スノボはどうやって借りるの?スキー場でウェアやボードをレンタルする手順を解説します!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

これからはじめてスノーボードを体験するという方、ウェアやボードのレンタル方法をご存知ですか?

実はスタンスや身分証など、事前に準備しておかなければならないことがあります。

またレンタルショップによって借りられるものは異なりますので、事前に確認しておかないと当日困ってしまうことも…

今回の記事ではスノーボードをレンタルする手順はもちろん、事前に準備しておくことについても詳しく解説したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もうレンタルショップで戸惑うことはなくなります!

レンタルする前に準備すること3つ

まずはレンタルする前に、以下の3点を準備しておきましょう。

■身分証

レンタルするためには身分証が必要です。

あらかじめ健康保険証、免許証、マイナンバーカードなど準備しておきましょう。

※複数人で借りる場合、代表者一名が持っていれば大丈夫です。

■スタンス

スノーボードには左足前のレギュラースタンスと、右足前のグーフィースタンスがあります。

それぞれセッティング方法が異なるため、あらかじめ自分はどちらのスタンスか確認しておきましょう。

スタンスの確認方法については下記の記事にまとめてますので、合わせて参照ください。

レギュラーかグーフィーか?利き足を判断するたった1つの方法とは

■借りるもの

レンタルショップではウェアやボードの他、ゴーグル、グローブ、プロテクター、ヘルメットなども借りることができます。

あらかじめ何をレンタルして、何を購入するか確認しておきましょう。

【スキー・スノボ】スマホアプリで持ち物チェックすれば絶対忘れ物しません!

レンタルショップで借りられるもの

レンタルショップでは以下のものを借りることができます。

■レンタルショップで借りられるもの

  • スノーボードセット
  • ウェア
  • ヘルメット
  • プロテクター
  • ゴーグル
  • グローブ

※レンタルショップにより内容は異なります。

ただし、すべてレンタルすると1日1万円以上かかるので、ご自身で用意できるものはあらかじめ準備しましょう。

たとえばグローブはワークマンで1,000円程度で購入できますし、プロテクターはタオルでも代用可能。

当ブログでは節約記事をたくさん書いてますので、合わせて参照ください。

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

試してみて!0円ヒッププロテクター(ケツパッド)のススメ

レンタルショップはセンターハウスや宿泊施設付近にある

レンタルショップはスキー場のセンターハウス他、ホテル・旅館にも併設されています。

宿泊者割引など受けられることもあるので、出発前に確認してみましょう。

分からなければ、従業員の方に聞くかインターネットでチェック!

レンタルの手順

レンタルショップに到着したら、さっそく申し込みしましょう。

レンタルは以下の手順でおこないます。

  1. 申込書を記入
  2. 申込書を受付に提出
  3. ウェアに着替えてゲレンデへGO!

次項から順番に解説していきます。

申込書を記入

受付には申し込み用紙が用意されていますので、必要事項を記入します。

※代表者は身分証が必要なので、忘れずに持参しましょう。

申込用紙には下記の内容を記入します。

  • 靴のサイズ
  • 身長、体重
  • スキーorスノーボード
  • レギュラーorグーフィー
  • 補償の有無
  • 名前、住所、電話番号等の個人情報
  • 何をレンタルするのか(ウェアや板、ゴーグルなど)

※レンタルショップにより記載する内容は異なります。

申込書を受付に提出

記入を終えたらレンタル受付へ申込書を提出し、受取場所で待機して下さい。

※受取場所はレンタル受付と異なる場合があります。

ウェアもレンタルする場合、ボードが用意されるまでに選んでおくと効率的ですね。

しばらくすると、代表者の名前が呼ばれますので、各人ボードとブーツを受け取ってください。

ウェアに着替えてゲレンデへGO!

ウェアとボード・ブーツを受け取ったら着替えましょう。

スキー場に併設されたレンタルショップなら、近くに必ず更衣室があります。

「着替えているあいだ、受け取ったボードはどうするの?」

レンタルショップで受け取ったボードは、ゲレンデ内にあるスタンドに立てかけておきます。

ボードの扱いについては下記の記事にもまとめていますので、合わせて参照ください。

スノーボードってどうやって持ち歩けばいい?休憩中はどこに置いておくの?の疑問にお答えします!

レンタルはいつでも交換OK!

レンタルしたウェアやボード・ブーツは、営業時間内ならいつでも交換可能です。

特にブーツは、サイズが合っていないと靴擦れの原因になることも…

ブーツサイズを変更するのは、決して悪いことではありません。

楽しいスノボ旅行にするためにも、サイズが合わないと感じた時は遠慮なく交換をお願いしてみましょう!

知って安心!スノーボードブーツの履き方【初心者の方必見】

返却はリフト営業時間終了の30分前まで

レンタルはリフト終了の30分前までに返却しましょう。

また宿泊する場合は、返却日まで借りたままでもOKのレンタルショップもあります。

いずれにせよレンタルショップにより条件は異なりますので、事前に確認してくださいね。

お得なレンタルの方法

ツアーを利用すると割引価格でレンタルできます。

また宿泊先のホテルや旅館でも割引を受けられる場合があるので、事前に確認してみましょう。

ショップによってはレンタルの早期割引予約を受け付けていたり、オンライン専門のレンタル業者もあるので、気になる方は探してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①レンタル前に準備すること

  • 身分証を用意する
  • スタンスを決めておく
  • レンタルするものを考えておく

②レンタルショップで借りられるもの

  • スノーボードセット
  • ウェア
  • ヘルメット
  • プロテクター
  • ゴーグル
  • グローブ

③レンタルの手順

  1. 申込書を記入
  2. 申込書を受付に提出
  3. ウェアに着替えてゲレンデへGO!

④返却はリフト終了の30分前まで

 

シーズン真っ盛りの週末はレンタルショップも混雑するので、あらかじめ流れを知っておくだけでもスムーズですよね。

なお、スノーボードの装着方法や1時間で滑れるようになる方法については、関連記事を参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー【未経験の方必読】

スノーボードの基本から未経験でも1時間で滑れるようになるコツまで!記事まとめ

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。