スキー場へはどうやって行く?6つの交通手段の特徴まとめてみた

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

「運転苦手なんだけど、車以外にスキー場へ行く方法ってないの?」

「新幹線とツアーバスどっちがお得?」

「一人で行く時はどの交通手段がおすすめなの?」

スキー場への交通手段を迷っている方も多いのではないでしょうか?

■スキー場への主な交通手段

  • 新幹線
  • ツアーバス
  • スキー、スノボ専用列車
  • 飛行機
  • フェリー

人数や予算によって、最適な交通手段は変わります。

なんとなく決めると、料金面で損したりトラブルに巻き込まれることも…

でもご安心あれ!

今回の記事では、各交通手段のメリット・デメリットをまとめてみました。

この記事を最後まで読めば、あなたにぴったりの交通手段が見つかるはずです!

車は時間に縛られず荷物の持ち運びも楽!

■車でスキー場に行くメリット

  • 時間に縛られない
  • 荷物の持ち運びが楽
  • 飲食、音楽等周りに気を使わなくていい

■車でスキー場に行くデメリット

  • 車の所有者の負担が大きい(運転、送り迎え等)
  • 雪道運転に慣れていないと危ない
  • 人数が少ないほど、金銭の負担が大きい

スキー場へ向かう交通手段として、もっともスタンダードなのが車です。

自由に行動でき、自宅からスキー場までの荷物の持ち運びも楽。

しかし、スキー場を往復する運転者の負担が大きく、人数が少ないほどお金もかかります。

運転する際の注意点は下記の記事にまとめました、合わせて参照ください。

スキー場までの雪道にチェーンは必要?スタッドレスタイヤで行けますか?

スキー場までの雪道を運転するときのポイント・注意点とは

新幹線は移動時間が短い!

■新幹線でスキー場に行くメリット

  • スキー場への移動時間が短い(ガーラ湯沢まで約70分)
  • 運転を気にしなくて良い
  • 一人でも料金が一律

■新幹線でスキー場に行くデメリット

  • 新幹線の発着駅までの移動が大変
  • 荷物置き場が少ない
  • バスよりも割高

特に都市圏のスキーヤー・スノーボーダーにおすすめなのが新幹線移動。

なんといっても移動時間が短いので、ゲレンデまでの移動が楽です。

しかも運転を気にする必要がないので、車内で睡眠をとったりお酒を飲むこともできます。

ただし、新幹線の発着駅までの移動が大変なので、地方にお住まいの方はかえって不便かもしれません。

初めてのJRスキー、スノボツアー!新幹線で行くメリットや裏技、注意点などまとめてみた

バスツアーはとにかく安い!

■バスツアーでスキー場に行くメリット

  • とにかく安い
  • 運転を気にしなくて良い
  • 一人でも料金が同じ
  • ゲレンデがいろいろ選べる

■バスツアーでスキー場に行くデメリット

  • 交通状況により到着時間が変わる
  • 移動時間が長い
  • 自由にトイレへいけない

特に車や免許を持たない学生さんにおすすめなのがバスツアー。

なんといっても平日2,000円台から参加できる料金設定は魅力的ですね!

さらにツアー料金にはリフト代が含まれており、レンタル代も割安です。

しかし、自家用車のように明け方出発するということができないため渋滞に巻き込まれる可能性も高く、移動時間が長いです。

初めて行くスキー、スノボバスツアー!メリットや裏技、注意点などまとめてみた

スキー、スノボ専用列車は新幹線よりも安く到着時間が早い!

■専用列車でスキー場に行くメリット

  • 新幹線よりも価格が安い
  • スキー場への到着時間が早い
  • 朝食が付いてる

■専用列車でスキー場に行くデメリット

  • 東武線沿線まで行かなければならない
  • 電車からバスへの乗り換えが面倒
  • 復路の特急は別料金

東武鉄道が運行するスノーパルの一番のメリットは、スキー場への到着時間が早い!

新幹線・バスツアーはパウダーやピステンバーンを一番滑走できませんからね。

さらにバスツアーに対抗できる料金設定で、朝食付きなんて面白いサービスもやってます。

ただし、スキー・スノボ専用列車と大風呂敷を広げましたが、実際に運行しているのは全国で東武鉄道のみ。

必然的に利用者は関東圏の方に限られます。

バスや新幹線との違いは?スキー・スノボ専用列車スノーパルに乗車したのでレポートします!

飛行機は北海道トリップの定番!

■飛行機でスキー場に行くメリット

  • 到着が早い
  • LCCを使えば料金もリーズナブル
  • 空港内も楽しい

■飛行機でスキー場に行くデメリット

  • 空港までの移動が面倒
  • 現地に到着してからの移動が面倒
  • 幼児・子ども連れには不便

北海道トリップの定番といえば飛行機移動。

到着が早いうえに、LCCを使えば片道一万円前後と料金も安い。

ニセコやルスツといった大規模なスキー場なら、新千歳空港からの直行バスもあります。

ただし、そもそも空港への移動があるので、地方にお住まいの方は不便を感じるかもしれません。

また子ども連れの移動は大変です。

フェリーは自家用車で北海道トリップできる!

■フェリーでスキー場に行くメリット

  • 自家用車で乗船できる
  • 料金が安い
  • ペット同伴OK

■フェリーでスキー場に行くデメリット

  • 船酔い
  • 移動時間が長い
  • 電波が悪い

最後は変わり種として北海道行きフェリーをご紹介します。

夜出発で翌朝到着、ホテルに宿泊しながら移動できるイメージですね。

なんといっても自家用車で移動できるので、現地に到着してからの移動が楽。

料金もリーズナブルで、お金のない学生さんは相部屋で節約できます。

ただし、飛行機よりも移動時間が長いので、会社・学校の休みが短い場合は不向きですね。

学生やファミリーにおすすめ!フェリーで行く北海道スキー・スノボ旅行の魅力とは

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あらかじめ各交通手段の特徴を知っておくだけで、トラブルを避けることができます。

また日頃使わない交通手段を使うと、新たな発見があって楽しいかも!?

ぜひこの記事を参考に、ご自身にベストな交通手段をチョイスいただければと思います。

なお主要な交通手段である車、新幹線、バスを5つの基準で比較した記事も書きました。

こちらも合わせて参照ください。

【スキー・スノボ旅行】バス、車、新幹線のメリット・デメリット比較してみた

【関連記事】

怪我、盗難、紛失…スキー場で遭遇しやすい5つのトラブルを回避する方法

雪道はどんなクツが良い?キャリーバッグはダメ?スキー、スノボ旅行の疑問にお答えします!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。