ニット帽、ゴーグルを着ける本当の意味とは?明日使えるマメ知識も教えちゃいます!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

突然ですが、なぜニット帽とゴーグルを着用するかご存知でしょうか?

「寒からニット帽被るんでしょ?」

「視界を確保するためにゴーグルするんじゃないの?」

いえいえ、それ以外にも重要な役割があります。

実はニット帽やゴーグルには身体を保護する目的もあるのです!

だから「天気が良ければニット帽やゴーグルを着用しなくてもOK!」ということではないんですね。

この記事では、ニット帽やゴーグルを着用する意味や、知って得する豆知識についてお話ししたいと思います。

ニット帽は頭部を保護する役目がある

冒頭でお話しした通り、ニット帽には頭を保護する役目があります。

防寒やファッションとしての意味は、皆さんご理解いただけると思います。

しかし、スノーボードは高速で斜面を滑降するスポーツ。

転倒した際、ボードのエッジが頭部に当たったり、アイスバーンに打ち付けてしまう可能性があるのです。

ニット帽を着用していれば、ある程度裂傷や脳しんとうを防ぐことができます。

だから寒暖を問わず、ニット帽は着用するようにしましょう。

ゴーグルはUV対策や顔面を保護する役割がある

「ゴーグルは視界を確保するために着用するもの。」

これだけでは正解とは言えません。

ゴーグルはUVから眼球を守ったり、物理的に顔面を保護する役割もあるのです。

■雪目の防止

ゲレンデでは直射日光はもちろん、雪面からの照り返しによりたくさんの紫外線が眼球に降り注ぎます。

裸眼のまま長時間滑っていると、「雪目」と呼ばれる角膜の表面が傷つく病気になってしまいます。

■顔面の保護

私はジャンプ台の練習時、着地に失敗して顔面を強打したことがあります。

ゴーグルは変形して内出血したものの、幸い骨折などの大事には至りませんでした。

ゴーグルは柔らかい素材でできているため、プロテクターとしても有効です。

逆にサングラスなどは、転倒した際に顔面を怪我する可能性がありますので注意してください。

ニット帽、ゴーグルの知って得する豆知識

ニット帽、ゴーグルの重要性をご理解いただいたところで、ここからは知って得する豆知識についてお話ししたいと思います。

  • ニット帽を被りながらゴーグルを装着するコツ
  • ゴーグルが入っている袋は「ゴーグルクロス」になる
  • ゴーグルを曇りにくくする方法
  • ゴーグルが曇ってしまった時の対処法

次項から順番にお話ししていきます。

ニット帽を被りながらゴーグルを装着するコツ

ニット帽を被ってからゴーグルを装着しようとするとズレる事ありませんか?

あれ地味にイライラしますよね(笑)

そんなときは、先にゴーグルを装着してからニットを被ります。

そうするとニット帽がズレにくく、うまく被ることができます。

img_7880

またゴーグルのバンド部分は、上から被るタイプと後ろが外れるタイプがあります。

髪が長い女性は、後ろが外れるタイプがオススメです。

img_7883

これなら苦もなく装着できますね!

ゴーグルが入っている袋は「ゴーグルクロス」になる

img_7884

「ゴーグルクロス忘れちゃった」なんてことありませんか?

ゴーグルのレンズはデリケートです、タオルやティッシュで拭くと傷がついてしまいます。

レンズに傷がつくと曇りの原因となることも…

そんな時使える豆知識!

なんとゴーグルを入れていた袋は「ゴーグルクロス」になるのです。

これならゴーグルクロスを忘れても大丈夫ですね!

ただし、購入時に付属していた物に限ります。

ゴーグルを曇りにくくする方法

ゴーグルが曇ると滑りに集中できませんよね。

実はちょっと工夫をするだけで、ゴーグルが曇らなくなります。

■ホコリや汚れを拭き取ってから曇り止めを塗る

レンズの内側にホコリや汚れが付着していると、曇り止めを塗っても効果がありません。

必ずゴーグルクロスで拭き取ってから曇り止めを塗布しましょう。

■ゲレンデではなるべくゴーグルを外さない

ゴーグルを外した瞬間、温度差で曇ってしまう場合があります。

なるべく屋外ではゴーグルを外さないほうがいいです。

■ティッシュやタオルで拭かない

レンズに傷が付くと曇りの原因になります。

レンズを拭く際は、必ずゴーグルクロスを使用してください。

■おでこゴーグルはNG

img_7874

おでこゴーグルは汗で曇りやすくなります。

スノーボードウェアにはゴーグルポケットが付属している場合が多いです。

ゴーグルを外したときは、ジャケットのゴーグルポケットに入れましょう。

■ゴーグルはニット帽にかからないように注意

img_7875

ゴーグルにニット帽がかかってるとやはり曇りの原因になります。

ニット帽にかからないように注意して装着しましょう。

ゴーグルが曇ってしまった時の対処法

ゴーグルが曇る原因は水分です。

ゲレンデでゴーグルが曇ってしまった場合は、とにかく乾燥させるしかありません。

いったん屋内に入り、大まかな水分はゴーグルクロスで拭き取ってください。

変形の原因となるため、ドライヤーや暖房を使って乾燥させてはいけません。

雪が付着した場合は、溶けるまで待つか、ゴーグルからレンズを外して水で流します。

あとはゴーグルクロスで拭き取り、自然に乾燥するまで待ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に初心者の方は転倒するリスクも高いので、天候に限らずできる限りニット帽とゴーグルを着用することをおすすめします。

今まで骨折、脱臼、捻挫など数々の怪我をしてきた私としては(笑)

初心者、初級者の方には、できるだけ怪我のリスクを無くしたうえでスノーボードを楽しんでいただきたいと思っています。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードの基本から未経験でも1時間で滑れるようになるコツまで!記事まとめ

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。