目からウロコ!グラトリバックサイド180のコツは昇竜拳だった!?【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

おかげさまで、簡単グラトリシリーズの記事が好評なので、気まぐれで続きを書くことにしました(笑)

今回のハウツーはグラトリのバックサイド180です。

グラトリとしては初級の技ですが、着地が見えない分かなり難易度は高いといえます。

でも、練習方法とコツさえ分かればすぐできるんですよ〜

ずばり、今回のポイントはしょ~りゅ~けん!です。

ぜひこの記事を参考に気軽に試してみてください!

※ターンまでできる方向けに解説しています。

※この記事で解説する技は、オーリーバックサイド180です。

バックサイド180とはなんぞや?

ここからは、すべてレギュラースタンスで説明させていただきます。

グーフィースタンスの方は逆で考えて下さい。

バックサイド180とは、レギュラースタンスから時計回りに180度回転する技の事です。

別名ブラインド180とも言います。

ブラインド…なんて怪しい名前でしょう(笑)

そうなんです、やってみると分かりますが実際着地がブラインド(見えづらい)なんです。

一般的にはフロントサイド180より難しいとされています。

回転系の技が初めての方は、下記の記事に心得やセッティング方法など詳しく書いておりますのでこちらも参照下さい。

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます【スノーボード】

練習方法①止まった状態で回ってみよう!

では、実際に回ってみましょう。

と言っても最初は止まった状態です。

フラット(平ら)な場所で周りに人がいないか確認してから始めて下さい。

まず、腰を落として上半身を回る方向と逆にして構えます。

そこからジャンプして180度回ります。

ここで昇竜拳ジャンプだ!

ここでタイトルにもありました昇竜拳を発動します!

昇竜拳とは、私も大好きなカプコンで発売している格闘ゲーム「ストリートファイター」のキャラクターリュウの必殺技です。

実はこの技、バックサイド180の動きそのまんまなんですよ!

出典:「SAIKYOBLOG」より

白い道着がリュウです。

この技のようにレギュラースタンスの方なら左手を天高く拳を突き上げながら180度回転します。

すごくタイミング合わせやすいので、特にグラトリ初心者の方にはおすすめです!

…まぁ、タイガーアッパーカットでもいいんですがね(笑)

何度かやればほとんどの方はできると思います。

スイッチスタンスは練習したほうがいいですよね?

いえ、個人的にはスイッチスタンス(フェイキー)は必ずしも必須ではないと思ってます。

いままで教えた人の中にも、スイッチで滑ることができないにもかかわらず180できちゃった方がいらっしゃいました。

もしスイッチスタンスをマスターしていなくても、着地をしたあとスライドさせてもとのスタンスに戻れば良いだけですから。

ただ、今後複数の技を連続でやりたい(コンボトリック)ということであれば、スイッチスタンスも覚えておく必要があると思います。

並行して一緒に練習すると上達が早いかもしれません。

30分でできる!スイッチスタンス(フェイキー)のコツ教えます【スノーボード】

練習方法②滑りながら回ってみよう!

では、実際に滑りながらやってみましょう。

最初はもちろん初心者コース。

それもできるだけ傾斜が無いほうが望ましいです。

また、スピードも抑えてください。

ポイントは3つあります。

  1. つま先ジャンプ、つま先着地
  2. オーリーは意識しない
  3. 高く飛ばなくても良い

つま先ジャンプ、つま先着地

バックサイド180は着地時に逆エッジする確率が非常に高いです。

着地が見えないから感覚が分からず、エッジが引っかかってコケちゃうんですね。

そうならないためにつま先ジャンプ、つま先着地を意識してみてください。

「らくスノさん。いきなりそんなこと言われてもいきなりできないよ!」

…いえいえ、ターンはできますよね。

向かって右側に進むときエッジはどうなってますか?

はい、つま先です!

右側に進む時にジャンプしてみましょう。

自然につま先のエッジに加重されているので、このタイミングでジャンプすれば逆エッジになりづらいです。

オーリーは意識しない

オーリーとは後ろ足を使ったジャンプなんですが、実は180まではオーリーしなくてもできます。

ですので、最初はあまりオーリーをせずに、ジャンプして回すことだけに集中してください。

この時点でオーリーが未完成でもまったく問題ありません。

いろいろな技を試すうちに自然に身に付きますから。

高く飛ばなくても良い

最初は高く飛ばなくても良いです。

…というか、飛ばなくてもいいです。

上半身だけタイミングを合わせて(昇竜拳ね!)飛ぶフリをしてボードをスライドさせながら回ってみてください。

慣れてきたら、少しづつ飛んでみます。

練習方法③90度あたりから飛んでみる

まずはこの映像をご覧下さい。

「う~ん、思っていたバックサイド180と違うかな…」

いえいえ、これも立派なバックサイド180なんですよ(笑)

確かにターンの時点で90度回してますし、ほとんどジャンプしてません。

でもね、最初はこれでいいんです!

バックサイド180はフロントサイド180と違って、着地が見えない分逆エッジに対する恐怖心が大きいです。

なので、最初はこうやってズルでもいいから「着地が見えなくても逆エッジしない」ということを体と脳に覚えさせます。

だんだんと恐怖心も抜けるので、徐々に60度、30度くらいからジャンプしてみて下さい。

最終的には180度ビタで回すことができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕がはじめて挑戦したとき、バックサイド180はとにかく逆エッジが怖かった記憶があります。

グラトリに限らず、フリースタイル競技はいったん恐怖心が付いてしまうと克服するのが難しいのです。

実際私も現役時代ジャンプ台で骨折した時、回復後もとに戻すのに苦労しました。

ブランク以上に恐怖心が大きくなって飛べなくなってしまうからです。

ですので、勇気や根性で技を試すのではなく、この記事のように順序立てて覚えて行くほうが結果的に効率が良かったりします。

とてもおしゃれな技ですので、ぜひこの記事を参考にしょ~りゅ~けん!していただければと思います(笑)

参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。