フリマアプリも要注意!?知らないと損をするトレッキングギア中古購入の落とし穴とは

こんにちは、元スノボインストラクターの、らくスノです。

夏場は山歩き初心者の方向けにハイキング・トレッキングの情報を発信しています。

「トレッキング用品はどれも高価だし、中古で安くそろえようと思います!」なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

たしかに中古品なら、新品を購入するよりお安くトレッキング用品をそろえることができますよね。

しかし、ある程度ギアに関する知識がないと、とかえって損してしまうことも…

だからトレッキング初心者の方が中古品を購入する際は注意が必要です。

今回は前半で中古品購入のリスク、後半で失敗しないコツをお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、中古ギアをうまく使ってお得にトレッキングできるようになりますよ。

トレッキングギア中古購入のリスク・注意点

トレッキング用品を中古で購入すると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

  • フリマアプリは相場がまったく考慮されていない
  • 保証書がないので故障・破損した時に修理できない
  • 前オーナーの使い方や保管状態がわからない

実際、フリマアプリやリサイクルショップでギアを見ましたが、年式や状態を考慮すると全体的に高い印象です。

次項から順番に詳しくお話していきます。

フリマアプリは相場がまったく考慮されていない

いわゆるメルカリなどの個人間取引は、相場が考慮されていません。

なぜなら、素人が感覚で値段をつけているからです。

本来であれば、定価から年式、状態、需要などを考慮して金額を算出します。

もちろん素人が値段をつけているからこそ、相場よりかなり安く購入できることもあります。

しかし、相場観がわからないトレッキング初心者の方がフリマアプリを利用すると、かえって高いギアを落札してしまうことも…

ある程度目利きでないと、お得な商品を探すのは難しいでしょう。

保証書がないので故障・破損した時に修理できない

中古商品には保証書がない場合も多いです。

だから、購入後すぐに故障・破損しても泣き寝入りするしかありません。

また年式が古いとメーカーの部品がないので、そもそも修理できないことも…

少なくても、新品を購入すればこういった事態にはなりませんよね。

前オーナーの使い方や保管状態がわからない

ザック、ブーツ、ジャケット等…トレッキング用具はデリケートです。

正しく保管しないと、見た目は綺麗でも内部が経年劣化してきます。

たとえば前オーナーが何年も高温多湿の物置で放置していたギアならどうでしょう。

ブーツにせよザックにせよ、耐久性に難があることは明白です。

フリマアプリではギア内部の消耗までチェックすることは難しいので、落札に際しては注意が必要です。

失敗しない中古ギア購入のコツ

では、中古ギア購入で失敗しないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

  • 中古トレッキングギア専門店から購入する
  • トレッキング用品に詳しい友人・知人の意見を聞く
  • なるべく年式の新しいモデルを購入する
  • オフシーズンに購入する

次項から順番にお話していきます。

中古トレッキングギア専門店から購入する

中古トレッキングギア専門店で購入すれば、少なくても相場より高い用具を買ってしまうことはありません。

また不良品を買い取ることもないので、トンデモ商品を掴まされるリスクも低いです。

トレッキング用品に詳しい友人・知人の意見を聞く

フリマアプリ・リサイクルショップ等…

どこで購入するにしても、自身にトレッキング用具の知識が無いなら、詳しい友人に意見を聞くのも良い方法ですね。

第三者なら冷静にギアの良し悪しをジャッジしてくれるでしょう。

なるべく年式の新しいモデルを購入する

中古車と同じ考え方、単純に年式が新しい方が状態が良いということです。

また中古ギアには経年劣化の問題があります。

たとえ未使用でも、5年10年経てばゴムが劣化したり接着剤が剥離してくるのです。

経年による故障等のトラブルを避けるためにも、できる限り年式の新しいモデルをおすすめします。

オフシーズンに購入する

無雪期のギアなら積雪期に探すと、思わぬ掘り出し物に巡り会えることがあります。

逆にアイゼンやピッケル、スノーシューなどは、無雪期のほうがお得に買える可能性が高いです。

要は経済理論と同じで、トレッキングギアも需要があれば価格が上がり需要が少なければ値段が下がります。

フリマアプリなら「オフシーズンだから早く売りたい」という心理が働くため、値段交渉もしやすいですね。

初心者の方は量販店をうまく活用しよう

前述の通り、中古品は相場観がわからないと高い買い物になることもあります。

最近はトレッキング用品も安価に購入できます。

目利きに自信がなければ、ワークマンや量販店のPB商品を利用すると上手に節約できますよ。

実際、写真のギアはウェア上下、ハット、ブーツ、ザックすべて合わせて1万円以下で揃えました。

詳しくは下記の記事も参照ください。

ブーツ、ザック、ウェア合わせて1万円以下!?激安ギアで節約トレッキングはじめよう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリマアプリを見て相場があまりにも高かったので記事にしてみました。

もちろんアイテムによってはとても良い品もありますが、少なくても初心者の方が目利きするのは難しいですよね。

「中古=お得」ということではなく、注意点を考慮して購入いただければと思います。

なお、インターネットショップ、量販店、専門店のメリット・デメリットに関しては下記の記事にまとめました。

合わせて参照ください。

トレッキング用具ってどこで買えばお得なの?5つの購入方法メリット・デメリットまとめてみた

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

登山・アウトドア用ジャケットおすすめ50ブランド大特集!

登山・アウトドア用シューズおすすめ50ブランド大特集

登山やキャンプにおすすめのアウトドア用テント30ブランド大特集!

登山・アウトドア用バックパックおすすめ60ブランド大特集!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。