誰でもできる!立ったままバインディングをつけるたった1つのコツとは【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回は、立ったままバインディングをつけるコツについてお話ししたいと思います。

「立ったまま装着するなんて上級者しかできないでしょ?」

いえいえ、全くそんな事はありません、誰でも簡単にできます。

実は立ったまま装着するコツはたった1つだけなんです。

では、たった一つのコツとはなんでしょうか?

具体的な方法については、次項から解説させていただきますね。

 

立ったままバインディングを装着するメリットとは?

コツをお話しする前に、立ったままバインディングを装着するメリットとは何でしょうか?

  • ウェアが濡れない
  • お尻が冷えない
  • 装着が早い
  • 場所をとらないので他の滑走者の邪魔になりにくい

特にウェアが濡れないのは重要ですね。

気温の高い春スノーボードでは、座るとすぐにお尻が濡れてしまいます。

ゲレンデで上級者に見えるかどうかはともかく、立ったままバインディングをつけることができると、こういったメリットがあります。

立ったままバインディングをつけるコツとは

では、立ったままバインディングをつけるコツとはなんでしょうか?

それは、平らな場所を作って装着する事です!

…釣りではないですよ、ページはそのままでお願いします(笑)

そんなの当たり前じゃないと思った方、実はこれには理由があるのです。

自宅でやってみよう!

マイボード一式持っている方は、まず自宅で試してみましょう。

立ったままの状態でバインディングを装着してください。

…そうなんです、誰でもできちゃうんですよ!

では、なぜゲレンデで装着することができないんでしょうか、不思議ですよね?

ゲレンデでやってみよう!

では実際にゲレンデでやってみましょう。

…とは言っても最初はスタート位置ではなく、センターハウス前などのフラットで傾斜がない場所で練習します。

先ほど自宅で試したように、立ったままバインディングを装着してみてください。

… … …そうなんです、誰でもできちゃうんです!

ここまで練習してみて、ほとんどの方は

「なにこれ、上級者じゃなくても全然できるじゃない!」

と思ったはずです。

まさにコロンブスの卵、ゲレンデで立ったままバインディングを装着している上級者風の人達は、ただの幻想だったんです(笑)

私はどのレベル?スノーボード初心者や中上級者の基準とは

装着場所でやってみよう!

はい、今度はスタート位置で装着してみましょう。

「あれ、とたんにできなくなっちゃった…」

そんな方も多いのではないでしょうか。

不思議ですよね、さっきまで楽に装着できていたのに。

では、冷静に自分の足元を見てみましょう。

ボコボコしていたり、傾斜があったりしませんか?

そうなんです、立ったままバインディングが装着できない最大の原因は足元にあったのです。

足元が安定しないと装着が難しい

足元が不安定だったり傾斜があると上級者でも装着は難しいです。

装着時に足元がボコボコしていると、トゥ・ヒールエッジ(つま先とかかとのエッジ)でバランスを取らないといけないので、結果体勢が保てなくなりコケてしまうのです。

また、傾斜があると自然に板が滑ってしまうため、やはり早々にコケてしまいます。

平らな場所を作ってみよう!

ここでやっと、装着時のたった一つのコツ”平らな場所を作って装着する”が出てきます。

自宅でもゲレンデでも、フラットな場所では簡単にバインディングを装着できたわけです。

要はコースのスタート位置でもフラットな場所を作ってあげれば良いのです。

まず、片足だけバインディングを装着した状態で、コースの傾斜が始まる一歩前くらいのところに装着するための場所を確保します。

次に、板を固定するために、ヒールエッジ(かかとのエッジ)で雪面を平らにするイメージで削ります。

 

するとどうでしょう、板が滑らず動かず固定されます。

横から見た時のイメージ

…そうなんです。

立って装着できるかどうかは上手い下手ではありません、場所作りなんです!

きっちり平らにする必要はありません。板が固定されればOKです。

アイスバーンの場合は?

標高が高いゲレンデでは、アイスバーンになってる場合がありますよね。

「ヒールエッジで削っても固くて全然平らにならないよ〜」

そんな時、どうやって立ちながら装着するのでしょうか?

人の装着した跡を使う

すでに他の方が削って装着した跡があったらラッキーです。

自分で削るまでもなく、その場所を使って装着しましょう。

引っ掛かる場所を作る

アイスバーンで普段の雪のようにフラットな場所を作ってしまうと、その場で固定せずに動いてしまいます。

そこで、図のように平らにするのではなく引っ掛ける場所を作ってみます。

そうすると、少ない労力で装着場所を作ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

立ってバインディングをつけるなんて誰でもできるということをご理解いただけたと思います。

怪我することではないですし、ぜひ気軽に試してみてください。

今度はあなたが周りをびっくりさせる番です!

立ちながら装着して友達をびっくりさせましょう(笑)

参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です。

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー(未経験の方必読)

ワックスってなんですか?塗らなくちゃいけないの?素朴な疑問にお答えします!


 
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。