スノーボードウェア一式ガチでそろえたらいったいいくらになるのか!?

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

このブログではよく節約術を解説しているのですが、

ダイソーでスノーボードグッズ一式揃えてみた①

「じゃあお前はいったいどんな道具使ってるんだ〜?」ということで、今回はボード歴15年以上の私の道具を披露したいとおもいます。※参考のため金額も併記します。

言っときますが、自慢できるような最新の道具は使ってないです(笑)そりゃね、現役バリバリの時は毎年最新のモデルに買い換えてやってましたよ。今は子どもの養育費、住宅ローン、嫁のエステ、嫁の美容室、嫁のマッサージ…大変なんですよ!

後半は嫁ばっかりだった…取り乱してすみません(笑)

グローブ”手袋”(¥8000)

img_7659

ドロップというブランドのゴアテックスグローブをUPします。金額はあまり覚えてないのですが8000円くらいだった気がします。

グローブはいくつか所有しているのですが、このグローブが一番厚手なので選びました。最近は薄いパイプグローブっていうのをメインで使ってるので、悪天候の時くらいしか出番はないのですが(個人的に指が動きづらいグローブは好みでない)初心者の方向けのブログなのでオススメできないものはUPしません。

ベルト&靴下(合わせて¥3000)

img_7660

ベルトはノーブランドで1000円、靴下はXーNIXで2000円くらいだったと思います。以前2000円でインナーが揃うという記事を書いてますが、そう考えると2000円の靴下って高いですね。

当然負荷がかかる部分は厚手になっていて足の保護や破けにくくもなっています。LRに分かれていて左右の足にぴったりフィットする仕様です。

正直もっと高いものもありますが、靴下は一番消耗するので(穴が開く)私はこれ以上高いものは買いません。

ゴーグル(¥15000)

img_7661

ゴーグルはレイジアイインターフェイスのものです。金額はだいたいですが、やはりこれも複数所持してるうちのひとつです。

なぜ複数所持しているかと言うと、壊れた時のスペアとして、そして売っても二足三文なので友人に貸したりしてます。

プロテクター(¥45000)

img_7620

ヘルメットと上下の金額です。別記事で詳しく解説しておりますのでそちらも参照下さい。

試してみて!0円プロテクターのススメ

インナー(¥20000)

img_7662

スポーツされる方にはお馴染みのCWXです。

他力本願でとにかくスノーボードに良いとされる道具は色々試したのですが、これもそのうちのひとつです。

いまだに効果があるのか自分でもよく分かりませんが(笑)サポートされている気はします。

ヒートテックでスノーボードってぶっちゃけどうなんですか?

ウェア(¥30000)

img_7664

ダブルエーというブランドのウェアをUPしました。

先ほどグローブの項でも説明しましたが、やはりウェアも複数所持しておりこれはそのうちのひとつです。

最近はこの写真のようないわゆるスノーボードウェアは着ない事が多いのですが、それだと参考にならないのでこのウェアを載せてます。

ウェア着ないでどうやって滑るの?という疑問もあると思いますが、別記事でまた詳しく解説しようと思います。

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?(初心者の方必見!)

最後に…

いかがだったでしょう?

ここで注目いただきたいのが金額です。

合計121,000円!

まぁもう少し安いものもありますが、基本専用のものを買うとそこそこ金額はかかるのです。

例えば「突然友人にフットサル誘われた!」としましょう。シューズとウェアで2万くらいあればナイキとかアディダスの良いものが買えますよね。

スノーボードはブランドで揃えたら12万ですよ!当然、これ以外に板もある訳で。最初は板、ウェアがレンタルだとしてもゴーグルとグローブで20000円超えます…誰でも躊躇しますよね。

スノーボードは行けば絶体楽しいスポーツですが、金銭面の理由で断って欲しくなかったのでこのブログを作りました。

ぜひ他の記事も参考にして節約術をお役立ていただきゲレンデに足を運んでもらえたら幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。