スノーボードはどうやって行く?バス、車、新幹線徹底比較してみた

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

「これからは友達を誘ってスノーボード行こうと思ってるけど、どうやって行こう?」

「サークルのスノーボード旅行幹事になっちゃった…足はどうしよう」

どうやって行くか迷われている方も多いと思います。

そんな方のためにゲレンデへの交通手段は主に車、バス、新幹線がありますが、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

なお、条件を揃えるため日曜日、東京駅から4人、石打・丸山スキー場に日帰りでのプランで比較しました。

1d9ddb5428da17e94e667b53d450c8a2_s

金額(往復の交通費+リフト代)※一人あたり

1位 車(¥8500)

2位バス(¥8900)

2位新幹線(¥13500)

※実際の料金とは異なる場合があります。

新幹線はガーラ湯沢で考えました。一応石打丸山グループかなと勝手に解釈してます(笑)

まぁ当然の順位かなぁと思いましたが、重要な点があります。車は自家用車であることが前提です。もしレンタカーを借りると、最低でもミニバンクラスでないと厳しいと思うので、その料金を加算すると新幹線とほぼ変わらないです。

到着時間の速さ(片道)

1位新幹線(75分)

2位車(4〜5時間)

3位バス(4〜5時間)

※車、バスは渋滞考慮せず

新幹線圧倒的ですね〜。私も何度か新幹線でガーラ湯沢行きましたが死ぬほど楽でした(笑)

駅弁食べてる暇もなく着いてしまう。そして改札出るとゲストハウスですから、改札出たらゲレンデっていうのもあながち言い過ぎではない!

車とバスは当然同じ時間に出発すれば同じ時間に着きますが、バスは出発時間決まってますからね。

(だいたい7時くらいにバスターミナル出発)8時くらいに練馬ICでしょうけど、まぁ日曜日は渋滞しますね。

その点自家用車は出発時間に制約が無いので、高速道路が空いている深夜帯に出発できます。結果この順位になりました。

nisdkksi_tp_v-1

自由度

1位車

2位新幹線

3位バス

何と言っても車は時間の制約がない!

寄り道ができる!

個人的な意見としてはやっぱりスキー場往復して終わりではなくその土地の良いところを堪能して欲しいので、名物を食べたり、温泉入ったり、お土産買ったり…せっかく遠出するのでゲレンデ以外も観光してみてください。

突然未経験のスノーボードに誘われた時の楽しみ方教えます!

新幹線、バスはどうしても集合時間、出発時間が決まっているため自由に観光というわけにはいきません。

バスの場合は物産所などに立ち寄ってくれる場合もありますが、基本的にゲレンデの往復で終わります。

時間的な制約がある中、新幹線は到着時間が早いためバスと比べると自由度が高いということで2位にさせていただきました。

安全性

1位新幹線

2位バス

3位車

こちらは新幹線を1位にさせていただきました。

かなり主観が入ってますが、新幹線が一番安全な移動手段であることに異論はないと思います

2位と3位は僅差ですが、やはりプロのドライバーという部分でバスに軍配があがりました。

私も学生時代に免許を取りましたが、安全運転できていたかと言うと微妙でした。

ましてや雪道ですからさらに運転技術が要求されます。

さらに、運転手自身スノーボード滑っているわけですよね、当然疲れています。行きはともかく帰りの渋滞と睡魔は大敵です。

ツアーバスに関しては考えるだけで胸が痛くなる学生さんが巻き込まれた大事故がありましたが、それでもプロのドライバーである安心感はあります。

まぁ新幹線でも100%安全ではないですし、他人に命を預けるなら下手でも自分で運転したいという考えもあるかと思いますので、なかなか順位付けは難しいですね。

pak86_koutuujyuutai20130815_tp_v

快適性

1位車

2位新幹線

3位バス

この順位付の最大の理由は荷物を持参ければいけないということです。

東京駅が最寄駅のセレブならともかく、バスにしても新幹線にしても、荷物を家から持っていかなくてはなりません。

地方であるほどそれが負担になります。

ウェアだけでもかさばるのにマイボードまで持っていくとなると特に女性は大変です。

その点、車は楽ですね。(運転手は別の意味で大変ですが…)

また、車であれば車中で好きな音楽を流したり、お菓子を食べたり。どれだけ騒いでも大丈夫です。

新幹線やバスはそうはいきません。当然寝ている方もいるわけですし、多少なりとも食べ物の匂いだったり、おしゃべりのボリュームには気をつけなければなりません。

最後に…

いかがだったでしょうか?

たまたまこの条件だったので車が概ね勝っていますが、例えば人数の制約もありますのでご覧頂いたみなさんの条件に合わせて交通手段を選んで頂ければと思います。

ちなみに余談ですが、数年前スノーボード仲間がゲレンデに向かう途中冬の関越で5台玉突き事故に巻き込まれました。

幸い大きな怪我をされた方はいなかったようですが、そのあとの展開がすごいです。

3台目にいた私の友人(男性)と友人がぶつけてしまった2台目のドライバーの女性がなんと結婚してしまったのです。

どうやら事故処理の連絡を取っているうちに親しくなり、付き合うことになったようです。

災い転じて福となすとはこのこと、人生何があるかわかりません。

これからスノーボードに行かれる方は突然の出会いも期待しつつ(笑)安全に楽しんできていただければと思います。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。