スノボフェアで購入するメリットは?冬スポに行ってきたのでレポートします!

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

10月も後半になると、全国各地のホールやアリーナで冬スポが開催されます。

同じ会場でウェアからボードまですべて揃うのは魅力的ですよね。

しかし、冬スポにはメリット・デメリットがあります。

あらかじめ知っておかないと、購入後に後悔することになりかねません。

今回はスノーボード歴20年のベテランが、実際に冬スポに行って感じたメリット・デメリットを赤裸々にお話したいと思います。

最後まで読めば、もうスノーボードフェアの購入で失敗することはありません!

※今回の記事は個人の感想です。あらかじめご了承ください。

冬スポのメリット・デメリットとは

今回私は幕張メッセで開催された冬スポに参加してきました。

長年スノーボードギアを見てきた私が感じた、冬スポのメリット・デメリットとは以下の点です。

■メリット

  • 品数が豊富
  • キッズコーナーが充実している
  • 店員さんの熟練度が向上している

■デメリット

  • 上位モデルが少ない
  • バートンのラインナップがほとんど無い
  • インターネットと比べると割高
  • 初期不良や修理のことを考えると不便
  • セッティング・レジが混雑しすぎ

次項から詳しくお話していきます。

冬スポはブランド・品揃えが豊富

さっそく会場に到着しましたが、内部は撮影禁止なのでここからは文章のみでお話します。

まず気になるのが品揃えですよね。

さすがスノーボードフェアというだけあって、取り扱いブランド・品数はかなり豊富だと思います。

スノーボード天国はどちらかというとアウトレットが中心なので、多くのブランド・モデルを見たいなら冬スポがおすすめですね。

キッズ・ジュニアの品ぞろえも豊富

キッズ・ジュニア用ギアって売れ筋じゃないので、専門店に行っても品数が少ないんですよね。

それにスノーボードショップは狭いし、子どもが走り回ったりしてゆっくり買い物できないじゃないですか(笑)

その点、広い会場にキッズスペースまであるスノーボードフェアは、家族連れにはもってこいですね。

販売員さんのレベルが高い!

今回、会場に行って一番のサプライズが、熟練した販売員さんがかなり多かったことです。

数年前私がスノーボードフェアに行った時は、スノボ知識ゼロのアルバイトさんが多かった印象です。

しかし、近年はライダーやショップ・メーカーなどいろいろな関係者が応援に駆けつけているらしく、実際質問に対しても的確に答えてくれました。

下位モデルが中心のラインナップ

上位モデルが少ないのでその点は留意しておく必要がありますね。

安価なブランドとして有名なジョイライド・スプーン・ツマがブースのかなりの部分を占めていました。(スノーボードギアブースの1/5くらい)

その他のブースも、おおむね下位モデルが多かったです。

上位モデルを見たい方はスノーボード天国をおすすめします。

スノーボード天国と冬スポの違いは?どちらのほうが安い?現地に行って比較してみた

バートンのラインナップが無い

スノーボードブランド最大手であるバートンのギアはほとんどありません。

しかも、数少ないバートンも型落ちの不人気モデルばかり…

そして、なぜかマイナーブランドがやたら広い範囲に展開してたりと、ブランドの規模がブースに比例していないのが印象的でした。

インターネットよりも割高

会場を借りて開催しているわけですから、インターネットより高いのは当たり前。

実際にギアを見て選べることを考えると、「ネットよりも高い!」なんていうのはナンセンス。

しかし、返品や修理のことを考えると、店舗で購入するより不便であることは否めません。

また、お買い得感を前面に出してますが、神田にあるスノーボード専門店の相場と比べても特別安い印象はありません。

安さを求めるならスノーボード天国がおすすめです。

時間によってはディズニーランド並みの混雑

今回もっともいただけなかったのが、ディズニーランド並みの待ち時間ですね。

しかも、待っているだけならともかく、皆さんボードやバインディング・ブーツを抱えているわけです。

体力的にもかなりきついので、スノーボードフェアに行く前にある程度覚悟しておいた方がよいと思います。

セッティング・ワックスコーナーは90分待ち

セッティングとワックスのサービスが(14時の時点で)90分待ち!

しかもボードやバイン・ブーツを持ちながら列に並ばなければなりません。

セッティングやワックスなんて家で10分くらいでできるので、それを考えるとあれだけ並ぶのはかなりきついですね。

レジは15~20分待ち

レジは計12台ありましたが、どのレジも14時の時点で20人ほど並んでおり、だいたい15~20分待ちでした。

当然、レジでもギアを抱えながら並ぶので体力勝負です。

ギアコーナーはそこそこ、ウェアコーナーは人が通れないほど混雑

板・ブーツ・バインディングはそうでもないですが、ウェアコーナーは人が通れないほど混雑していました。

皆さんその場で羽織ったり、友達や恋人に相談しながら選んでいるのでどうしても混んでしまうのでしょうね。

混雑を避けたかったら、開場時から買い物することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後にスノーボードフェアのメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

■メリット

  • 品数が豊富
  • キッズコーナーが充実している
  • 店員さんの熟練度が向上している

■デメリット

  • 上位モデルが少ない
  • バートンのラインナップがほとんど無い
  • インターネットと比べると割高
  • 初期不良や修理のことを考えると不便
  • セッティング・レジが混雑しすぎ

混雑とアフターフォローを除けば、いろいろなブランドのギアをその場で見ることができるのはとてもいいですね。

しかし、初期不良や修理の手間はインターネットで購入するのと変わらないので、その点は留意しておく必要があると思います。

スノーボードの道具ってどこで買えばお得なの?購入方法とメリット・デメリットまとめてみたよ

興味のある方は、ぜひ冬スポに行かれてみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボード天国と冬スポの違いは?どちらのほうが安い?現地に行って比較してみた

メルカリも注意!?知らなきゃ損するスノーボードギア中古購入の落とし穴とは

初めてのスノボ板、バインディング、ブーツ購入!ギア選びで失敗しない4つのポイントとは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。