スノーボードはどうやって借りるの?スキー場でウェアやボードをレンタルする手順を解説します!

スポンサーリンク

こんにちは、全日本スノーボードを愛する会会長のらくスノです。

…ウソです。

何か肩書きが欲しかったので、勝手に作ってみました(笑)

本格的なシーズンに突入しましたね~

街でもスノーボードを持った方を多く見かけるようになりました。

らくスノ
これからゲレンデに行くのかぁ~羨ましい!

ところで、今度初めてゲレンデに行くという方に質問です。

ウェアやボードのレンタル方法はご存知ですか?

そういえば…どうやってレンタルするのか分からないなぁ

というわけで、今回はスノーボードやウェアをレンタルする手順について解説したいと思います。

レンタルショップってスキー場のどこにあるの?

レンタルショップってどこにあるんですか?
らくスノ
センターハウス付近にありますよ~

ゲレンデで運営しているレンタルショップは、だいたいセンターハウス付近にあると思います。

分からなければ、従業員の方に聞くか地図で確認してみてくださいね。

また、場所によってはホテルやスキー場付近にもレンタルショップがあり、宿泊者割引など受けられることもあるので出発前に確認してみましょう。

最初にリフト券の発券所に行っても良いのですが、新幹線やバスツアーの場合、到着後一気にレンタルショップが混み合いますので、先に申し込みを済ませておいたほうがいいですよ~

まずは申込書に記入

受付には申し込み用紙が用意されていますので、必要事項をそちらに記入します。

代表者は免許証等の身分証が必要なので、事前に必ず用意しましょう

申込用紙には下記の内容を記入します。

  • 名前、住所等個人情報
  • 靴のサイズ
  • 身長、体重
  • スキーorスノーボード?
  • レギュラーorグーフィー?
  • 補償の有無
  • 何をレンタルするのか(ウェアや板、ゴーグルなど)

※スキー場により内容は異なります。

特に重要なのは赤文字の部分です。

■靴のサイズ

スノーボードはスポーツですので、シティユースのスニーカー選びとは勝手が違います。

サイズが合わないと靴ずれを起こしてしまうので、しっかりフィット感を確認しましょう。

基本的には、つま先が当たらない程度のジャストサイズが良いと思います。

申込書にサイズを記入し店員さんに渡すとブーツを用意してくれますが、もし履いた時に合わないと感じたら遠慮なく交換をお願いしましょう。

また、滑っている途中に痛みを感じたら、すぐに交換をお願いしてください。

なんか店員さん忙しそうだし、わざわざ交換をお願いするのは気が引けるな…
らくスノ
いえいえ、ブーツが合わないとせっかくのスノーボードが楽しめないですよ…

ブーツサイズを変更するのは、決して悪いことではありません。

楽しい旅行にするためにも、サイズが合わない時は遠慮なく交換をお願いしてみましょう!

知って安心!スノーボードブーツの履き方【初心者の方必見】

■レギュラーorグーフィー

スノーボードには、左足を前にして滑るレギュラースタンスと、右足が前のグーフィースタンスがります。

それぞれセッティング方法が異なるため、レンタルを申し込むときに申告しなければなりません。

詳しくは別記事にしていますので、事前に自分がどちらのスタンスか確認しておきましょう。

レギュラーかグーフィーか?利き足を判断するたった1つの方法とは【スノーボード】

■補償の有無

この場合の補償とは、スノーボードを破損・紛失した時のものです。

初心者の方は接触して破損させる可能性が高いので、心配でしたら加入することをおすすめします。

何が借りられるの?

レンタルショップでは、主に以下のものを借りることができます。

  • スノーボードセット
  • ウェア
  • ヘルメット
  • プロテクター
  • ゴーグル
  • グローブ

※スキー場により内容は異なります。

ちなみに、すべてレンタルすると1万円以上かかるので、ご自身で用意できるものはあらかじめ準備しましょう。

ユニクロや100均で代用可能なものもあります。

詳しくは下記のまとめ記事を参照ください。

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ

記入したらどうするの?

記入を終えたら、レンタル受付へ申込書を提出してください。

ボードの受取場所はレンタル受付と異なる場合があります。

店員さんから誘導されると思いますが、申込書を提出したら受取場所で待機して下さい。

ウェアもレンタルする場合は、ボードが用意されるまでに選んでおくと効率的ですね。

しばらくすると、代表者の名前が呼ばれますので、各人ボードとブーツを受け取ってください。

らくスノ
受け取ったら、すぐにブーツを試し履きしてみると良いですよ~

前述のように、ブーツが合わなかったらすぐ交換してもらえます。

ウェアに着替えてゲレンデへGO!

だいたいのゲレンデはレンタルショップと更衣室が併設されていますので、ボード・ブーツとウェアを受け取ったら着替えましょう。

着替えているあいだ、受け取ったボードはどうするの?

基本的に受け取ったボードは、ゲレンデ内にあるスタンドに立てておきます。

ボードの扱いについては下記の記事にもまとめていますので、合わせて参照ください。

スノーボードってどうやって持ち歩けばいい?休憩中はどこに置いておくの?の疑問にお答えします!

その他の疑問

■返却はどうするの?

ハンターマウンテンの場合、リフトの営業時間終了30分前までに返却します。

ゲレンデにより条件は異なりますので、必ず事前に確認してくださいね。

■泊まりで行く場合はどうするの?

返却日まで借りたままでもOKなレンタルショップもありますが、1日ごとに返却しなければならない場合もあります。

念のため、レンタルショップに確認してみましょう。

■お得なレンタルの方法ってありますか?

ツアーを利用すると割引価格でレンタルできる場合があります。

また、宿泊先のホテルや旅館でも割引を受けられる時があるので、事前に確認してみましょう。

ショップによってはレンタルの早期割引予約を受け付けていたり、オンライン専門のレンタル業者もあるので、気になる方は探してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シーズン真っ盛りの週末や祝日はレンタルショップも混雑するので、あらかじめ流れを知っておくだけでもスムーズですよね。

らくスノ
リーダーや幹事さんなんか特に大変だからね~

ぜひ、今年こそはゲレンデデビューして、冬の旅行を満喫するなんていかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。