安くても高品質!ワークマンのトレッキング用品を買って全身コーデしてみた!

こんにちは、元スノボインストラクターの、らくスノです。

夏場は山歩き初心者の方向けにハイキング・トレッキングの情報を発信しています。

これからハイキング・トレッキングを初めてみたいなんて方も多いのではないでしょうか。

でも、専用の用具は高額なので、全身そろえたらお金がいくらかかるか分かりません。

それに、トレッキング用具は消耗品なので、毎回買い換えるのも大きな負担になります。

そんな方におすすめなのがワークマンのトレッキンググッズ!

アウトドアブランドの1/3以下の価格帯で、しかも高品質。

なんとリュックとブーツ以外のトレッキングウェアが全身そろってしまいます。

今回は登山歴20年以上の筆者が、実際にワークマンのお店に行って全身コーデしてきました。

この記事を最後まで読めば、ワークマンのトレッキング用品で激安トレッキングを始めることができます。

ワークマンのトレッキング用品で全身コーデできる!

写真のザックとブーツ以外、すべてワークマンで買ったんですよ!

「ワークマンって作業着の会社じゃないの?」なんて思った方はもう古い。

現在では作業着で培った動きやすく頑丈なウェア作りのノウハウを、アウトドア用品に落とし込んでいます。

まぁ論より証拠ということで、下記の商品を購入して実際に全身コーデしてみました。

  • トレッキング長袖シャツ(税込1,500円)
  • ストレッチパンツ(税込1,900円)
  • メッシュハット(税込980円)
  • 透湿ストレッチレインウェア(税込4,900円)
  • フリース(税込1,900円)
  • スポーツタイツ(税込1,500円)
  • クールソックス3足セット(税込1,304円)
  • クッショングローブ(税込580円)
  • スポーツサングラス(税込980円)
  • 冷感タオル(税込499円)
  • 防蚊冷感フェイスマスク(税込795円)

どうですこの価格破壊!

たしかに値段でいったらインターネットショップも安いですが、送料がかかるうえに試着できません。

それを考えたら、最強のコスパです。

とはいえ、安かろう悪かろうでは困りますよね。

次項からは各アイテムを順番に解説していきます。

汗をかいてもドライな肌触り!トレッキング長袖シャツ

無雪期のトレッキングは日に焼けるので、ハイネックの長袖シャツは必需品ですね。

ワークマンのトレッキング長袖シャツの特徴は、ブロック加工による吸水性の高さと動きやすさ!

当然のように吸水速乾素材で作られていますが、その辺りの生地とはわけが違います。

なんと吸水性を高めるため、裏地がブロック(凸凹生地)になっているのです!

素早く汗を吸ってくれるのでいつでもドライな肌触り、嫌なベトつき感がありません。

肩から脇の下部分が立体裁断になっていて、腕が動かしやすい。(黒い部分ですね)

腕を上に伸ばしても、引っ張られる感じは一切ありません。

さらに喉元部分にあて布が施されていたり、グローブをつけたままでもチャックがつかみやすいのはよくできていますね!

ワークマンのロゴが目立たないのもGOOD。

でかでかとフィールドコアってロゴが入っていると、さすがに恥ずかしいので…(笑)

遮熱効果も高く、太陽光を反射し、衣類内の温度を-5℃も抑制してくれるそうです。

驚くほど伸びる!3Dストレッチパンツ

ワークマンのストレッチパンツの特徴は、立体裁断と伸縮性の高さです。

写真だと分かりづらいですが、ひざ部分が立体に縫製されているので足の曲げ伸ばし運動がしやすい!

【GIF】

さらにこの伸縮性!

実際山道を登っていても、歩行を邪魔しません。

唯一の惜しい点はポケットにチャックが無いこと。

落下の恐れがあるので貴重品やスマホなどは入れておけません…

それでも値段を考えれば、コスパは高いですね。

涼しくてもUVはしっかりカット!メッシュハット

ツバの広いハットは、日差しの強いトレッキングでの必需品!

このメッシュハットの特徴は、風通しの良いサイドメッシュと速乾素材で蒸れない…

実はそれだけではありません。

しっかりヒモが付いています。

ハットはヒモが付いてないと、トレッキング中に風で飛ばされてしまいますからね。

豪雨にも耐える!透湿ストレッチレインウェア

山は天候が変わりやすく雨宿りできる場所がないので、レインウェアは必須です。

ワークマンのレインウェアは耐水圧20,000mmと、豪雨にも耐える機能性を有しています。

しかも見た目もおしゃれなうえに透湿性も3,000g/㎡あるので、ウインドブレーカーとしても併用できる!

【GIF】

論より証拠。

この水の弾き具合を見ればワークマンの凄さがご理解いただけると思います。

裏側はシームレステープ加工(縫い目を隠す加工)が施されており、縫い目から雨が染み込む心配もありません。

フードも絞れるし、チャックもつかみやすい!

収納袋付きで、リュック内にコンパクトに入れておけますね。

ただし、唯一欠点を言うとすれば、パンツのすそにジッパーが無いこと。

だからパンツを着る際は靴を脱ぐ必要があります。

唯一のデメリットさえ受け入れることができれば最強のレインウェアですね。

保温性の高いアルミプリントを使用!フリース

標高が上がると、真夏でも肌寒く感じる時があります。

そんなときは、アウターとは別にミドルレイヤー(中間着)を持参しましょう。

ポリエステル100%なので濡れても乾燥しやすく、行動着にもぴったりです。

ワークマンのフリースは裏面に保温性の高いアルミプリントを使用。

さらに長袖シャツと同じく脇の下が立体裁断になっており動きやすい!

またユニクロのフリースと違った風合いで、肌触りも良いです。

下半身をフルサポート!スポーツタイツ

当然ながら、トレッキングは下半身に負担がかかります。

私もトレッキングするときは必ずスポーツタイツを履きますが、スキンズやCWXは1万円以上…

でも、ワークマンならわずか1,500円でスポーツタイツを購入できます!

ひざ部分がX字になっており、サポート力は抜群。

おまけに軽量、吸水速乾、高ストレッチ、UVカットなどの機能を備えているので、トレッキング以外のスポーツにも使えますね。

ズレにくくぴったりフィット!クールソックス3足セット

ワークマンは靴下も高機能なんです。

吸水速乾性に優れたクールマックスを使用、ドライな状態を保ってくれるので長時間の歩行でも快適です。

つま先とかかと部分は厚手になっており、しっかり足を保護してくれます。

パイル生地なので、肌触りもいい!

カラーもたくさんラインナップされているので、ウェアに合わせてチョイスできますよ。

衝撃を吸収してくれる!クッショングローブ

個人的にはトレッキンググローブを持参することをおすすめします。

怪我の防止はもちろん、岩場登りや薮を通るときに重宝します。

ワークマンのグローブは580円なので、持参して損はないと思いますよ。

たくさんラインナップがありますが、私はクッショングローブを選びました。

滑り止めがついているうえに、万が一転倒したときにクッションが手を守ってくれます。

おまけにスマホ対応なので、地図アプリなどを使っている方は便利ですね。

偏光レンズ使用!UVを99%カットするスポーツサングラス

トレッキングにサングラス使うと、すぐに傷がついてしまうんですよ。

だからサングラスこそ安いもので十分!

ワークマンは偏光レンズ、紫外線99%カットと基本的な機能は満たしています。

流線型のフォルムはフィット感も抜群。

目元・耳元がクッション素材なので、長時間使用しても疲れません。

防蚊冷感フェイスマスク

感染症はもちろん、日焼け対策としてもおすすめなのが防蚊冷感フェイスマスク。

特に夏季トレッキングは、帰宅すると肌がヒリヒリするくらい日に焼けます。

実際、紫外線・環境保護マニュアルによると、高度1000mで紫外線が10〜12%も強くなるそうです。

ワークマンのフェイスマスクなら、マスクを着用したまま飲み物を口にすることができます。

冷感なので、真夏のトレッキングでも涼しく快適ですよ。

吸水性が高く水に濡らすとひんやり!冷感タオル

コーデとは直接関係ないのですが(笑)ワークマンの冷感タオルがあまりに良かったので紹介させていただきます。

吸水性に優れ、肌触りも抜群!

タオルを濡らせば、強い日差しでほてった体をクールダウンこともできます。

さらに499円という値段でありながらケースとカラビナまで付いてる!

リュックに取り付けることができるので、行動中も重宝しますね。

トレッキングに使うならフィールドコアを購入しよう!

出典:ワークマンホームページ

今回紹介した商品は本当にごくごく一部で、お店に行くとたくさんのラインナップが並んできます。

もしどんな商品を選んだらよいか分からない場合は、フィールドコアのロゴを目印にしてください。

なぜなら、フィールドコアがまさにワークマンのアウトドアラインだからです。

少なくてもフィールドコアラインを購入すれば、機能的に失敗することはありませんよ。

ワークマンのトレッキング用品のデメリット

いいことばかり書いても信頼感がないのでデメリットも書こうと思ったんですが…

どれだけ考えても、これといったデメリットはないんですよね。

そもそも激安なので、もし気に入らなくても金銭的な負担は少ない。(買ったあとに後悔する可能性は低いけど…)

あえていうなら、「ワークマンってばれると恥ずかしい?」くらいかな(笑)

ただし、ブーツとリュックだけは適当な商品が見当たりませんでした。

ブーツに関しては、1,900円(税込)で購入できるアウトドアシューズでの代用も可能できます。

コスパ最強!ワークマンのアウトドアシューズでトレッキングできるか検証してみた

「いやいや、やっぱり専用の用具が欲しい」なんて方は、スポーツオーソリティーのPBや、世界最大のスポーツ用品店のデカトロンがおすすめ!

実際私が購入したスポーツオーソリティーのトレッキングブーツは4,480円、デカトロンのリュックは20ℓ990円と激安です。(写真で着用しているもの)

詳しくは下記の記事も参照ください。

世界最大のスポーツ用品専門店!デカトロンのおすすめトレッキングギア4選

これはお得!スポーツオーソリティーのPBトレッキング用品マストバイ4選

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワークマン商品のコスパ・品質の高さがご理解いただけたかと思います。

少なくても無雪期のトレッキングならワークマンのウェアでまったく問題ありません!

今回ご紹介した商品は本当にごく一部なので、ぜひ一度お店に行ってみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ブーツ、ザック、ウェア合わせて1万円以下!?激安ギアで節約トレッキングはじめよう

賢く節約!ユニクロで激安トレッキングをはじめてみよう

100円均一で購入できる!トレッキングに使えるお役立ちアイテム20選


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。