スノーボードの基本から未経験でも1時間で滑れるようになるコツまで!記事まとめ

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

「これからスノーボードへ行くけど、滑れるかどうか不安」なんて方も多いのではないでしょうか?

「友達や彼氏は教えてくれる」って言うけど、足でまといにはなりたくないですよね。

安心してください!

スノーボードは自転車に乗るより簡単です。

でも、正しい手順を踏まないと、いつまでたっても滑れるようにはなりません。

「いきなりゲレンデの頂上から滑る」

「習うより慣れろ、とにかく転んで覚える」

全部ウソです。

この記事ではスノーボード未経験の方のために、ブーツの履き方から1時間で滑るコツまでまとめてみました。

レギュラー?グーフィー?利き足を判断する方法とは

レギュラー?グーフィー?

はい、いきなり聞きなれない言葉が出てきましたね(笑)

実はスノーボードには利き足が存在します。

ボードをレンタルするときに自身の利き足を申告する必要があるので、これがわからないと最初でつまずいてしまいます。

利き足を判断する基準と、ボードをレンタルする方法については下記の記事にまとめました。

レギュラーかグーフィーか?利き足を判断するたった1つの方法とは

スノーボードはどこで借りればいいの?スキー場でウェアやボードをレンタルする方法お教えします!

ゲレンデのルール・マナーを知ろう

ゲレンデには独自のルール・マナーが存在します。

知らないと恥ずかしいどころか、接触・怪我の原因になることも…

ルール・マナーはレベル問わずみんなが知っておくべきこと。

お互いが気持ちよく滑るためにも、しっかり守りたいですね。

ゲレンデのルールやマナー・注意点を知ってますか?スノーボードを滑る前にこれだけは覚えておこう

滑る前にストレッチしよう!

スポーツする前には何をしますか?

そう、準備運動ですよね。

スノーボードもスポーツです。

怪我を防止する観点からも、滑る前に必ず体操しましょう!

スノーボード慣れてる感も演出できますよ(笑)

怪我の防止になるよ!スノーボードを滑る前には必ず準備体操(ストレッチ)をしよう

スノーボードブーツの履き方

ブーツには3つのタイプが存在します。

  • ひも
  • BOA
  • クイックレーシング

以前はひもだけでしたが、今はダイヤル式のBOAか紐をひっぱるだけのクイックレーシングが主流になっています。

ブーツタイプはレンタルショップによって異なりますが、履き方については下記を参照ください。

知って安心!スノーボードブーツの履き方【未経験の方必見】

バインディングの装着方法

【GIF】

バインディングとは板とブーツを固定するためのギア。

スノーボードで滑走するときは、ラチェットと呼ばれる留め具でバインディングを装着します。

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー【未経験の方必読】

またバインディングには、リーシュコードと呼ばれる流れ止めがついています。

他のボーダーさんの安全を守るためにも正しく装着してくださいね。

スノーボードのリーシュコードとデッキパッドとは?付けた方がいいの?

スノーボードが1時間で滑れるようになるコツ

さて、いよいよスノーボードの滑り方のコツについてお話ししたいと思います。

  1. 基本姿勢を覚える(5分)
  2. 安全な転び方を覚える(10分)
  3. 曲がり方を覚える(20分)
  4. リフトの降り方を覚える(5分)
  5. ボードスライドを覚える(10分)
  6. 大回りで滑る(10分)

この手順で練習すれば、誰でも1時間でターンができるようになります。

そう、スノーボードってめちゃくちゃ簡単なんですよ。

詳しくは下記の記事にまとめていますので、「これから初スノボ行きます!」なんて方は、ぜひご一読ください。

スノーボード未経験でも1時間で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!【超おすすめ】

怪我を防ぐために注意すること

スノーボードは高速で滑走するスポーツ。

一歩間違えれば怪我する可能性もあります。

せっかくの楽しいスノボ旅行で怪我でもしたら台無しですよね。

  • 正しい転び方を覚える
  • プロテクター・サポーターを使用する
  • スピードを出し過ぎない
  • レベルに合ったコース選び
  • 小まめな休憩

スノーボードを滑る時は、上記の5点に注意してください。

【初心者の方必見!】スノーボード怪我を防ぐために注意したい5のこととは?

ゲレンデで快適に過ごすためのマメ知識

その他、スノボ未経験の方が疑問に思うことをまとめてみました。

どの記事も役に立つ情報ばかりですので、ぜひお友達や恋人と共有してくださいね。

冬の日焼け対策は万全ですか?ゲレンデでも簡単にできる5つの紫外線対策とは

スノーボードってどうやって持ち歩けばいい?休憩中はどこに置いておくの?の疑問にお答えします!

携帯、財布、鍵などをゲレンデで失くさないためにできる4つの工夫とは【ウェアのポケットも要注意】

初心者の方必見!知って得する快適スノーボードまる秘テクニック

ゲレンデで鼻水が出てどうしようもない時の対処法とは

スノーボードウェアの中って何着ればいいの?携帯カイロは必要?の疑問にお答えします

まとめ

いかがでしたでしょうか。

誰でも簡単にスノーボードができることをご理解いただけたと思います。

実際、運動音痴だった女性もすぐに滑れるようになりました。

運動音痴のインドア系女子を未経験のスノボに連れて行ったら奇跡が起きた話

しつこいようですが、スノーボードに運動神経は関係ありません。

大切なのは正しい手順で練習すること。

ぜひ、この記事を参考にスノーボードを楽しんでいただければと思います。

参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボード出発前に読んでみて!事前準備や服装、忘れ物をしないコツまで記事まとめ

突然未経験のスノーボードに誘われたらまず読んでみて!記事まとめ