突然未経験のスノーボードに誘われた時の楽しみ方教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、ぞくぞくと届く友人からのツイッターやフェイスブックの初滑りの便りが苦痛でたまらない”らくスノ”です(笑)

私のシーズンは1月からかなぁ…

 

というわけで今回の記事は、

「いきなりスノーボードに誘われちゃったけど、どうしよう…」

大学生くらいになると、免許も取れるし時間やお金にも余裕が出てくるので、

ウィンタースポーツに誘われる機会も多いのではないでしょうか?

でも経験者の人は教えてくれるって言うけど、

一日中滑れるかどうか分からないスノーボードをやるなんて気が重い。

そんな方にスノーボード楽しみ方をお教えします。

温泉や観光、風景を楽しむ

蔵王温泉、野沢温泉、草津温泉…

一つくらいは名前を聞いたことがあるかもしれませんが、

実は上記の温泉付近には全てスキー場があります!

はっきり言ってスノーボードにまったく興味がなくても、

仲の良い友人や好きな人と泊まりで温泉に行くと言ったら楽しみになってきませんか!?

 

雪国では露天風呂が特におすすめです!

雪景色を見ながらお湯に浸かる。

湯上りで仲間と地酒や郷土料理を堪能。

夜はトランプ…修学旅行のノリです(笑)

 

最初からスノーボードオンリーで考えると気が進まない方は、

旅行として考えてみると楽しみになってきませんか!?

地元のグルメやお酒を堪能してみては

ちょうど草津温泉の話が出たのでちょっと掘り下げてみます。

7fa1de8d7f37adcda21357d994f40ef4_s

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。林羅山の日本三名泉に数えられる名泉の一つである。自噴する温泉の湯量は極めて豊富であり、時間湯では昔から草津節などを唄いながら木の板(湯もみ板と言う)で温泉をかき回し、湯温を下げるのが特徴的な「湯もみ」が行われる。湯畑は温泉街の中心部に湧く源泉で、湯が滝のように湧き出る光景は全国的にも数少なく、夜間のライトアップで湯畑を演出する催しも期間限定で行われ、観光客の目を楽しませている。

引用:『草津温泉』Wikipedia:フリー百科辞典より

名物ではクマザサを練りこんだ草津味(くさつみ)うどんがあります。

クマザサはミネラルやビタミンが豊富で健康に良いとされているそうです。

寒い日にはたまらないですね~

 

また、米どころでもある群馬は地酒も有名です。

草津の近くにある浅間酒造さんでは

モンド・セレクションで金賞を受賞した秘幻などの名酒を取り揃えています。

観光センターでは食事や試飲もできるそうです。

 

このように少し調べれば地元の観光案内などで情報は収集できます。

たまたま分かりやすい例として草津温泉を出しましたが、

どのゲレンデにも温泉や特産品、グルメがありますので行く前に調べてみてはいかがでしょうか?

気心が知れた友人なら

「〇〇スキー場どう?露天風呂が併設されてるし名物料理も美味しそうだよ〜」

なんて、自分から提案しても良いかも知れませんね。

無理して滑らなくてもOK

極論を言ってしまいましたが、本気で滑るならまる1日真剣に練習しないとターンまでできません。

スノーボード未経験でも30分で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!

しかし、

そもそもスノーボードって遊びですよ!?そんなに真剣に取り組む必要ありますか?

とりあえず半日でも1時間でも滑ってみて下さい。

最初は全身緊張しながら滑るのでめちゃめちゃ疲れます。

少しでも楽しいな、上達したいなと思ってもらえれば嬉しいのですが、

人には得手不得手がありますのであまり無理をしないで下さいね。

「ちょっと足が痛いから休憩してくるね」といえば、

無理に滑らせる友人もいないと思います。

そもそも初心者の方はスノーボードを嫌いになる原因が多い!?

初心者の方は経験者と違い止まっている時間が長いです。

悪天候だと体が冷えやすいですね。

また、座ってたりコケたりする回数も多いのでウェアも濡れます、

これもまた体が冷える原因の一つです。

またレンタルですとサイズが合わないことがほとんどで足が痛くなります。

 

私は上記の理由で「スノーボードは辛いから二度と行きたくない」と言われるよりも、

「あまり滑らなかったけど、温泉も名物も堪能できて楽しかった。今度来るときはスノーボードも滑れるようになりたい!」

と思ってくれたほうが100倍良いと思います。

リフトが混んでると「うわぁ」っと思うこともありますが、

私はやっぱり活気があるスキー場が好きです。

今後行く予定がある未経験の方は、

どうぞ気軽に楽しんできてくださいね。

未経験者をスノーボードに誘う時注意しなければいけない4つのこと

最後に…

いかがでしたでしょうか?

仮にもスノーボード15年以上やっている私から

こんな記事が書かれたことは意外だったかもしれませんが。

 

10年前はスノーボード狂なんて呼ばれていた私ですが(笑)

ある程度人に教えるという経験を重ねていく中で、

それぞれのモチベーションについても考えさせられる機会が多くありました。

「本当にスノーボードを楽しんでもらえてるのだろうか?」

「ただ自分のエゴを押し付けてるだけではないだろうか?」

やっぱり友人とか恋人に無理やりつれてこられた人もいるわけで…

 

でも、そんな方でも

「いやいや行ったけど案外楽しかったな!」

そう感じていただければうれしいなと思いこの記事を書きました。

ぜひ誘われるほうの方にも読んでいただけたら幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。