初心者でもできる!超簡単なスノーボードギアのメンテナンス方法

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

せっかくスノーボードギアを買ったのに、「そのまま放置してる」なんて方も多いのではないでしょうか?

購入後にしっかりメンテナンスしないと、ギアの寿命が短くなるうえに上達の妨げになることも。

「でもメンテナンスなんて面倒くさい…」

「そんなにお金ありません…」

安心してください!

今回は超簡単にできる板、ブーツ、ビンディング、ウェアのメンテナンス方法をまとめました。

お金もかからないので、できることから気軽にはじめてみてください!

板にWAXを塗って汚れの除去と劣化を防ごう!

「購入してから一度もワックスを塗ってない…」なんて方も多いと思います。

「初心者だからスピード出さないし、ワックスはいらないですよね?」

いえいえ、実はワックスには滑りをよくする以外にも、汚れを取り除いたり劣化を防ぐ効果があるのです。

だから、スピードを出す出さない以前に、ワックスを塗らないとどんどん板が劣化していきます。

とはいえ、毎回ワックスするのも面倒ですよね。

そこでおすすめなのが、塗るだけ簡単なペーストワックス。

100円均一で売ってるブラシを使えば、さらに本格的なワックスができますよ!

初心者でも簡単!たった200円で本格的なワックスができる方法

余計な引っ掛かりを防ぐためにダリングしよう!

滑るときに使用する有効エッジ以外の、余分なエッジを削ることを「ダリング」と言います。

なぜダリングするかというと、エッジが雪面に引っ掛かりやすくなったり、他人の板を傷つける恐れがあるからです。

自分の実力以外の部分で転倒するのは嫌ですよね…

やり方はとても簡単。

100円均一で金属用のサンドペーパーを購入、前後の不要なエッジを削るだけです。

ダリングは数分で終わる作業なので、スキー場へ行く前に済ませておきましょう。

板を購入したらやってみよう!100円でできる超簡単ダリングの方法教えます!

定期的にバインディングを外して変形やサビを防止しよう!

購入してからずっと、板にバインディングをつけっぱなしにしてませんか?

バインディングがつけっぱなしだと、板の変形やサビの原因になります。

次のスノボまで間が空くときは、必ず外しましょう。

やり方はとっても簡単、5分で終わります。

ベースプレート(足を置くクッション部分)をペラッとめくって、ネジを外すだけで完了です!

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

バインディングを正しい位置に調整してみよう!

実はスノーボードのバインディングは細かく調整ができます。

■バインディングの調整できる箇所

  • ストラップ
  • ガスペダル
  • フォワードリーン
  • ベースプレート

なぜ購入後に調整が必要かというと、そもそも買った時点ではセッティングされてないからです。

また、使っているうちに調整位置がずれたりネジが緩んでる場合もあるので、定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

やり方は下記の記事にまとめていますので、合わせて参照ください。

劇的に滑りやすくなる!バインディングのセッティング方法教えます

防水スプレーをブーツに塗布して耐久性アップ!

ブーツを購入したら防水スプレーしましょう。

防水効果はもちろん、油や土などの汚れも付着しにくくなり、ブーツの寿命が長くなります。

すでに使用済みの場合は、いったんブーツを洗浄することをおすすめします。

なぜなら、汚れやほこりの上から防水スプレーを塗布しても効果が半減するからです。

なお、シリコン系のスプレーはブーツに使用できないので注意してくださいね。

ブーツを買ったら防水スプレーしよう!古いブーツの撥水能力がUPする方法も伝授します

ウェアは定期的に洗うと防水効果がよみがえる!

ウェアに防水スプレーを散布している方も多いと思いますが、それだけでは不十分…

なぜなら、防水効果はウェアの生地が綺麗に並ぶことによって得られるからです。

新品のウェアは生地が揃っているので、高い防水効果を得ることができます。

しかし、使用しているうちに繊維がほぐれ防水効果が薄れるのです。

再度生地を揃えるには、ウェアを洗う必要があります。

もちろんスキー場へ行く毎に洗えとは言いませんが、せめてシーズン終わりにはウェアを洗濯しましょう。

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いくら簡単とはいえ、いきなりすべて実施するのは面倒ですよね(笑)

まずはできることから試してみましょう。

せっかく購入したギアですから、ぜひ可愛がってくださいね!

なお、スノーボードギアの正しい保管方法については、下記の記事も参照ください。

オフシーズンのスノーボード道具正しい保管方法教えます【板、ブーツ、バインディング、ウェアまで】

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

壊れても自分で修理できるよ!スノーボード(板)の簡単な補修方法とは

賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。