【21-22】統計・評判で徹底比較!スキー場バイトおすすめ求人サイトランキング

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

この記事にたどりついたということは「今スキー場のバイトを探している」なんて方も多いのではないでしょうか。

でも…

  • 求人サイトはどこがおすすめ?
  • 勤務地や職種選びのコツは?
  • バイトが決まってから派遣までの流れは?

とにかく疑問だらけですよね。

ご安心ください!

今回はスキー場バイトを探すのにおすすめの求人サイトや仕事選びのコツについて、はじめての方にも分かりやすくお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もうスキー場バイト選びで失敗することはありません!

目次

スキー場バイトおすすめの求人サイトは3社

派遣会社への登録は最短10分!無料です!

「具体的にどんな求人サイトがおすすめなんですか?」

たしかに大小たくさんのリゾートバイト専門派遣会社があるので、どこを選べばいいか迷いますよね。

結論からいえば、リゾバ.comが本命。次点でアルファリゾートとリゾートバイト.comです。

とはいえ、私の主観でおすすめされても説得力がないですよね。

実はリゾバ.comが圧倒的におすすめできる客観的根拠があるんです。

業界最大手のリゾバ.comは圧倒的な求人数で内容も良い

■派遣会社別スキー場求人の比較(求人件数は執筆時点)

求人件数(総数) 高時給(1,200円以上) 短期求人(1ヶ月) 個室求人
リゾバ.com 464件 64件 227件 222件
リゾートバイト.com 204件 46件 76件 132件
アルファリゾート 168件 15件 24件 87件
リゾートバイトダイブ 331件 3件 2件 48件
ワクトリ 163件 3件 38件 70件
りぞふる 67件 5件 25件 12件

リゾバ.com

ご覧の通り求人数で比較すると、リゾバ.comは他の派遣会社を圧倒してます。

また数だけでなく高時給、短期、個室など求人の質も高いので圧倒的におすすめなんです。

リゾバ.comは業界最大手なので、とりあえずこちらの求人サイトに登録しておけば、良い求人に巡り会えますよ。

リゾバ.comは派遣会社満足度調査でもナンバー1

上記は当ブログが調査会社に依頼した満足度アンケートの結果です。(リゾートバイト派遣会社のアンケート・口コミ調査

リゾバ.comは求人数だけでなく、満足度においてもナンバー1を獲得しています。

求人、給与、サポート等…あらゆる面において、好意的な意見が多かったです。

■リゾバ.comの口コミ

・電話対応が丁寧で分かりやすかった。また、就業後に電話相談を行った際も親切に対応してくれた。

20代後半女性

・去年の5月頃に沖縄の仕事の募集があり、応募しました。電話で応募、面談のような形式で進んでいき、担当してくれた女性のスタッフさんが親切で頼りになりました。他のリゾートバイトの派遣会社では、高圧的な人や、連絡しても繋がらない、サポートが不十分なことがありましたが、この会社はその心配がありません。他の人にも安心して勧められます。

20代男性

・平日の午前中に登録フォームより登録したのですが、情報入力後すぐに担当者から連絡がきて、スムーズに自分の条件に合った仕事が決まったのでとても良かったです。また短期でしたが、紹介された仕事は楽しかったので満足しています。

男性

口コミにおいても、他社を圧倒する高評価。

この事実だけ取っても、リゾバ.comがいかに優れているかご理解いただけると思います。

アルファリゾートはサポートが手厚い

リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートは拠点が7箇所もあり、手厚いサポートが受けられる派遣会社。

就業前後の電話・メールでの定期連絡、さらに実際に職場に来て就業フォローまでしてくれます。

実は求人内容とともに大事なのが、派遣会社の担当者との相性なんです。

  • 職場でパワハラを受けた
  • 寮が古くて耐えきれない
  • 仕事が辛いので職種を替えたい

こういったトラブルを抱えた時、頼りになるのは派遣会社の担当者だけ。

でも、大きい派遣会社だからって、良い担当者に巡り会えるとは限りませんからね。

本当に良い担当者は、些細なことでも親身になって相談に乗ってくれます。

逆にダメな担当は質問への回答が曖昧だったり、メールの返信が遅いといった傾向があります。

だからリゾバ.comに申し込んだ時、もし担当者の対応が微妙だったら遠慮なく派遣会社を変えて良いと思います。

■アルファリゾートの口コミ

・初めてやった時に担当者の方が親切丁寧に説明と案内をしてくれた。マメに連絡も頂き、対応力が素晴らしかった。

30代後半女性

・初期対応もよく、入った後も同僚と仲良く仕事できたところが良かったです。

20代後半男性

口コミも担当者のサポートに対する高評価が目に付きました。

アルファリゾートもたくさんの求人を抱えている派遣会社なので、ぜひチェックしてみてください。

最高時給を約束!リゾートバイト.com

リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは求人数も多く、さらに最高時給を約束している優良派遣会社です。

「同じ仕事をしているのに、別の派遣会社から来たAさんのほうが時給が高い…」

これはスキー場バイトあるあるです。

でもリゾートバイト.comは他の派遣会社と同じ勤務地の時給を徹底調査しているので、少なくても時給が下回ることはありません。

グッドマンサービスという大手企業が運営している安心感もありますね。

■リゾートバイト.comの口コミ

・同世代の方も多く楽しく働くことができました。好きなことをして、そこら辺のバイトより時給がいいのでとてもやりがいを感じられました。

20代女性

・他の派遣会社より時給が高かったことが決め手になりました。

男性

満足度に関しても、リゾバ.comに続き高評価を獲得しています。

やはり口コミも高時給に関するものが多かったです。

スキー場バイトの派遣会社は何社登録しても問題ありません。

だから求人探しで損したくないなら、2社を比べてみるのもありだと思いますよ。

派遣会社への登録から就業までの流れ

派遣会社を決めたら、実際に登録してみましょう。

今回ご紹介した派遣会社はすべて登録無料です。

良い求人は早いもの勝ちなので、気づいてから慌てて登録しても遅いです。

また良い求人があれば、優先して紹介をもらえることもありますからね。

実際、サイト掲載前に逆オファーで採用が決まってしまう求人も多いです。

だから実際に就業するかは別にして、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

■派遣登録から就業までの流れ

  1. 派遣会社へ無料登録
  2. ヒヤリングシートへ入力
  3. 担当者と電話またはオンライン面談
  4. 求人を探す
  5. 求人に応募
  6. 即日〜1週間以内で採用通知
  7. 持ち物を準備
  8. 派遣日までに現地へ向かう
  9. スキー場でバイト開始!
  10. 給与は翌月払い

ちなみに派遣会社へ登録すれば、現地での面接等はありません。

詳しくは下記の記事にまとめていますので、合わせて参照ください。

スキー場バイトの始め方!仕事探しから働くまでの流れを詳しく解説します

スキー場バイトの求人の選び方コツ

さて、派遣会社への登録が終わったら、実際にスキー場バイトを探してみましょう。

ところで皆さん、スキー場バイトの求人選びで失敗する理由って何だと思います?

それは担当者への質問不足です。

たとえば「Wi-Fi使えます!」と求人に書いてあったけど、実際行ってみたら、電波があるのは共用部分だけだった等…似たような話はよくあります。

求人を見ただけで分かる情報は限れますからね。

契約前に労働環境・生活環境をしっかり確認しておく必要があります。

  • 人間関係が悪い職場
  • 労働環境が悪い職場
  • 生活環境が悪い職場

あらかじめ派遣会社の担当者に質問するだけで、こういったブラック職場を避けることができますよ。

契約前に確認しておいたほうがいい情報

では、具体的にどのような情報を確認しておくべきなんでしょうか。

  • 契約満了率、途中で辞めた理由
  • 部屋でWi-Fiが使えるか?
  • 寮の築年数や内装
  • 食事は三食?食堂はある?
  • 生活家具・家電の有無
  • 水道・光熱費、寮の家賃
  • 月給の目安・収入保証
  • シフト時間
  • 残業の有無
  • 寮から職場までの交通手段
  • 寮の周辺環境
  • リフト券、レンタル無料
  • バイトの数・男女比率

ちなみに求人への質問はメールでのやり取りをおすすめします。

いざトラブルになったとき、証拠がないと言った言わないの話になりますからね。

求人選びのコツについては、下記の記事も参照ください。

楽しいリゾバ生活が過ごせる!スキー場バイト求人選び4つのコツ教えます

おすすめの派遣先は大規模スキー場

求人を選ぶにあたって重要なのが、スキー場の場所ですよね。

おすすめの派遣先は大規模スキー場です。

■大規模スキー場でバイトするメリット

  • キッチン・お風呂など生活環境が整っている
  • コンビニ・ドラッグストアなど周辺施設が充実している
  • 現地スタッフも仕事を教え慣れている
  • トラブルを抱えても配置転換しやすい
  • リゾートバイトの採用人数が多いので出会いの機会が増える
  • いろいろな仕事を兼業させられることがない
  • 毎日スキー・スノボしても飽きない
  • ナイターも滑れる

私自身1シーズン目は小規模スキー場、2シーズン目は大規模スキー場でバイトしましたが、やはり大きいスキー場のほうが働きやすかったですね。

もちろん小規模なスキー場でも環境が整っていることもありますが、大規模スキー場のほうが失敗する確率は少ないです。

具体的には、ニセコ、白馬、越後湯沢エリアがおすすめ!

おすすめの派遣先に関しては下記の記事にまとめているので、合わせて参照ください。

スキー場でリゾバするならどこが良い?おすすめの派遣先教えます!

スキー場バイトでおすすめの仕事

基本的には「高時給=仕事がきつい」「低時給=仕事が楽」という認識でOK!

具体的な職種で言うと、仕事はきついけど高時給なのはホテル・旅館、楽なのはリフト係・売店です。

「時給が安くでもスキー・スノボの時間を優先」なのか「とにかく稼ぐことが優先」なのか…このあたりはご自身が何を優先するかで決めれば良いと思います。

ごくまれに楽で高時給な求人もありますが、

  • 寮が汚い
  • 相部屋しか空いてない
  • 食事が三食つかない
  • 寮費、水道光熱費が有料
  • 寮から職場まで30分以上かかる

…など、だいたい裏があるので注意が必要。

結局募集する側も、人が来ないので高時給に設定しているわけです(笑)

スキー場の仕事や職種選びの注意点に関しては、下記の記事も参照ください。

スキー場バイトおすすめ職種・楽な仕事は?経験者が教えます!

完璧な求人はない!何を優先すべきか考えておこう!

いろいろ求人選びのコツについてお話してきましたが、完璧な求人などありません。

  • 就業期間
  • 働く場所
  • 職種・時給
  • 生活環境

まずはどれを優先して、どれを妥協すべきか考えておきましょう。

前述の通り、人気の求人はあっという間に採用が決まってしまいます。

「寮は古いけど、個室だし時給がいいから応募しよう!」

「希望の職種じゃないけど、生活環境が整っているからオファーしてみよう!」

あらかじめ優先順位を決めておけば、良い求人が見つかった時ちゅうちょなく応募できますよね。

現地での生活ってどうなの?スキー場バイト体験談を聞いてきました

  • 寮生活ってどんな感じ?
  • 人間関係は?友達はできる?
  • スキー・スノボってどのくらい滑れる?
  • お金はどのくらい貯まる?

スキー場での生活に疑問がある方も多いと思います。

当ブログでは実際に苗場スキー場で働いている女性に、リゾートバイト体験談をインタビューしてきました。

冬のスキー場バイトの実情が知りたい方は、下記の記事を参照ください。

こもりたい方必見!スキー場バイト体験談を現地でインタビューしてきた

スキー場バイト探しの疑問Q&A

最後にスキー場バイト探しの疑問についてお答えしたいと思います。

スキー場バイトはいつから応募できますか?

スキー場バイトの応募は10月から増えてきます。

条件の良い求人はすぐに応募が終了しますからね。

すでに働くことを決めているなら、9月までの登録をおすすめします。

年末年始・春休みだけでも働けますか?

求人数が多いのは就業期間2〜3ヶ月のバイトですが、年末年始や春休みだけの短期募集もあります。

1週間でもOK!スキー場バイトの短期求人を探すコツや注意点とは

友人・恋人同士で働けますか?

もちろん働けます。

求人数は少ないですが、友達・恋人同士で住めるように寮を優遇してくれる派遣先もありますよ。

ただし、配属先が同じだとシフトの関係で休みが合わせづらくなります。

友達・恋人と休みを合わせたいなら、それぞれ別職種がおすすめです。

社会保険には入れますか?

希望するかどうか以前に、2ヶ月以上の就労が見込まれる場合は、社会保険への加入が義務付けられています。

だから2ヶ月以上のバイトが決まった時点で、必ず派遣会社から加入の案内があります。

ただし、担当者が失念している場合もあるかもしれないので、いつまでたっても案内が無い時は問い合わせてみましょう。

有給休暇は取得できますか?

就業してから半年以上経過した場合に、有給休暇が付与されます。

だからスキー場バイト単体での取得は難しいです。

ただし、他の派遣先で働いた日数もカウントされるので、トータルで有給休暇を取得することは可能です。

派遣会社を変更することは可能ですか?

はい、派遣会社はいつでも変更できます。

そもそも「絶対にその派遣会社で働かなければならない」という決まりはないので、複数登録してもOKです。

派遣会社はいつでも退会できますか?

はい、就業中でなければ各社いつでも退会可能です。

特に年間登録料などが発生するわけではないのでそのままでも問題ありませんが、気になる方は退会手続きをしてください。

地方に住んでいますが、やはり派遣会社へ面接に行かないとダメですか?

派遣会社では登録時に面談を行いますが、電話やオンライン(ZOOM等)でも大丈夫です。

派遣先での面接はありますか?

派遣先での面接はありません。

派遣会社から就業先へ希望を出し、契約が決まった時点で採用です。

高時給・好条件のレア求人を見つける方法は?

大前提として高時給・好条件のレア求人は、サイト掲載前に埋まることがほとんどです。

なぜなら派遣会社の担当者が、求人を探している人へ優先的に紹介しちゃいますからね。

だから、レア求人を見つけるなら、

  • 働く時期がだいぶ先でも、まずは派遣会社に登録
  • 就業期間・職種など、できるだけ詳細に希望を伝えておく
  • 他の派遣先で契約を満了して、信頼を構築する

あらかじめご自身でも、紹介してもらいやすい環境を作ることが重要です。

スキー場バイトの持ち物は?

おおまかな持ち物は派遣会社が教えてくれます。

その他必要なものがあれば、その都度現地で調達すればOK。

ただし、スキー場近辺で購入すると高いこともあるので、持っていけるものは準備しておきたいですね。

具体的な持ち物については、下記の記事も参照ください。

これは絶対に持っていけ!スキー場バイトの持ち物教えます

スキー場バイトを途中で辞めることはできますか?

契約満了前に仕事辞めると交通費が支給されなかったり、次に良い求人を紹介してもらえないなどのリスクがあります。

仕事や人間関係に不満がある場合は、派遣会社に相談して職種・配置替えなどを検討してみましょう。

高校生でも派遣会社に登録できますか?

高校生は派遣登録できません。

スキー場またはホテル・旅館などへの直接採用のみとなります。

現地まではどうやって行けばいいの?交通費は支給される?

スキー場への行き方は派遣会社の担当者が案内してくれるので、まず迷うことはありません。

交通費は立て替え、任期満了後に振り込まれます。

給与の日払いはできますか?

日払いはできません。

ただし、任期を満了することが前提になりますが、給与の前借りは可能です。

スキー・スノボが滑れなくても大丈夫ですか?

滑れない事自体はまったく問題ないですが、スキー場は他に娯楽がないので時間を持て余します。

You Tube、ポータブルゲーム機、ネットフリックス等…あらかじめ暇潰しできるツールを準備しておくことをおすすめします。

でも、せっかくのスキー場バイトなので、現地でできた友達にスキー・スノボを教えてもらうのはいかがでしょうか。

髪色やパーマ、ピアス・タトゥーは厳しいですか?

派遣先により異なりますが、特にホテル・旅館は厳しい傾向にあります。

ただし、ニセコ・白馬エリアなどは外国人も多いことから、髪色やピアス・タトゥーに対して寛容な職場も多いです。

気になる方は、各派遣会社の担当者に確認してみましょう。

おすすめのスキー場バイト派遣会社は3社

順位 特徴
1位 リゾバ.com

求人数はもちろん、高時給、短期、個室など求人の質が高いリゾバ.comはイチオシの派遣会社です。業界最大手なので、とりあえずこちらの求人サイトを登録しておけば良い求人に巡り会えます。

 2位 リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートは拠点が7箇所もあり、手厚いサポートが受けられる派遣会社。就業前後の電話・メールでの定期連絡、さらに実際に職場に来て就業フォローまでしてくれます。

 3位 リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは求人数も多く、さらに最高時給を約束している優良派遣会社です。他の派遣会社と同じ勤務地の時給を徹底調査しているので、少なくても時給が下回ることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私もはじめてスキー場で働いたときは要領もわからず、言われるがまま仕事してました。

今考えると「もっと良い求人を探せば良かったなぁ」と後悔する部分も多いです。

ぜひこの記事を参考に、自分にとってベストな求人を見つけて、楽しいリゾバライフを過ごしていただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

滑れる、出会える、稼げる!スキー場でバイトする5つのメリットとは

2シーズン働いた筆者が語る!スキー場バイトのきつかったエピソード11選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。