初心者の方必見!知って得する快適スノーボードまる秘テクニック

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回は初心者の方が快適にスノーボードができるように、知ってると得をするまめ知識をまとめました。

読んだ時から試せるのでどんどん活用して下さい!

板をバーにかけてリフトが楽チン

初心者の方はビンディング(ブーツを板に固定するための道具)を外してリフトに乗られる場合が多いと思います。

板は重いので長い距離を乗っていると持っているのが大変ですよね。

「疲れてうっかり落としちゃった」なんてシャレになりません。

そんな時使えるマル秘テクニックです。

 

落下防止用のバーにバインディングを引っ掛けます。

びっくりするくらい楽ですよ〜

・引っ掛けても両手は絶対離さないで下さい。

・リフトにより板を装着しないと乗車できない場合があります。

手袋はお尻に挟むと落とさない

リフトに乗車中、手袋を外しポケットの携帯やお菓子を取り出すなんてよくありますよね。

その際手袋を落としたりなんて経験はないでしょうか?

大体の方が膝の上やリフトの空きスペースに置いていると思いますが、携帯やおしゃべりに夢中になっているとリフトの揺れで落ちてしまう…

そんな時に使えるマル秘テクニックです。

手袋を脱いだらお尻に挟んじゃいます。

まさかリフトで立つ人はいないでしょうから(笑)絶対落ちません!

ゴーグルは脱がない

滑っているとゴーグルが曇ってしまう。誰しもがある経験ですね。そんな時知っておきたいマル秘テクニックです。

まず、安いゴーグルは曇り止めスプレーをしましょう。(高いゴーグルはもともと曇り止め加工がなされている場合があります。)

まず多少曇っても外ではゴーグルをとってはいけません。余計に曇ります。私がスノーボード狂だった時代は、オープンからナイターまで休憩をほとんど取らずに滑っていましたがそれもどうかと思いますが…(笑)ゴーグルは一回も外しませんでした、曇るのが分かっていたので…

※原因をお話すると長くなりますし、主題ではないので割愛します。

ゴーグルが曇ってきてどうしようもなくなったら室内に入ります。そしてレンズ内側の水分を拭き取ります。

ゲレンデによってはトイレなどにドライヤーが設置されている場合がありますのでそれを使っても良いかもしれません。

とにかくレンズの内側に水分が残っているとほどなく曇ってしまいますので、水分はよーく拭いてください。

そして外に出たら外さない。よく見かけるおでこにゴーグル、あれも曇る原因です。もし何らかの事情で外さなければいけない場合、スノーボード用ウェアにはゴーグル入れが付いている場合が多いのでそこに忍ばせておきます。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

img_7909

絆創膏を持って行く

特にレンタルですとサイズが合わないことがほとんどです。

間違いなく足が痛くなります。

あらかじめウェアのポケットに絆創膏を入れておいて下さい。

休憩時などにブーツを脱ぎ足の様子を確認して、擦れたり傷んだ箇所があったら絆創膏を患部に貼れば痛みも和らぎます。

食事休憩は12時を外す

これは知ってる人なら常識かも知れないですが、ディズニーランドなどと同じ要領ですね。

特に週末や休日のゲレンデは混雑します。考えてみたらスキー場に行く日は朝早く出発してますよね。わざわざ12時にお昼を食べる必要もないんです。

またスノーボードが終わって着替える時間も同じ要領でずらすと混雑しません。

多くのゲレンデは5:00前後で終わりなので(ナイター除く)だいたい更衣室は4:00くらいから混雑し始めます。

結果早く着替えて早く出発すれば、マイカーの場合渋滞も回避できます。

例えば、群馬県の関越沼田インターは東京からスキー場までのアクセスが非常に良いため帰りはとても混雑します。(特に週末)

最後に…

いかがでしょうか。

初心者の方はただでさえ全身に力が入ってしまい疲れやすくなるので、

少しでも快適にスノーボードができるように記事にしてみました。

もし知らない友達がいたらゲレンデでそっと教えてあげて下さい、株が上がること間違いなしです(笑)

初心者でもできる!!!スキー場で上級者にみえる身のこなしテクニック





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。