電車・バス移動の方必見!スノボ旅行に便利なバッグはどれ?おすすめブランドもご紹介します

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

突然ですが、皆さんスノーボードに行く時どのように荷物を運んでますか?

2年前に購入したマイホーム(戸建)にそれはそれは立派な駐車場があるのですが…実は車がありません(笑)今はもっぱら電車やバスでスキー場に行ってます。

ですので、私のように車がないと荷物を持って歩かないといけないので、ツアーバスや電車の集合場所まで行くにも大変だったりしますよね。

それに、車で行かれる方も駐車場から更衣室・ホテルが遠いと持ち運びが大変。

今回は、そんな方にバッグ選びのポイントやおすすめのスノボ用バッグブランドをご紹介したいと思います。

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

スノボ旅行にはどんなバッグがおすすめ?

私ね、毎度思っていることがあったんですが、スノボって車がないとキツくないですか(笑)でも、免許がないとか、そもそも車持ってない方も多いと思うのです。

安心してください!私は三十代半ばですが車持ってません。少なくても我が家では車なんて贅沢品wだから、山に篭っていた時期はともかく、今は毎回バス・電車移動です。

では、私のようにスノボ旅行はバス・電車派なんて方にはどんなバッグがおすすめなんでしょうか?

そもそも、スノーボードに行く時は、大体の方が下記のバッグを使いますよね。

  • リュック(バックパック)
  • ボストンバッグ(ダッフルバッグ)
  • キャリーバッグ
  • ボードケース

それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるのか順番に解説してみたいと思います。

■リュック(バックパック)

メリット
両手が空くので、雪道に慣れていない方でも安全に歩くことができます。現地での徒歩移動が多い方におすすめです。
デメリット
スノボ道具一式持参する方は、50ℓ以上の大型リュックを購入しないとギアを収納できません。

最近は私もリュック移動が多いですね。なんと言っても両手が空くので、現地で長い距離を歩く方におすすめです。特にウェアだけとか、すべてレンタルなんて方は、リュックがなにかと重宝します。

とにかくリュックは機動力が抜群で街でもスキー場でも移動が楽なんですが、私のように道具一式持っていく方はスノボ用かアウトドア用でも50ℓ以上の大型バックパックを購入しないと収納ができません。

その点は、あらかじめ注意しておきましょう。

■ボストンバッグ(ダッフルバッグ)

メリット
たくさんの荷物を入れることができるので、現地で宿泊される方におすすめです。
デメリット
片手がふさがってしまうので、スノボ道具一式持参される方には不向きです。

私も昨年防水のボストンバッグを買いました。たくさんの荷物を収納可能なうえショルダーやトートとしても使えるのでスキー場でも使い勝手は良かったですね。

ただし、ショルダー掛けだと肩に負担かかりますし、通常の持ち方でも片手がふさがるのでマイボードを持参するとか雪道に慣れていない方には向きません。

冬の旅行やスノーボードにおすすめ!ウワサの完全防水バッグVICIOUSVENOM使ってみたのでレビューします

■キャリーバッグ

メリット
車輪がついているので、重量物でも持ち運びが楽です。
デメリット
雪道では車輪が回りませんので、スキー場に着いてからの移動が多い方には不向きです。

なんとなく想像できると思いますが、雪道で車輪が回りません(笑)私も長期滞在などで荷物が多いときはキャリーバッグを使う時もありますが、使用用途は下車する駅やバス停から滞在予定のホテル・宿が近い場合に限られますね。

■スノーボード用バッグ

メリット
スノーボード道具一式を収納できます。家で保管する時も入れっぱなしでOK!
デメリット
とにかく重いです。また混雑している場所だと、他人の邪魔になったりします。

板も含めスノーボード道具一式収納できるので便利ですね。私も長年このタイプを愛用してました。

しかし、けっこうな重量になるので、特に女性の方などは持ち運びが大変。中にはローラーが付いているタイプもありますが、そもそも雪道では回りませんし、街では階段やエスカレーターに乗りづらく他の通行人の邪魔になったりすのがデメリットですね。

もちろん、「自家用車だしゲレンデも駐車場の前だから移動はほとんどないよ~」ってなら話は別ですが、電車やバス移動なら動きやすさはマストだとおもいませんか。

もちろん、初心者の方がわざわざスノボ旅行のためだけに専用のものを購入する必要もないですが、あらかじめメリット・デメリットは把握しておいてくださいね。

雪道はどんなクツが良い?キャリーバッグはダメ?スキー、スノーボードや冬の旅行の疑問にお答えします!

私のバッグコレクションの一部

登山やキャンプが趣味なので、バッグは腐るほど持ってます(笑)私は生粋のバッグマニアなんですw

スノボ用バッグは何が違うの?

すべてレンタルの方は良いとして、ウェアや板・ブーツを持参される方はスノーボード用バッグをおすすめします。

なぜかというと、スノーボード用バッグにはシティーユースにはない独自の機能があるからです。

この項では、スノーボード用バッグの代表的な機能をご紹介したいと思います。

※モデルにより対応する機能は異なりますので、購入前に必ず確認してください。

■ブーツが収納できる

大型のバッグであればブーツが収納できます。

スノーボード道具を持ち運ぶとき、一番のネックになるのがブーツ。また、マイボードはないけどブーツだけは持っているなんて方も多いですよね。

専用のリュックであればスッポリ収納できるので雪道を移動する際にも便利です。

出典:バートン

■ゴーグルやヘルメットを収納するポケットがある

ヘルメットやゴーグルをまとめて収納できるのもスノーボード専用バッグのメリットです。シティーユースのバッグではヘルメットやゴーグルを入れる事を想定していないため上手くパッキングできません。

スノーボード専用バッグなら、すべての道具をきれいに収納することができます。

出典:バートン

■防水仕様

防水仕様なのもスノーボード専用バッグの特徴の一つです。濡れたブーツやウェアがそのまま収納できるので、「移動中にバッグから水が漏れ出てきた!」なんてこともありません。

出典:バートン

■ボードキャリーがついている

横に2本ひもがあり、そこにボードを引っ掛けて持ち運ぶことができます。個人的には手で持ったほうが楽なのですが、雪道歩きの時など両手を開けておきたい時に重宝します。

出典:バートン

■スノーボード道具を収納しやすい形状をしている

例えばリュックひとつにしても、アウトドア用は動きやすさを重視しているため、全体的に細長く作られているのが特徴です。対して、スノーボード用リュックは幅広でブーツやヘルメット等どんな形のギアでも収納できます。

同サイズのアウトドア用リュックと見比べていただければ違いがよくわかりますね。(左がアウトドア用リュックです。)

ウェアやボードも含め一式買ったなんて方は、ぜひスノーボード用バッグの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

出典:オスプレー バートン

おすすめ9ブランド一挙紹介します!

というわけで、ここからはブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

バートン

バートン

やはりスノーボードといえばバートンということで、まずはリュックからご紹介します。

ブーツまで入る大型のものから、シティーユースとして使い回しができる小型リュックまで取り揃えているので、ウェアしか持っていかないなんて方にもおすすめです。

連泊するとか、家族の荷物があるなんて方は大容量のボストンバッグがおすすめ。防水なので雪面にも気兼ねなく置けますし小物入れも充実しているのでなにかと重宝します。

長期滞在や、スノーボード以外の旅行でも使いたいなんて方はやはりキャリーバッグですね。前述の通り、雪道には向きませんがホテルや宿に直行できるなら問題ありません。

もちろん、バートンはボードケースもラインナップしてます。ただし、ボードを入れるとかなり重いので女性や体力に自信のない方は注意してくださいね。

「重いのはちょっと持てる自信ない…」なんて方は、リュック&ボードで持ち運ぶと楽ですよ!

ダカイン

ダカイン

バートンと並ぶスノーボード用リュックの人気ブランドがハワイ発のダカインです。

サーフ、スケート用のバックパックブランドとしても有名で、数多くのラインナップがあります。

ダカインのボストンバッグはブーツまで収納できるスグレモノです。

ダカインのキャリーバッグは剛性が高いので、スノボだけでなく長く使いたい方にもおすすめです。

バートンとダカインのボードケースはやはり人気が高いですね。モデル数が多いので、選ぶ楽しみもあります。

ロキシー

ロキシー

カリフォルニア発クイックシルバーの妹ブランドです。数少ない女性専門ブランドとして、さまざまなスノーボードバッグを発売しています。

ボルコム

ボルコム

こちらはサーフ、スノー、スケートブランドとして名高いボルコムですが、創始者がスノーボーダーだったことは意外に知られていません。

ボルコムのバッグはどれもシンプルなので個人的にはストライクですね。

ボルコムのダッフルバッグももちろん防水仕様です。

イーボック

イーボック

ドイツ発のイーボックは、サイクル用リュックサックブランドとして有名ですが、最近はスノーボーダーでもバックカントリーなどで愛好者が多いですね。

パタゴニア

パタゴニア

言わずと知れたアウトドアブランドの雄パタゴニアのご紹介。

登山にも耐えうる剛性で、スノーボードのみならずアウトドア全般で使える逸品です。

ジョーンズ

ジョーンズ

特にバックカントリーのスノーボードブランドとして定評のあるジョーンズのバッグ。

マムート

マムート

スイス発、マンモスのアイコンでお馴染みのマムートが販売するスノーボード用バッグです。

ミステリーランチ

ミステリーランチ

街中でも見る機会が多くなった、大人気ミステリーランチのバックカントリーにも耐えうるバックパックです。

米軍も使用するバックパックは、大雪でも中の荷物が濡れることはありません。

激安スノーボード用バッグ

「いきなりブランドバッグはちょっと…」なんて方には、ノーブランドの激安スノーボード用バッグがおすすめです。

上記のブランドバッグの半額くらいの商品もあるので、とりあえずデザインは気にしないなんて方は激安バッグを検討してみてはいかがでしょうか。

激安スノボ用リュック

激安ボードケース

「スノーボード以外にも、アウトドア全般で使いたい!」なんて方は、兄弟ブログでアウトドアリュックも特集しているので、合わせてご参照ください。

人気から定番まで!アウトドア用リュック・バックパックおすすめ60ブランド大特集【登山・キャンプ・フェス】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

文中でもお話した通り、初めて行くのにスノボ専用バッグを購入する必要はありませんが、それぞれの特徴を理解するだけで失敗がなくなると思いますよ。

例えば、バス停からゲレンデまで遠いのにキャリーを引いてきちゃったり、シティーユースのリュックで行ったら中身がびしょびしょになってたなんてテンションだだ下がりですw

また、ウェアや専用の道具を買ったなんて方は、複数回行くことを想定していると思いますので、やはり専用のバッグを購入することをおすすめします。

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。