もう迷わない、初めてバインディングとブーツ購入!自分のベストが見つかるたった3つの基準

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

「スノーボード楽しくなって来たのでバインディングとブーツ購入します!」

すばらしい、今すぐ飛んでいってハイファイブしたいです!(笑)

「でもはじめて購入するので正直何を基準に購入していいか分からない」

安心してください、誰しもが最初はそうですから

ハイバック、カント、ディスク、ラチェット、フォアードリーン、シューレス、タン、ボア等…

早口言葉か!ってくらいの専門用語ラッシュ…迷うのは当然です。

この記事では、初めてのバインディングとブーツ購入で予備知識がなくても自分にベストなものが見つかるたった3つの基準をお教えします。

板のほうはこちらの記事を参照下さい。

もう迷わない初めての板購入!自分にベストな板が見つかるたった2つだけのポイント

選ぶ基準①サイズ

ブーツ選びが一番重要

まず大前提として選ぶ順序があります。

ブーツ→バインディング→板

の順です。

ブーツのサイズを基準にバインディングのサイズも決まってきます。そのバインディングのサイズをもとに板を決めます。

ここまではご理解いただけると思いますが、特にブーツが重要です。

なにせ体に触れているのはブーツだけですから。

シティーユースのスニーカーなどと違ってスポーツ用のブーツですから、サイズ選びもよりシビアになります。

大きすぎても小さすぎてもダメ。スニーカーのサイズで買うなんてもってのほかです。

ブーツが合ってないとどうなるの?

例えば大きいと板に装着していざ滑る時にかかとが浮き正確にコントロールできなくなります。

逆に小さいとつま先を痛めます。

せっかくレンタルを卒業して自分に合ったものを購入するのにこれでは本末転倒ですね。

自分にジャストなサイズを見つけるにはどうしたらいいの?

お店で試し履きするのが一番です。

確かに近所に量販店がない場合もあるかと思いますが、何万円もするものです。

時間や労力、数千円の電車賃を惜しんで自分に合わない物を買ってしまうより、やはりブーツだけは試した方が良いです。

友達にバートンを勧められたけど?ネットでの評判も良かったよ!

同じ足の長さでも足の甲が高かったり、偏平足だったり人によって足の形は千差万別ですのでネットのコメントや友達の意見を鵜呑みにするのもリスクがあります。

上位モデルのブーツはインナーブーツを自分の足型に成形できるものもありますが、それでさえサイズやブランドを間違えると足が傷む場合があるのです。

また、メーカーにより同じサイズ表記でもまったくサイズが異なる場合がありますので、

「この間試したとき26cmでジャストだったから、違うメーカーでも26cmで大丈夫だろう」

という考えも危険です。

くどいようですが実際に試し履きするのが一番です

どうしても売り場に行けない、ネットのみの販売しかない場合は?

インターネットの3点セットなどはそもそも店頭にない場合もありますね。

滑れない?壊れやすい?スノーボード3点セットの疑問に答えます!

どうしても行けない場合は自分の足をメジャーで測ってみてください。

実際履いているスニーカーとは長さが違うはずです。そのサイズを基準にしてください。

そして、インターネットなどで推奨サイズを選ぶようにしてください。

また、気持ち大きいサイズを選ぶようにしてください。サイズが小さいよりは幾分かましです。

バインディングのサイズ選びに関しては次項でお話したいと思います。

img_7696

選ぶ基準②相性

さぁブーツのサイズも決まって次はバインディングですが、

「サイズに関してはブーツに合わせて買うので迷う必要がないですよね!?」

いえいえ、そんなことはありません。

実はブーツとバインディングには相性があります。

今日は久しぶりの合コン。服装も髪型もバッチリで行って相手もすごい可愛い子、ノリも良かった!でも、会場の雰囲気や司会進行が悪くて盛り上がらなかった。

…というか、いきなり何の話(笑)

突然すみません、例えは悪いですが要はそういうことです。

いくらジャストなブーツ、最高な板を揃えても、板とブーツを結ぶバインディングとの相性が悪ければ台無しです。

最近は昔のように各メーカーでまったく合わないということは減りましたが、推奨サイズなど同じメーカーでないと参考になりません。

私自身苦い経験があります。持っていたブーツに合わせるためよく知らべもせずにインターネットでバインディングを購入。(ブーツとは違うメーカー)結果、サイズが合わず取り付けることができませんでした。

でも、ブーツとバインディングの相性なんて素人にはわかりません…

おっしゃる通りです。

店頭でブーツと一緒に買えばその場でバインディングを合わせられますが、すべての方がそういったシチュエーションで購入するとは限りませんね。そもそも、その場で合わせても自分自身それが正解なのかわかりませんし、店員さんも必ずスノーボードの知識があるとは限りません。

そんな時に相性を考えなくても良い方法があります。

それはブーツと同じメーカーで揃えることです。

当然同じメーカーですので相性が悪いということはありません。※あくまで同じシーズンに販売しているモデルに限ります。

ですので、初めて購入する場合ブーツ、バインディング、板全てをリリースしている大手メーカーのブランドで揃えた方が安心かもしれません。

バートンホームページ

サロモンホームページ

K2ホームページ

上記はらくスノおすすめメーカーです。

スノーボードの総合ブランドで商品数も多く、値段もお手頃です。

3点セットの場合は相性を考えなくても良いので楽ですね。

滑れない?壊れやすい?スノーボード3点セットの疑問に答えます!

ちなみにスノーボードのトップブランドバートンはチャンネルという独自のシステムで作っているため、他のメーカーですとバインディングと板を取り付けることができないということもありますので、購入の際は特に注意が必要です。

選ぶ基準③金額

最後の基準はズバリ金額です!

金額が安いものを選んでください。

メーカーでは安いモデル=入門モデルと位置づけてるからです。

理由については別記事で詳しく書いていますので、そちらも参照ください。

もう迷わない初めての板購入!自分にベストな板が見つかるたった2つだけのポイント

最後に…

いかがだったでしょう?

上級者の方で知識をお持ちであれば、いろいろな要素を検討材料にできるのですが、初めてのブーツとバインディング購入であまり選ぶ基準が多いとかえって混乱してしまいます。

少なくても上記の3点を守っていただければ、失敗することはありません。

絶対に妥協してはいけないものとは?

そして、私が声を大にして言いたいことが…

デザイン重視で買ってください!

ということです。

デザインなんて二の次なんていうのは戯言です。

例えばデートの時、「どうしても納得できる服がなかった」とか「メイクや髪型が決まらなかった」としましょう。

どんなに綺麗な夜景を見ても、どんなに美味しい料理を食べてもなんかテンション上がらないですよね。

同じことです。

自分にとって最高の機能を備えていても、最高のデザインにはかなわないのです。

この記事をご覧いただき、最高の道具に出会ってもらえれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。