キャップ・ハットでスノボは危ない?着用のコツやライダーさんの着こなし例紹介します

※本ページは広告が含まれています。

こんにちは、20年以上スノーボードしている元イントラの、らくスノです。

まず結論からいえば、筆者自身キャップ・ハットを被りながらスノボしてて危なかったことは一度もありませんでした。

ただ、ニット帽にくらべ滑走中に外れやすいので、ゴーグルで挟むなどの対策は必要です。

この記事では、キャップ・ハットで滑っても問題ない理由や、滑走中に外れにくくする方法について解説。

さらに記事の後半では、ライダーさんの着こなし例やおすすめキャップ・ハットブランドも紹介します。

キャップ・ハットでスノボしても危険なことはない

20年以上スノボでキャップ・ハットを愛用してますが、怪我をしたことは一度もありません。

よく「つばが危ない」なんて言われますが、実際は転倒すると外れますからね。

もちろん初心者の方ならニット帽やヘルメットを被ることを推奨しますが、ある程度滑れるならキャップ・ハットで問題ないです。

※ニット帽はクッション性が高いので、転倒時に衝撃を和らげる効果があります。

ただキャップは危険性よりも、

  • 滑走中に外れやすい
  • 空圧で首をもってかれそうになる
  • 単純に寒い

上記の問題のほうが大きいですね。

キャップでスノーボードする時の3つのコツ

実はちょっと工夫するだけで、キャップやハットでも快適に滑れるようになります。

■キャップでスノボする3つのコツ

  • ゴーグルバンドに挟んで落下防止
  • つばを曲げたり後ろ被りで風圧を回避
  • バラクラバ(目出し帽)やネックウォーマー併用で防寒対策

次項から詳しくお話ししていきます。

ゴーグルバンドに挟んで落下防止

ニット帽のように密着性がないキャップは、滑走時に風で飛ばされたり、転倒時に落下する恐れがあります。

滑走時はゴーグルバンドで挟むと外れにくくなりますよ。

また、最近ではスノーボード用のキャップ・ハットも販売されています。

スノーボード専用ヘッドギアは、風で飛ばないように耳やマジックテープ付きのものが多いです。

専用のキャップを選べば落下のリスクも減りますね。

つばを曲げたり後ろ被りで風圧を回避

img_7878

キャップやハットはツバ部分が風を受け止めて、首がもってかれそうになります(笑)

風圧対策として、ツバを曲げたり後ろに被ると風の影響を受けにくくなります。

バラクラバ(目出し帽)やネックウォーマー併用で防寒対策

街用のキャップははっきり言って寒いです(笑)

春スノボなど気温が高ければ良いのですが、トップシーズンはさすがに辛い…

スノーボード専用キャップは裏ボアや耳あてが付いているので、防寒もバッチリです!

また、バラクラバ(目出し帽)やフェイスマスクと併用して被っているボーダーさんもいます。

これなら街用のキャップ・ハットでも寒くありません。

ライダー&スノボ系インフルエンサーさんのキャップ・ハット被り方例

ここからはライダー&スノボ系インフルエンサーさんのキャップ・ハットの被り方例を紹介したいと思います。

気になる着こなしがあれば、さっそく真似てみましょう。

※Safariからご覧になると、プライバシー保護機能によりInstagramが正しく表示されない場合があります。

平間和徳

私の尊敬するライダー、ラマさんのキャップスタイル。

キャップの上からフードを被ることで風対策してますね。

いぐっちゃん

ご存知有名スノー系youtuberであり、WEXをプロデュースしているいぐっちゃん。

トラッパーハットはもはやトレードマークになりつつありますね。

トラッパーハットは風圧に強く、保温性も高いのでトップシーズンにおすすめです。

笠原啓二郎

WOWのドギーさんはメッセンジャーキャップを愛用してますね。

一般的なベースボールキャップよりもツバが短いので、風圧問題も解消します!

赤川隼多

トラッパーハットは、ゴーグルバンドで挟めるから落下しづらい。

さらに暑い時は耳を外すだけでも体温調整もしやすいです。

平田巧

平田巧プロのトラッパーハットは最高にあたたかそうですね。

暑い時は耳あて部分をアップすれば快適に過ごせます。

堀井優作

唯一無二のスタイル、私も大好きなライダーの一人である堀井優作プロ。

キャップやハットではありませんが、スノボウェアにハンチングは個性が爆発ですね。

広野あさみ

アースカラーのコーデがおしゃれですよね!

スノーボード専用ブランドだと耳付きワークキャップも販売しているのでおすすめです。

あすかだよ

ピーカンファクトリーでも大人気のだよ〜さん!

つばが柔らかいワークキャップだと、風圧を受け流してくれます。

星野文香

Who’sTVの星野文香さん、トラッパーハットがお似合いです。

うどん

スノボ界のグラビアアイドル、うどん先輩のキャップONニット!

スイカ

パークやストリートで大活躍、スイカさんのシンプルなキャップスタイルです。

低速でのジブ・グラトリなら風圧対策しなくても快適に滑れます。

おすすめのスノーボード用キャップ・ハットブランド8選

最後はおすすめのスノーボード用キャップ・ハットブランドを紹介したいと思います。

  • ハイマスマニア
  • エビス
  • ザ・ノースフェイス
  • パタゴニア
  • バートン
  • ボルコム
  • エレクトリック
  • コール

スノーボード関連のブランドに絞りました。

次項から詳しく解説します。

ハイマスマニア

スノーボード用ヘッドギアにおすすめなのがハイマスマニアです。

ハット、キャップ、ヘアバンド、ワークキャップ、バンダナ等…他ブランドを圧倒するヘッドギアの種類とカラー。

しかもスノーボード用に作られているので、耳あて、裏ボアなどの防寒性はもちろん、あごひも付きだから風圧で外れることもありません!

1,000円台〜購入できる価格帯も魅力的ですね。

なによりハイマスマニアのヘッドギアを愛用している私が太鼓判を押します。

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

公式サイト→スノーボードとスポーツのPeace

エビス

created by Rinker
¥2,260 (2024/06/16 19:24:19時点 楽天市場調べ-詳細)

グローブやボードケースなど、スノーボード系の小物を販売するブランド。

エビスのハットはシルエットが独特でおしゃれ。

しかも耳あてやあごひも・裏ボアなど、ゲレンデでの使用に配慮した機能が満載です。

ザ・ノースフェイス

created by Rinker
¥6,600 (2024/06/16 16:41:55時点 楽天市場調べ-詳細)

ご存知、アウトドアブランドの雄、ザ・ノースフェイス。

ミーハーではありますが、やっぱりロゴがかっこいいですよね。

さらに厳冬期の登山にも耐えうるパフォーマンスは、ゲレンデでも活躍してくれること間違いなし。

パタゴニア

created by Rinker
¥7,980 (2024/06/16 19:24:19時点 楽天市場調べ-詳細)

ザ・ノースフェイスと並ぶ人気アウトドアブランド、パタゴニア。

高機能でありながら、遊び心も忘れないデザインが魅力的。

ウェアのアクセントにもぴったりです。

バートン

created by Rinker
¥5,280 (2024/06/16 20:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

スノーボードのトップブランド、バートン。

ニューエラっぽい王道シルエットのキャップを多数ラインナップします。

モノトーンコーデにもおすすめです。

ボルコム

created by Rinker
¥5,280 (2024/06/16 20:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

海外のトップライダーも使用する、ボーダー憧れのボルコム。

着用しているだけで上級者オーラが出ます。

ウェアやグローブは値段が高いですが、キャップなら気軽に購入できますね。

エレクトリック

created by Rinker
¥4,928 (2024/06/16 20:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

稲妻のアイコンでおなじみの人気ゴーグルブランド。

ゴーグルブランドにも関わらず、ヘッドウェアのラインナップが豊富なんですよね。

一見してエレクトリックとわかるデザインではないので、別ブランドのゴーグルを着用しても違和感がありません。

コール

created by Rinker
¥5,720 (2024/06/16 20:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

アメリカ発のヘッドギア専門ブランド。

スケートやスノーボードカルチャーに影響を受けており、ワッペンや刺繍のデザインにも顕著に現れていますね。

被っているだけで、こなれ感半端ないブランドです。

まとめ

キャップで滑っても危険なことはないです。

「スキー場ではニット帽を被らなければいけない」なんてルールはありませんからね。

ゲレンデでもキャップでおしゃれを楽しみましょう。

ただし、初心者の方はおすすめしません。しっかりヘルメットで安全対策してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。