トレッキング用具ってどこで買えばお得なの?5つの購入方法メリット・デメリットまとめてみた

こんにちは、元スノボインストラクターの、らくスノです。

夏場は山歩き初心者の方向けにハイキング・トレッキングの情報を発信しています。

「これから本格的にトレッキング用品をそろえたいけど、どこで買えばお得なの?」

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ただでさえ高価なトレッキング用具、少しでも安くそろえたいですよね。

でも、専門店、量販店、インターネットショップ、中古等…それぞれメリット・デメリットを理解してないと、購入後に後悔することも。

だから、単純に金額だけで比較してはいけないんですね。

今回は5つの購入方法のメリット・デメリットをまとめてみました。

この記事を最後まで読めば、購入後に後悔することなくお得にトレッキング用具をそろえることができますよ!

トレッキング用具には5つの購入方法がある

トレッキング用具の購入方法は、主に5つあります。

  • インターネットショップ
  • 量販店
  • メルカリ・セカンドストリート(中古)
  • 登山専門店
  • ワークマン・ユニクロ

それぞれの購入方法にはメリット・デメリットがあるので、どれがおすすめとは申しません。

「とりあえず量販店で購入しとけばいいか!」ではなく、あらかじめメリット・デメリットを理解したうえで購入したほうが後悔がありませんよ。

まずは一覧にまとめてみました。

金額 種類 修理 アフターサービス
インターネット
量販店
中古
プロショップ
ワークマン・ユニクロ

次項からそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

インターネットショップ

価格の安さと種類の豊富さは一番です。(メリット)

返品・交換が面倒。また、アフターサービスはありません。(デメリット)

インターネットの一番のメリットは、やはり価格と種類の多さですね。

なるべく安く購入したいとか、マニアックなブランドで量販店の取り扱いが無い時などは、インターネット購入がおすすめです。

しかし、不良品やサイズ交換などの対応が面倒…

実際、返品やサイズ交換ができないなどのトラブルもあります。

また初心者の方にとっては、ギア購入に関するアドバイスを受けることができないのも不安要素ですよね。

量販店

気軽に立ち寄れるうえ、実際に商品を見ることができます。また、直接お店に持参すれば返品・交換等の対応もスムーズです。(メリット)

専門スタッフが少なく、しっかりとしたギアの説明が受けられないこともあります。(デメリット)

スポーツオーソリティやスポーツデポ、デカトロンなどの総合スポーツ用品店を量販店と定義してます。

実際に商品を見れるうえ、実店舗があるので返品・交換対応にも安心感があります。

特にPB商品はコスパが高く、ギアによってはトップブランドを凌駕(りょうが)するクオリティーでおすすめです!

ただし、登山専門のスタッフが少ないので、店舗によってはギアに関する的確なアドバイスを受けられないかもしれません。

また、入門モデルが多いので、中上級者の満足するアイテムは少ないです。

これはお得!スポーツオーソリティーのPBトレッキング用品マストバイ4選

世界最大のスポーツ用品専門店!デカトロンのおすすめトレッキングギア4選

メルカリ・セカンドストリート(中古)

たまに掘り出し物が見つかります。(メリット)

ある程度目利きでないと、初心者の方が中古に手を出すのは危険です。また、保証書は付属してません。(デメリット)

シューズ、ジャケット、レインウェア、ザック等…

メルカリ・セカンドストリートはまれに掘り出し物もあるので、考え方によってはとってもお得!

ただし、相場観がわからないと、かえって高い買い物になることも。

また保証書がないと、購入してすぐに壊れても泣き寝入りするしかありません。

だから個人的には、初心者の方ほど中古より新品を購入すべきだと思います。

今は少ない投資金額で、気軽にトレッキングを始めることができますよ。

フリマアプリも要注意!?知らないと損をするトレッキングギア中古購入の落とし穴とは

登山専門店

専門スタッフからギア選びのアドバイスを受けることができます。また、修理やアフターサービスは一番です。(メリット)

初心者の方は入りづらい雰囲気です。また、値段も高い傾向にあります。(デメリット)

登山専門店のメリットは、やはり専門のスタッフが多いことでしょう。

自分自身に合うギアを、スタッフの正しい知識をもとに選ぶことができます。

また、安全講習会やツアーを企画しているショップもありますね。

トレッキング仲間を見つけるにはピッタリの環境です。

しかし、量販店と比べると初心者の方には入りづらい雰囲気があります。

さらに中上級者向けモデルが多く、値段も全体的に高い傾向にあります。

ワークマン・ユニクロ

高品質なウェアが低価格で手に入ります。(メリット)

ウェアの販売のみ。専門店ではないのでトレッキングに不向きな商品もあります。(デメリット)

ウェアだけでいえば、圧倒的なコスパを誇るワークマンとユニクロ。

ブランドの半額以下で全身そろえることができます。

家にあるユニクロ製品を流用すれば、そもそも購入する必要がないかもしれません。

しかし、専門店ではない以上、購入に際しては注意すべき点もあります。

なぜなら、トレッキングに不向きな商品もあるからです。

この記事で解説すると長くなるので、詳しくは下記の記事にまとめました。

気になる方は合わせて参照ください。

安くても高品質!ワークマンのトレッキング用品を買って全身コーデしてみた!

賢く節約!ユニクロで激安トレッキングをはじめてみよう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

それぞれの購入方法のメリット・デメリットがご理解いただけたと思います。

特徴さえ理解していれば、

「ハイスペックなトレッキングブーツは、修理・アフターサービスがしっかりしている専門店で購入しよう!」

「夏山で使うハイネックTシャツは消耗品だからワークマンで十分!」

「トレッキング初心者だけど専門店は敷居が高いから、量販店に行ってみよう!」

なんて、使い分けができると思います。

ぜひ今回の記事を参考に、賢くトレッキング用具をそろえていただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

登山・アウトドア用ジャケットおすすめ50ブランド大特集!

登山・アウトドア用シューズおすすめ50ブランド大特集

登山やキャンプにおすすめのアウトドア用テント30ブランド大特集!

登山・アウトドア用バックパックおすすめ60ブランド大特集!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。