【20-21年版】日本・海外のスノボ系ユーチューブ30チャンネル超まとめ!

海外編

せっかくなんで、海外編も作ってみました。

特に英語圏のスノーボード動画のバズり方ハンパないんですよ…400万再生とか(笑)

さすがに、海外のスノボ系チャンネルをすべて紹介していったらキリがないので…ここでは、有名チャンネルや個人的に好きなユーチューバーをピックアップします。

あっもちろん、英語が苦手でも楽しめるので大丈夫ですよ!

Snowboard ProCamp(チャンネル登録者数49,900人)

スノーボード専門チャンネルとしては世界でも最大級の登録者数を誇るスノーボードプロキャンプ。

内容はライディングからハウツー、ギアレビューまで様々。英語が分からない方でも十分楽しめる内容になっています。

ピックアップした動画はニセコでのパウダーランですが、ジャパウ楽しんでますね(笑)

Snowboard ProCamp

Snowboard Addiction(チャンネル登録者数222,000人)

こちらは、トリックハウツーをメインに配信しているスノーボードアディクション。

特にジブのハウツーって日本のチャンネルでは扱いが少ないので、レールやボックスが上手くなりたい方におすすめ。

当然、解説は英語ですが、なんとなく言ってる意味は分かります。(ほとんど中学生レベルの英語ですし…)

「日本にもこういう施設あったらいいなぁ」ということで、トランポリン動画をピックアップしてみました。

Snowboard Addiction

Snowboarder Magazine(チャンネル登録者数178,000人)

ご存知スノーボーダーマガジンのチャンネル。

バックカントリーからストリートまで、とりあえず海外のやばい奴らの映像を見たい方はチャンネル登録マストです(笑)

ピックアップしたのは、カズさんがライダーオブザイヤーを受賞した時の映像。クリフからのビッグジャンプは目を疑います!

Snowboarder Magazine

davidsjones(チャンネル登録者数386,000人)

とにかく陽気な横乗り系ユーチューバー、デヴィッド・ジョーンズのチャンネル。

基本的にユーチューバーなので、面白いことを言っても英語が分からないとアレですが(笑)ライディング見てるだけでも十分楽しめます!

ピックアップしたのはニセコでのパウダーラン。デヴィッドさんもニセコに来てくれてますが、海外でも有名なんですね。

davidsjones

Signal(チャンネル登録者数116,000人)

スノーボードブランド、シグナルのチャンネルを紹介します。

大体、バートンとかブランドチャンネルはギアの宣伝とかで面白くないんですが(笑)シグナルはかなり笑わせてくれます。

特に、アンプボードやギターボードなど、おもしろ板シリーズはおすすめ。ピックアップしたのは、ipadボードを作った時の動画です。

Signal

SHREDBOTS OFFICIAL(チャンネル登録者数128,000人)

トースタイン・ホグモやマーク・マクモリスがオーナーのアパレルブランドのチャンネルです。

基本的にはライディング動画なんですが、ぼ~っと眺めているだけでも癒されます(笑)

ピックアップした動画は、DCチームがニセコに来た時のムービー。パウダーランはもちろん、居酒屋で飲んでるのが楽しそう!

SHREDBOTS OFFICIAL

Stale Sandbech(チャンネル登録者数45,300人)

ソチ五輪のシルバーメダリストにして、生粋のコンペティターであるサンドベックさんのチャンネル。

普通にライディングもすごいんですが、個人的にはトップライダーのバケーション動画もおすすめ。

Stale Sandbech

まとめ

いかがでしたでしょうか?

愚直なハウツーからネタ動画まで、様々なチャンネルがありますね。

チャンネル登録は、情報発信しているスノーボーダーさんの応援にもなります。ぜひ、面白い動画を見つけたらチャンネル登録しましょう!

また、「この中に俺が入ってないぞ!」というユーチューバーさんは遠慮なくご連絡ください!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

youtubeスノーボードおすすめムービー・動画ご紹介します!【随時更新】

グラトリの技ってどんな種類があるの?カテゴリー別にyoutube動画まとめてみた!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。