スニーカーでハイキングできないの?→デメリットさえOKならできます!

こんにちは、元スノボインストラクターの、らくスノです。

夏場は山歩き初心者の方向けにハイキング・トレッキングの情報を発信しています。

「友達からハイキングに誘われたけど、トレッキングブーツを買うのがもったいない…」なんて方も多いと思います。

たしかに次いつ行くか分からないのに、トレッキングブーツなんて買いたくないですよね。

結論から言えば、スニーカーでもハイキングできないことはないです。

実際、富士山や奥多摩の低山をスニーカーで登っている方も多いです。

ただし、スニーカーでハイキングするのは、いわばバスケットシューズでサッカーをするようなもの。

あらかじめトレッキングブーツとの違いやデメリットは知っておくべきでしょう。

今回はスニーカーでハイキングするデメリットや、注意すべき点についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、スニーカーでも安全にハイキングできますよ。

4つのデメリットを我慢すれば、スニーカーでもハイキングできる

冒頭でもお話した通り、デメリットさえ我慢できるならスニーカーでもハイキングできます。

では、スニーカーでハイキングするデメリットとはどんなことでしょうか。

  • 防水機能がない
  • ソールが柔らかいので疲れやすい
  • ブーツの中に小石が入る
  • 安全性が低い

次項から順番にお話していきます。

防水機能がない

シティーユースのスニーカーには防水機能がない場合が多いです。

天気予報が晴れでも、ハイキングでは水たまりや通り雨の中を歩行する場合もあります。

そんな時に防水機能がないと、靴の中がびしょびしょに濡れてしまうことも…

「撥水機能はあるけど?」

いえいえ、撥水程度では浸水を防ぐことはできません。

水に濡れると怪我や底冷えの原因にもなるので、あらかじめ注意が必要です。

ソールが柔らかいので疲れやすい

トレッキングブーツのソールは硬く、かなり力を加えないと曲がりません。

なぜソールが硬いかというと、3つの意味があるからです。

  • 疲れを軽減
  • 歩行時の体勢の安定
  • 足裏の保護

それにくらべ、シティーユースのスニーカーはソールが柔らかいので、疲れやすく足を痛める可能性があります。

ブーツの中に小石が入る

トレッキングブーツはタンと本体が一体化することで、内部に小石が入ることを防いでいます。(防水の意味もあります)

対してスニーカーはタンと本体が分離しているため、小石や砂・泥が靴の内部に入りやすくなります。

これでは快適に歩行を続けることができませんよね。

安全性が低い

スニーカーはソールの溝が不十分なため、岩場などで滑る可能性があります。

また、ローカットシューズでは捻挫など足首のトラブルに対処できないことも。

そもそもスニーカーは長時間の激しい歩行を想定してないため、耐久性にも不安があります。

激安ブーツでもトレッキングできる?高級登山靴との機能性の違いを簡単に説明します!

スニーカーでハイキングする際に意識すべき5つのこと

出典:ドクターマーチン

前述の理由から、筆者も基本的にはトレッキングブーツを推奨します。

多少の歩きづらさは我慢できても、滑りやすい岩場などで滑落する危険があるからです。

私が先日インターネットで購入したトレッキングブーツは4,480円、ワークマンのアウトドアシューズは1,900円。

今は安価に買える時代ですからね。

これはお得!スポーツオーソリティーのPBトレッキング用品マストバイ4選

コスパ最強!ワークマンのアウトドアシューズでトレッキングできるか検証してみた

それでもスニーカーで登るなら、下記のことを意識しましょう。

  • なるべくソールが固く、溝が深いものをチョイス
  • 革製(合皮でもOK)で生地が厚く、ハイカットがおすすめ
  • 雨予報の日にはハイキングしない
  • 低山・難易度の低い山を選ぶ
  • 一人ではなく、団体でハイキングする

コンバースオールスターやソールがツルツルなスニーカーは論外。

ドクターマーチンなど、トレッキングブーツに近いシューズがあれば好ましいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近はトレランシューズやアプローチシューズなど、スニーカーに近い靴でトレッキングする方もいます。

とはいえ、ある程度の慣れは必要です。

少なくてもハイキング初心者の方なら、しっかりとしたトレッキングシューズを選ぶべきでしょう。

とはいえ、1回しか行かないハイキングでブーツを買いたくないという気持ちもわかります。

まずはスニーカーで山登りするデメリットや注意点を理解したうえで、安全にハイキングを楽しんでいただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

街用リュックはハイキングで使えない?トレッキング用ザックとの違いは?

ブーツ、ザック、ウェア合わせて1万円以下!?激安ギアで節約トレッキングはじめよう


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。