21-22シーズンのおすすめは?人気スノーボードグローブ30ブランド大特集!

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

「スノーボード用のグローブを探しているけど、どんなブランドがおすすめですか?」

そんな疑問を抱えている方も多いと思います。

確かにスノーボードのグローブってどんなブランドが人気なのか、よく分かりませんよね。

またブランドだけでなく、グローブの選び方を間違えると、水が染みてきたり寒さで指先が冷えてしまうことも…

でも、ご安心あれ!

この記事を最後までご覧いただければ、人気のグローブブランドはもちろん、選び方の注意点やコツについて詳しく知ることができます。

ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

スノーボード用グローブは3種類ある

グローブは大きく分けて3種類あります。

それぞれメリット・デメリットを知ったうえで購入すれば失敗がありません。

■5本指のグローブ

出典:http://item.rakuten.co.jp/locohiqu/lh-10000279/

もっとも一般的な5本指のグローブ。

保温性が高く、指も動かしやすいのが特徴です。

■ミトングローブ

出典:https://www.snowinn.com/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

5本指よりも保温性は高いですが、指を単独で動かせないので、グローブを付けたまま細かい作業ができません。

■パイプグローブ

出典:http://item.rakuten.co.jp/54tide/cel-70016419/

文字通りハーフパイプやキッカー(ジャンプ台)での使用を目的としたグローブ。

一般的なグローブより生地が薄いものの、ハンドプラントやグラブトリックなどがやりやすいのが特徴です。

ハーフパイプやキッカー以外でも、春スノボで使用される方が多いですね。

グローブを購入する際にチェックすべき5項目

グローブを選ぶときは下記の5項目をチェックしましょう。

  1. 生地の厚さ、中綿の量
  2. 防水透湿性生地の有無
  3. デザイン、サイズ
  4. コードの有無
  5. リフト券、小物入れの有無

これだけは必要という機能があれば、購入前に必ず確認してください。

次項から順番に解説していきます。

生地の厚さ、中綿の量

やはりグローブは生地の厚さ、中綿の量が一番大事ですね。

生地や中綿が厚いと、2つのメリットがあります。

  • 手が冷えず、快適にスノーボードを楽しむことができる。
  • コケた時に手を保護してくれる。

もし寒さが不安な場合は、グローブの下にフリース手袋など装着してもよいですね。

防水透湿性生地の有無

出典:https://www.goldwin.co.jp/

ゴアテックスやコロンビアのオムニテックが有名ですね。

防水機能はもちろん、透湿性の高い素材を使用していると、春先のシャバ雪でも快適に過ごすことができます。

当然あったほうがいい機能ですが、防水透湿性生地を使用したグローブは高額なので、お財布と相談する必要があるかもしれません。

デザイン、サイズ

出典:https://www.salmonarms.com/product-category/classic/

ある意味もっとも大事なのがデザインですよね!

私もグローブ選びは見た目から入ります。

S、M、Lで展開するブランドも多いですが、不安であれば大きいサイズを選びましょう。

前述のように、大きい分にはインナーグローブを付ける事によってサイズ調整することもできます。

コードの有無

出典:https://item.rakuten.co.jp/peace-price/snj-122/

コード付きのグローブは、リフト乗車中の落下や紛失を防ぐ役割があります。

リフト券、小物入れの有無

出典:https://ebisuknit.com/net/

リフト券や小物を入れるポケットが付いたモデルもあります。

特にリフト乗車がICチップのゲレンデの場合、グローブにポケットが付いていると重宝します。

スノーボード用グローブ30ブランド紹介します!

それでは30ブランド紹介しますが、その前に注意事項をご一読ください。

  • 各ブランドは最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各ブランドのボード画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 輸入代理店のホームページがない一部海外ブランドは、本国のホームページをリンクしております。

ダカイン

ハワイ発、サーフやスケートボード用のバックパックブランドとして有名です。

ものづくりのこだわりは、グローブにも生かされています。

ダカインホームページ

 

バートン

1977年ジェイク・バートンによって設立されたスノーボード用品の製造販売会社。

Burtonは画期的なプロダクトやリゾートに対する草の根的努力、トップレベルのチームライダーと共に、スノーボードを裏山での遊びからワールドクラスのスポーツへと成長させることに重要な役割を果たしてきました。

バートンホームページ

ご存知、スノーボードブランドとしては最大の規模を誇るバートン。

他のブランドを圧倒するモデル数、機能性も抜群です。

 

エビス

輸入物に頼らない、日本人らしい、日本人にあった商品を適正価格で作りたい。

もちろんライダーを含め、私たちが実際に使用し納得の出来る商品を作りたい。

そこがこのブランドの原点です。

出典:エビスホームページ

可愛らしいデザインで、女性にも大人気!

国内ブランドなので、日本人の手に馴染むよう設計されています。

 

ネフ

2002年、現オーナー・ショーンネフがヘッドウェアブランドとしてスタートさせたNEFF。

SNOW,SKATE,SURFの著名なライダーを抱えると共にその後世界のキーパーソンやアクションスポーツアスリートにサポートを開始。

出典:ネフホームページ

舌を出したキャラクターが印象的なブランド。

アメリカ西海岸らしい、陽気なデザインが目を引きます。

 

オレンジ

オレンジホームページ

ボードケース・パスケースなどスノーボード小物が人気のドメスティックブランド。

国内の有名ライダーをサポートしていることでも知られています。

 

ボリュームグローブ

「完璧な防水性」、そして、「あたたかくて濡れない」防水パイプ、パークグローブを世に送り出したパイオニアは、さらなる進化を遂げた。

「あたたかくて、柔らかいはめ心地」、「完璧な防水性」を徹底的に追及。

海外でも人気が高く、韓国でも販売し高い人気を誇る、日本を代表するグローブブランド。

引用:ボリュームグローブホームページ

ゲレンデでの使用率も高い、ボリュームグローブ。

機能性もなにも、写真を見てもらえば一発ですね!

 

241

洗練されて実用的なディティールを、ラボで測られた数値だけの機能性よりも、実際のシーンで使える機能性を、「ライダーの欲 しいモノ・雪のなかで快適に過ごすためのモノ」にフォーカスし物作りを続けてきたのが241である。

引用:241ホームページ

カリフォルニアで創業したブランド。

バックカントリーにも耐えうる、信頼性の高いグローブを作り続けています。

 

ボルコム

クリエイティブな精神にインスパイアされ、1991年に創設されたVolcomは、自分の好きな事に情熱的でひたむきな人たちのためにプロダクトを提供しています。

引用:ボルコムホームページ

3Sシーンで大人気のブランド。

サーフやスケートブランドとしても認知されていますが、ルーツはスノーボードです。

 

ロキシー

ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のためのブランドROXY。

カリフォルニアを中心に、アクティブなライフスタイルを愛する女の子たちから「女の子のためのビーチウェアが欲しい」という声が高まり、1990年に誕生。

引用:ロキシーホームページ

クイックシルバーの妹ブランド。

スノーボードシーンでは珍しい、女性用のギアを専門に販売してます。

 

エヴォログ

EVOLGは、「日本から世界に発信するグローブブランド」をコンセプトに掲げ2010年に誕生しました。

ブランド名も日本語からインスパイアーされております。

手袋を逆から読む言葉遊び「ロクぶて」にちなみ、GLOVE(グローブ)の逆読み「EVOLG」(エヴォログ)と名付けられました。

引用:エヴォログホームページ

ハイブランドのような高級感を持ったドメスティックブランド。

大人スノーボーダーに着用して欲しい逸品です。

 

へストラ

HESTRAは1936年、北欧スウェーデン南西部に位置する小さな街、ヘストラで生まれたグローブ専門ブランドです。

80年以上の歴史と伝統の中で培ったブランド哲学のもと伝統的な皮革素材と機能的な素材を最適に組み合わせることで、信頼できるグローブブランドとして世界中で愛用されています。

引用:へストラホームページ

北欧らしいシンプルモダンなデザインがかっこいい!

人と差をつけたいボーダーさんにおすすめのブランドです。

 

レベルグローブ

我々は、アスリートの協力のもと、最大の快適さとより良いフィット感を求め研究開発を重ね、男女ともにスキーヤーとスノーボーダーのためにリラックスドフィット、ナチュラルフィット、スリムフィットの3種類を揃えています。

引用:レベルグローブホームページ

イタリアで創業した、スノーボード専門ブランド。

アルピニストも使用するグローブの暖かさには定評があります。

 

ハウル

ハウルホームページ

ストリートファッション好きな創業者が、「ゲレンデでもファッションを楽しみたい」との思いで誕生したブランドです。

 

サーモンアームズ

サーモンアームズホームページ

POPなイラストがゲレンデで目立つ!

他のブランドとは一線を画したデザインが印象的です。

 

3REE(スリー)

3REEホームページ

P01ウェアなどを手掛ける国内ブランド、プレイデザインが作ったグローブです。

 

デスレーベル

デスレーベルホームページ

その名の通り「死」をコンセプトにしたドメスティックスノーボードブランド。

その世界観から、コアなファンを多数抱えています。

 

キスマーク

スポーツをもっとカジュアルに、カッコよく楽しみたい。

スポーツとライフスタイルの垣根を取り払い、もっと身近なものにしたい。

そうした想いを表現するために、起源であるスノーボード・サーフィンのテイストを取り入れつつも、常に時代に合わせた新しい「デザイン」を発信しています。

引用:キスマークホームページ

大手スポーツ用品店、アルペングループのPBブランドです。

 

アシュラム

様々なスポーツとアウトドアのテイストをふんだんに盛り込んでいる。

素材の選定からパーツ、カラー、切返しのどれ一つをとっても、そこには必ず意味があり、どんなバックボーンを持つ人がこのグローブを着けてくれるのかを想像しながらデザインしている。

引用:アシュラムホームページ

スケートやクラブカルチャーをバックボーンに、質の高いグローブをラインナップしているブランドです。

特に保温性の高いミトングローブに定評があります。

 

クラブグラブ

クラブグラブホームページ

アメリカで創業、ラインナップの大半がミトングローブという珍しいブランド。

「もはやグローブじゃないでしょ!」っていうくらい斬新なデザインが興味をそそります。

 

キャンディーグラインド

2006年コロラドのデンバーでAustinとその妻Brandiによりスタートしたstreet wearブランドです。

二人はもともとファッションデザイナーとして働いていましたが、仲間のスノーボーダー達に今のマーケットにあるグローブはクオリティが悪すぎるとの不満の声がきっかけでブランド立ち上げに至りました。

引用:キャンディーグラインドホームページ

スノーボードシーンでミトンブームの先駆けとなったブランドです。

 

セルテック

エリック&BJライネス兄弟が、2002年にスタートしたカルフォルニア生まれの「CELTEK」。

1年間を通して現場で行われるフィールドテストに基づいたプロダクション、大自然の中でライダー達がグローブのポテンシャルをとことん追求しているからエキスパートに伝わる極上のクオリティを実現。

引用:セルテックホームページ

 

デフコン

 

ヒマラク

私たちは、みなさまに使っていただくものが国産のものであってほしいという願いかHIMARAK製品を製造するに至っています。

国内で作られているそのほとんどのグローブは香川県の職人さんの手によって作られています。

地域の産業から力を貸していただき日本全国はもとより世界各国に日本の素晴らしい伝統を 伝えていきたいと思っています。

引用:ヒマラクホームページ

国内での制作にこだわたジャパニーズブランド。

日本の職人のこだわりが詰まった高品質なグローブを製造しています。

 

パウ

パウホームページ

1997年アメリカ・ワシントン州で創業したブランド。

グレードAのゴアテックス素材を使用し、厳密なテストをクリアしたグローブのみを販売しています。

 

ハドソン

 

コンビ

コンビホームページ

防水透湿性素材として有名なゴアテックスと、グローブメーカーとして初めて提携したブランドです。

黒を基調とした玄人好みのデザインが魅力的。

 

ドロップ

ドロップホームページ

私が現役時代愛用していたブランドの一つ。

肉厚で暖かく、耐久性も抜群にいいですね!

 

DC

1994年にスケートボーダー達によってスタートした『DC』。

『DC』は、ケン・ブロックとデイモン・ウェイが立ち上げた前身ブランドであるDROORS CLOTHINGに由来している。

引用:DCホームページ

スケートシューズのブランドとして有名ですね。

 

ハンドアウトグローブス

ハンドアウトグローブス

フィッシング、バイク、ハンティング等…スポーツグローブ全般を制作するブランド。

特に革製グローブの高級感はピカイチですね。

 

ラッド

ラッドグローブス

オーストラリア発のブランド、POPなデザインが特徴です。

 

OCSTYLE

グローブが税込2,970円から、ゴアテックスグローブ税込5,940円から購入できる激安ブランド。

スポーツ&スノーボードのOCSTYLE

 

ハイマスマニア

リーズナブルな価格とシンプルなデザインでおすすめのブランド、私も愛用してます。

種類も豊富なので、選ぶ楽しさがあります。

→スノーボードとスポーツのPeace

ノーブランド格安グローブ

専用グローブじゃなくてもスノボはできる!?

結論からいえば、専用グローブじゃなくてもスノーボードはできます。

ある程度ファッション性・快適性を犠牲にしてもなるべく安く抑えたいなら、選択肢としてアリだと思いますよ。

実際、ゴム手袋やワークマンのグローブでスノーボードしましたが、まったく問題ありませんでした。

使用した感想については下記の記事も参照ください。

スキー・スノボ用ゴム手袋!?絶対濡れないテムレスの防水防寒グローブ使ってみた

2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

グローブの洗い方※革を除く

最後はグローブの洗い方についてお話したいと思います。

表面の汚れや匂いはもちろん、防水効果を持続させるなら定期的に洗うことをお勧めします。

まず、グローブを洗うにあたっては生地を傷めないことが大切です。

手洗いする場合

バスケットにぬるま湯をためてグローブを浸しもみ洗い。

洗剤は少なめで、もみ洗いと言っても軽く押す感じですね。

洗い終わったら軽く絞って、指側を洗濯バサミで挟んで吊るし陰干しをします。

乾燥機でも良いですが、私の場合はお風呂で浴室乾燥してますね。

乾燥した後は撥水スプレーを全体に散布して保管してください。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う場合は、ファスナーやボタンを閉じて洗濯ネットに入れて洗います。

手洗いと同じく、洗剤の使用量は少なめにしてください。

防水透湿性生地はデリケートなので、洗濯機は手洗いコース的な弱い水流でセットしましょう。

暖房やドライヤーでの乾燥はNG

よくやってしまいがちなのが、暖房などで直接乾燥させる方法。

しかし、暖房やドライヤーを使用すると生地が傷みやすくなってしまいます。

急いで乾かしたい時は、乾いたタオルでグローブの水分を拭き取り乾燥室などに吊るして干します。

また直射日光に当てると、やはり生地が傷みやすくなりますので気をつけてください。

革製グローブの洗い方

革製のグローブは特に手入れがデリケート。

基本よほど酷くなければ、表面の汚れだけ布で落として革用クリームを塗ればOKです。

しかし、そうは言っても汗をかいたりしたときは洗いたくなりますよね。

その場合は、革用の洗剤を使用して手洗いします。

まず、グローブをもみ洗いして軽く絞ります。

その後、布で水気を拭き取り陰干しして終了です。

乾いたら、クリームを塗布します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

思ったよりも、グローブのブランドってたくさんありますよね。

まずは3種のグローブからお好みに合ったものをチョイスし、

  1. 生地の厚さ、中綿の量
  2. 防水透湿性生地の有無
  3. デザイン、サイズ
  4. コードの有無
  5. リフト券、小物入れの有無

この基準で選べばグローブ選びで失敗することはありません!

グローブはゲレンデを快適に過ごすうえで重要なアイテム。

今シーズンのグローブ選びの参考になれば幸いです。

【関連記事】

今シーズンの流行は?最新スノーボードウェア人気85ブランド紹介します

今シーズンおすすめの人気ネックウォーマー・フェイスマスク30ブランド紹介します

今シーズンのおすすめは?スキー、スノーボードゴーグル人気25ブランド大集合


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。