21-22シーズンのおすすめは?スキー、スノーボードゴーグル人気25ブランド大集合

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

この記事にたどり着いたということは、ゴーグルをお探し中の方も多いのではないでしょうか?

そんな要望にお答えするため、今回はゴーグルブランドを思いつく限りピックアップしてました。

しかし、ゴーグルを購入する際は注意すべき点があります。

ゴーグル選びを間違えると、怪我や曇りの原因となることも…

でも、大丈夫!

この記事を最後まで読めば、人気ブランドはもちろん、ゴーグル選びのコツや注意点についても詳しく知ることができますよ。

ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

ゴーグルを装着する3つの理由

実はゴーグルを装着する意味は視界の確保だけではありません。

■ゴーグルを着用する3つの意味

  • 視界の確保
  • 紫外線からの保護(雪目対策)
  • 顔面の保護

だから、「晴天だから着用しなくてOK」ということではないんですね。

視界の確保

出典:スワンズ

降雪時はもちろん、晴天時の視界確保にも役立ちます。

現在主流となっている偏光レンズは、雪面の凹凸がはっきり見えるので、転倒防止に役立ちます。

紫外線からの保護

真冬でも晴天時は強い紫外線が降り注ぎます。

さらにゲレンデでは、雪面からの反射でより紫外線の影響を受けやすくなるのです。

ゴーグルを着用しないと、雪目という症状に陥ります。

角膜が傷つくことで、充血、涙が止まらない、目が痛いなどの症状が続きます。

顔面の保護

ゴーグルの素材は柔らかいため、プロテクターとしての効果も期待できます。

私はジャンプ台の練習時、着地に失敗して顔面を強打したことがあります。

ゴーグルは変形して目の周りが内出血したものの、幸い骨折などの大怪我には至りませんでした。

晴天時はサングラスでの代用も可能ですが、転倒した時に顔面を怪我するリスクがありますので、初心者の方にはオススメしません。

ゴーグルを購入する際のチェック項目

いざゴーグルを購入しようと思っても、一体何を基準にすればいいか分かりませんよね。

この項では、ゴーグルを購入する際にチェックすべき8つの項目についてお話したいと思います。

■ゴーグルを購入する際のチェック項目

  1. フィット感
  2. レンズの色
  3. 透過率
  4. バックルの有無
  5. シングルレンズとダブルレンズ
  6. 球面レンズと平面レンズ
  7. メガネ対応の有無
  8. UVカットレンズ

次項から順番に解説していきます。

フィット感

ゴーグルを購入するうえで、一番大事なのがフィット感。

ゴーグルがフィットしてないと、使用中のズレはもちろん曇りの原因になります。

店舗で購入するにしろ、インターネットで購入するにしろ、できれば一度試着をしたほうがいいと思います。

どうしてもフィッティングできないという方は、日本ブランドやアジアンフィットモデルを選ぶと失敗するリスクを回避できます。

出典:スミスホームページ

左がアジアンフィット、右が海外モデル。

スポンジ部分の角度の違いが顕著ですね。

レンズの色

出典:https://item.rakuten.co.jp/aila/

フィット感の次に注意しなければならないのがレンズの色。

なぜなら、天候により推奨されるレンズの色が異なるからです。

ちなみに、ほとんどのブランドは2色のレンズが付属しています。

【ミラー、グレー】

サングラスと同じような役割のレンズで、晴天時に使用します。

太陽や雪からの光の反射を防いでくれます。

【オレンジ、ピンク、ブルー、イエローなど】

晴天・荒天時やナイターでも使用できる、オールマイティなレンズ。

初めて購入する場合は、こちらの色のレンズが付属したゴーグルをおすすめします。

【クリア】

文字通り透明なレンズです。

主に荒天で視界が悪い時や、ナイターで使用します。

透過率

出典:スワンズ

前項に付随する項ですが、レンズには透過率というものがあります。

0%に近いと暗く見え(ミラー・グレー色のレンズ)、100パーセントに近いほど明るく見えます(クリアレンズ)。

初めて購入する場合は、バランスの良い40~60%程度の透過率がおすすめです。

バックルの有無

img_7880

ゴーグルのバンド部分は、上から被るタイプとバックルでジョイントできるタイプがあります。

女性の方は髪の毛が長かったりすると装着しづらいので、バックルタイプがオススメ。

また、ヘルメットを着用される方も、バックルタイプのほうが使い勝手がいいですね。

シングルレンズとダブルレンズ

ゴーグルにはシングルレンズと、より曇りにくくするためレンズが二重になったダブルレンズがあります。

現在の主流はダブルレンズで、安価なゴーグルでもシングルレンズを見なくなりましたが、購入する際は注意しましょう。

球面レンズと平面レンズ

レンズには球面タイプと平面タイプがあります。

  • 球面タイプは曇りにくいが、視界が狭く歪みやすい。
  • 平面レンズは視界が広く歪みにくいものの、球面レンズよりも曇りやすい。

一般的には球面レンズの方が高価ですが、どちらがおすすめということはありませんので、お好みで購入してください。

メガネ対応の有無

出典:オークリーホームページ

モデルによってはメガネに対応しているゴーグルもあります。

元インストラクターとしては基本的にコンタクトの使用をおすすめしてますが、眼病などやむを得ない理由でメガネを着用したい方もいると思います。

そういった方は、メガネ対応のゴーグルを選ぶと良いでしょう。

元イントラが教える!メガネでスキー、スノボを滑る際の5つの注意点

UVカットレンズ

紫外線・環境保護マニュアルによると、高度1000mで紫外線が地上の10〜12%も強くなるそうです。

とはいえ、最近はよほど安価なものでない限り、UVカットレンズを使用しているゴーグルがほとんどです。

気になる方は念の為チェックしてみましょう。

最新トレンド!フレームレスゴーグルで視界が劇的に広くなる

ここ数年でトレンドになっているのがフレームレスのゴーグル。

知人のプロライダーやインストラクターなども、こぞってフレームレスに切り替えてますね。

おしゃれな見た目はもちろん、全面がレンズなので死角がほとんどありません。

もちろん私も愛用してますが、ゴーグルをしてないと錯覚するくらい上下左右広い視界を確保できます。

通常のゴーグルより高価でフレームがないぶん傷つきやすいというデメリットもありますが、ストレスフリーで滑走を楽しめる一品です。

スキー、スノーボードゴーグル人気ブランド紹介します!

それではゴーグル25ブランド紹介しますが、その前に注意事項をご一読いただければと思います。

  • 各ブランドは最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各ブランドのボード画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 輸入代理店のホームページがない一部海外ブランドは、本国のホームページをリンクしております。

ドラゴン

ドラゴンホームページ

スキー・スノーボードゴーグル界のトップブランドの一つです。

日本人向けのレンズの開発やワンタッチで交換ができるスウィフトロックテクノロジーなど、品質・機能も高いです。

特に顔面を巻くように設計されたフラッグシップモデルのPXVは、フレームの隅が視界に入らないパノラマビューレンズを採用。

トッププロをはじめ、様々なスキーヤー・ボーダーに愛用されています。

大人気スキー・スノボ用ゴーグル!ドラゴンPXVが評価を得ている7つの理由

 

オークリー

オークリーホームページ

五輪選手をはじめ、トッププレイヤーが愛用していることで有名なブランドです。

どんなコンディションでも雪面のコントラストがはっきり見えるプリズムレンズテクノロジーは、パークやアルペンなど危険な競技で真価を発揮します。

肌に触れるスポンジ部分にはフリース素材を使用するなど、つけ心地も抜群。

長時間つけていてもストレスを感じることなく滑走できます。

 

スミス

スミスホームページ

創業者であるボブ・スミスが、今では常識となっているダブルレンズと空気の循環機能を搭載した曇らないゴーグルを開発しました。

通常より5倍曇りづらいレンズ、水で洗えるレンズなど、新規テクノロジーに定評のあるスミスです。

とりわけ評価が高いのがマグネットでレンズを着脱するI/O MAG™。

このシステムによって、曇ったレンズをさっと外して水で洗うなんてことも可能になりました。

快適さを求めるなら、間違いなくスミスを選ぶべきでしょう。

 

スワンズ

スワンズホームページ

他メーカーのOEMを手がけるなど高い品質を誇る山本光学のブランド。

やはり海外ブランドは、人によっては隙間が空いてしまうなどフィット感に難がありますよね。

スワンズは日本人向けに作られているので、フィット感が抜群。

また、あらゆる天候でレンズの明るさを自動調整できるフォロクロミック・テクノロジーを採用するなど、日本の雪山に特化したゴーグルを発表しています。

 

ハイマスマニア

→→ハイマスマニアホームページ

「ちょっと1万円以上するゴーグルは敷居が高い…」

そんな方におすすめなのがハイマスマニアのゴーグル。

なんと本格的なゴーグルが4,980円〜購入できる!

さらにゴーグルとバンドを自由に選べるので、ウェアに合わせてカスタマイズも可能。

ベンチレーション、バックル、ダブルレンズ、滑り止め等…しっかりゴーグルの機能も満たしています。

今は感染症対策でゴーグルのレンタルを中止しているショップも多いので、ハイマスマニアの激安ゴーグルを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

 

OCSTYLE

Wレンズ、球面レンズ、ベンチレーション、ヘルメット対応…これだけ高機能でフィット感抜群のゴーグルが税込2,860円〜と激安で購入できます。

カラーカスタマイズやデザイン性でいえば前述のハイマスマニアに劣るかもしれませんが、「とりあえず安ければOK!」という方には超おすすめです。

スポーツ&スノーボードのOCSTYLE

【追記】

実際に購入してレビュー書きました!

3千円で買える!高機能スキー・スノボ用激安ゴーグルご紹介します!

ウベックス

ウベックスホームページ

ウベックスはヨーロッパ最大のアイウェア&ヘルメットブランド。

オリンピックやワールドカップでも多数の選手が使用しています。

洗練されたデザイン、軽量なフレーム、天候に合わせて色が変化する調光レンズなど、技術の粋を集めた最高のゴーグルを販売。

アジアンフィットで快適な装着感を得ることができます。

 

アノン

アノンホームページ

バートン傘下のブランド。

バートン所属のトップライダーが愛用していることで有名です。

同じくアノンのヘルメットやバートンブランドのフェイスマスクを使用すると、最大級のフィット感を得ることが可能となります。

 

スパイ

スパイホームページ

他のブランドとは一線を画すレンズシルエット、バンドデザインが特徴のスパイ。

どうしても似たようなデザインが多くなる中、スパイのゴーグルは選ぶ楽しみがあります。

また、目に優しい長波ブルーライトだけ取り込むことができるハッピーレンズを採用するなど、品質にも定評のあるブランドです。

 

ダイス

DICEの高性能くもり止めレンズは、ゴーグル内部にたまる飽和水蒸気をスポンジのようにレンズ表面が吸収することで、くもりを制御しています。

レンズは乾くと吸収力が再生するため、高いくもり止め効果を維持します。

今回新たに開発された「プレミアムアンチフォグ」は、その吸水力を2倍に高めた高機能のくもり止めです。

引用:ダイスホームページ

スワンズで有名な山本光学発、信頼の国内ブランドです。

特に日本人に合わせたフレームのフィット感は、他のブランドの追従を許しません。

 

ボンジッパー

VONZIPPER(ボンジッパー)はオットー・ボンジッパー氏がアイウェアブランドとして設立。

サングラスをメインに、ゴーグル、アクセサリー、アパレル、小物など、多彩な商品展開をしているブランドです。

海外有名セレブの中にも愛用者が多く、常に感度の高いファッションアイコンとして注目され続けています。

引用:ボンジッパー

サーフブランドとしても有名なビラボン傘下のブランド。

パリス・ヒルトンをはじめ、海外セレブもボンジッパーのサングラスを愛用しているそうです。

 

リボルト

日本人の頭部形状を基に設計されたフレーム構造

REVOLTオリジナル設計によるフレームで、シャープなフォルムと広い視界が特徴。

また顔当り面も日本人の顔にフィットするように設計され、長時間の装着もストレスなくクリアな視界を確保。

出典:リボルトホームページ

2005年中井孝治プロを中心にスタートしたブランド。

コンセプトからデザインまでライダーの意見を取り入れ、フレーム、レンズ、バンドなど全て日本で製造されています。(一部商品を除く)

 

レイジ・アイ・インターフェイス

2004年日本人ライダーによる日本人ライダーの為のゴーグルコンセプトのもと、最適な視界を確保できるようにリリース。

フレーム、ベルトにアシンメトリー配色を取り入れ、ポップでカラフルなインパクトのあるカラーが特徴的。

出典:レイジ・アイ・インターフェイスホームページ

私も愛用しているジャパンブランド。

フィット感や視界もさることながら、ゲレンデ映えするおしゃれなデザインにも注目です。

 

エレクトリック

2000年にカリフォルニアで誕生したエレクトリックはアクティブなライフスタイルを充実させる品質の高い製品を世に送り出してきました。

我々が提案するのは“機能性のあるスタイル”。

幾度と無く重ねたテストを元に、エレクトリックは“クラシック”をさらに洗練し、サングラス、ゴーグルやヘルメット、腕時計、バックパックを始めとするラゲッジやアクセサリーをデザインし生み出してきました。

引用:エレクトリックホームページ

イナズマのロゴでおなじみのエレクトリック。

297通りの組み合わせができるカスタムゴーグルを発表するなど、機能とファッション性が融合したブランドです。

 

POC

POCのゴーグルはすべてのコンディションにおいて高い視認性と安全性を確保できるよう開発されました。

明るさが異なる状況下でも視認性を高め、自然の中の様々な要素から目を保護するため、フレームのデザインやレンズの光学性能を最適化しています。

引用:POCホームページ

2005年創業のスウェーデンブランド。

日本のゲレンデで使っているボーダーはまだ少ないので、「人と被りたくないな~」なんて方におすすめです。

 

アディダス

アディダスホームページ

ご存知スポーツ界のトップブランド。

ちなみに、アディダスの三つ葉ロゴは現在ファッションラインでしか使用されていません。(通常スポーツラインは3本線ロゴ)

この事実だけとっても、機能だけではなくスタイルやファッションを意識したゴーグル作りをしていることが伺えます。

 

エアブラスター

エアブラスターはスノーボーディングをもっと楽しくしちゃうプロダクトを作っている会社です。

お互いをリスペクトしながら自分たちの自由なスタイルをクリエイトしているスノーボーダー達のプレイスを創設するのがゴールでもあるんだ。

引用:エアブラスターホームページ

スノーボードYouTubeチャンネル「WOW」のドギーこと笠原啓二郎プロも着用している人気ウェアブランドです。

 

アシュベリー

アシュベリーホームページ

2007年にロサンゼルスで設立したブランド。

1960年代のムーブメントや音楽にインスピレーションを受けたデザインのゴーグルを発表しています。

 

ディレクト

 

ジロ

GIROはパフォーマンス設計のポリカーボネートレンズを、快晴の青空から暗い吹雪の時まであらゆる状況に対応できる様、様々なレンズカラーを揃えています。

全てのレンズは有害の紫外線を100%遮断、曇り止めとスクラッチ防止の耐久コーティングが施されています。

引用:ジロホームページ

素早くレンズ交換できるロッキングメカニズム、視界の歪みを最小限に抑える平面レンズ等…質の高いゴーグルを販売するブランド。

ゴーグルはもちろん、ヘルメットのブランドとしても人気です。

 

ファットファイブ

ダイスやスワンズと同じ山本光学のブランドです。

 

ダイ(DYE)

サバゲー用のフルフェイスゴーグルが有名なブランドです。

 

アックス

株式会社アックスは、1936年の創業以来、ゴーグル&サングラス専門メーカーとして培ってきた専門のノウハウと、独自の研究開発・品質管理体制、そして最新の素材やテクノロジーを採用することにより、スキー、スノーボードをはじめゴルフ、フィッシング、アスリート、ドライビング等のスポーツシーンにおいて、快適でフィット感の高いアイウェアをご提案してきました。

引用:アックスホームページ

大阪に本社を置くジャパンブランド。

圧倒的なコストパフォーマンス、お財布にやさしいゴーグルです。

 

エーボム

エーボムホームページ

 

モデスト

モデストホームページ

モデストは2013年にオーストラリアで創業したアイウェアブランド。

「シンプルで高機能」をブランドコンセプトとしています。

 

セイバー

“制御不能な鋭利な牙”という意味を持つカリフォルニア・ニューポートビーチ発のアイウェアブランド、SABRE(セイバー)。

SABREは放浪するサーファー、ハードコアなスケーター、パンクミュージシャン、ポストファッションなど、自由なアーティスト達の為に高品質なアイウェアを提供します。

引用:セイバーホームページ

 

マーカー

マーカーホームページ

スキー用のビンディングやヘルメットで知られるブランドです。

 

サンドボックス

サンドボックスホームページ

2005年世界有数のスノーリゾートとして知られるカナダ・ウィスラーで創業したブランド。

同じサンドボックス製のヘルメットとの相性も抜群です。

 

サロモン

サロモンホームページ

ご存知、フランス発のスキー・スノーボードの総合ブランド。

 

ロシニョール

ロシニョールホームページ

アルペン・ノルディックスキー、スノーボードギアの制作を中心に、100年以上の歴史を誇る老舗ブランドです。

 

ダンシェイディーズ

プロ・スノーボーダーとして活躍をしているクリス・ ベレスフォードが2008年にアメリカ・ソルトレイクシティから立ちあげたブランド。

失くしたり壊したりしてもすぐに買い換えられるお手頃な価格で非常に好評なアイウェア。

引用:ダンシェイディーズホームページ

1万円を超える価格帯がメインのスノーゴーグルにあって、数千円で手に入るコスパは魅力的ですね。

 

シュレッド

Shredはアメリカ・ハンティントンをベースにするゴーグル、ヘルメット、プロテクターブランド。

視界がとにかく広く、アジアンフィットでクオリティが高いフィット感。

引用:SHREDホームページ

アメリカはハンティントン発のゴーグル、ヘルメット、プロテクターブランド。

まだ日本ではほとんど使っている人はいませんので、「ゲレンデで被りたくない」なんて方におすすめです!

 

ロキシー

ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のためのブランドROXY。

世界トップクラスのライダーが体現する女性アスリートとしての一面と、フェミニンなファッション性を融合したスタイルを同じに提案するROXYは、ビーチからタウン、そしてスノーシーンまでそのフィールドを拡大。

引用:ロキシーホームページ

サーフブランドであるクイックシルバーの妹ブランド。

スノーボード業界では珍しい、女性専用のギアを販売しています。

 

スイベル

1990年代初頭、サーフィンのメッカであるカリフォルニア・ハンティントンビーチを中心に人気を博したSWIVEL(スウィベル)。

アクティブでオシャレな女の子をサポートするレディースブランドです。

引用:スイベルホームページ

 

スプーン

スプーンホームページ

 

アウトオブ

アウトオブホームページ

 

ナイキ

 

ボレー

ボレーホームページ

1888年にフランスで創業。

スポーツはもちろんセーフティーゴーグルでも有名なブランドです。

 

レア

レディーススノーボーダーのために生まれた、ジャパニーズゴーグルブランド。

女性の骨格に合わせたフレームやフェミニンなデザインが特徴です。

 

ミュータント

 

オーシャンパシフィック

オーシャンパシフィックホームページ

アメリカ・カリフォルニア発のサーフブランド。

 

ボルコム

ボルコム

サーフやスケートブランドとしても人気のボルコムですが、ルーツはスノーボードです。

 

レッドブル(スペクト)

ご存知、大手エナジードリンクメーカーレッドブルが、同じくオーストリアのブランドであるスペクトとコラボしてリリースしたゴーグルです。

機能性が高く価格もリーズナブルなのでおすすめ!

 

スイートプロテクション

スイートプロテクション

2000年にノルウェーでスタートしたブランド。

「顔面と眼球をプロテクトする」をコンセプトにゴーグルを制作しています。

 

激安ゴーグル【おまけ】

 

ゴーグルが曇らなくなる8つの方法

いざゴーグルを購入しても、取り扱いを間違えると曇りの原因になります。

実はゴーグルが曇らなくなるコツがあるんです。

■ゴーグルが曇らなくなる8つの方法

  • ゲレンデ内ではゴーグルを外さない
  • 隙間を作らない
  • 濡らさない
  • 曇り止めを使う
  • 装着前に外気にさらす
  • 新品を購入する
  • ターボファン、空気循環機能付きゴーグルを使用する
  • サングラスを着用する

基本的にゴーグル内の結露を防ぐことができれば、ゴーグルは曇らなくなります。

上記のコツを実行すれば、どんなコンディションでもいっさい曇らなくなりますよ。

快適にスキー・スノボを楽しむためにも、ぜひ8つのコツを試してみてくださいね。

これで解決!ゲレンデでゴーグルが曇らなくなる8つの方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「こんなブランドあったんだ~」なんて方も多いのではないでしょうか。

ぜひ、今回ご紹介したチェック項目を参考に、ご自身にぴったりのブランドを探していただければと思います。

他のギアに関しては、関連記事も参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

【最新版】ゲレンデで使える!人気スキー・スノボ用サングラス20ブランド紹介します

人気スノーボードグローブ30ブランド大集合!洗い方のコツも教えるよ

今シーズンおすすめの人気ネックウォーマー・フェイスマスク30ブランド紹介します

今シーズンのおすすめは?人気ヘルメット・プロテクター25ブランド紹介します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。