快適に運転できます。

■スノーブラシ

朝、車を見たら雪で埋まってたなんてことありますよね。泊まりでスキー・スノボに行かれる方は、スノーブラシがあると車の雪下ろしも楽です。

■雪用ワイパー

雨用ワイパーは氷点下だと凍ってしまうので、トップシーズンは雪用ワイパーがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私の経験や友人が使っているアイテムを中心に、便利なグッズを紹介してみました。

カー用品店はもちろんホームセンターで買えるものも多いですし、私はアマゾンプライム会員なので安物でもインターネットでサクッと買っちゃいますw

気になるものがあれば、ぜひ自家用車・レンタカーで試してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スキー・スノーボードにおすすめのスタッドレスタイヤは?人気の14メーカー比較してみた!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
19-20シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴19年の私らくスノが厳選した、2019-20シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴19年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。