スキー場バイトおすすめ職種・楽な仕事は?経験者が教えます!

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

  • スキー場バイトを探してるけど、どんな仕事があるの?
  • 稼げる職種は?
  • どの職種が楽ですか?

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

先に結論を申し上げるとスキー場で一番稼げる仕事はホテル・旅館、楽な職種はリフト係・売店ですね。

でもね…楽で稼げるスキー場バイトなんて存在しません。

ホテル・旅館の仕事はかなりきついし、リフト係・売店は時給が安い傾向にあります。

だから「楽な仕事=稼げない」「きつい仕事=稼げる」そう考えてもらって間違いありません。

今回はスキー場バイトの職種や、仕事選びの注意点についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、自分の体力やモチベーションに合った、最適な職種を選ぶことができるようになります。

スキー場バイトの仕事は18種

スキー場バイトの仕事は18種類あります。

もちろんスキー場の規模によっては兼任することもありますが、基本的にはこの18種類の中から仕事を選ぶことになります。

中にはパトロールや救護係など資格が必要な職種もありますが、基本的には初心者OKな仕事が多いです。

センターハウス内での仕事

まずはセンターハウス内や周辺の仕事をご紹介します。

■インフォメーション

スキー場の施設やサービス、イベント案内などを行なう業務です。

■チケット販売

その名の通り、チケット販売を行います。

■売店

お土産やスキー・スノボギアの販売、品出し・陳列を行ないます。

■レンタルショップ

来場客にスキー・スノボギアを貸し出します。

■レストラン・フードコート

食堂や軽食コーナーで調理補助をしたり、接客業務を行います。

■駐車場案内

来場客に駐車場への誘導を行います。

ゲレンデの仕事

ゲレンデの仕事は、リフト係を除きスキー・スノボの経験や資格が必要な場合が多いです。

■リフト係

リフト乗降場で除雪や乗客の誘導、安全確認を行います。

■スキー・スノボインストラクター

スクールでスキー・スノボを教えます。インストラクター資格が必要です。

■パトロール

ゲレンデ内を巡回して、コースの点検や怪我人の救護にあたります。パトロールも資格が必要な職種です。

■コース管理・ディガー

圧雪車などでコースを整備します。ディガーはパーク内のジャンプ台・アイテムを整備する人です。

■救護係

怪我人を救護します。医師・看護師・救命救急士などの資格が必要です。

■託児所

親御さんが滑っている間、お子さんの面倒を見る仕事です。

周辺の宿泊施設・飲食店の仕事

スキー場周辺のホテルや旅館、飲食店などで働く仕事です。

■レストランサービス

ホテル・旅館内のレストランや客室で配膳などのサービスを行います。

■フロント・ベルボーイ

受付、電話対応、客室への誘導、荷物運搬などを行なう業務です。

■客室係・仲居

部屋に食事を運んだり、布団を敷いたりといったサービスを行います。女性のイメージが強いですが、男性も就業可能です。

■調理補助

調理場で下準備や盛り付け、皿洗い等簡単な作業を手伝います。

■客室清掃

チェックアウトした客室を清掃したり、備品の補充をします。

■予約係・事務

事務方の仕事ですね。リゾートバイトでの募集は少ないです。

おすすめの稼げる職種はずばりホテル・旅館!

皆さんが気になるのは「スキー場バイトでどの職種が一番稼げるか」ということですよね。

語学・看護師・インストラクター資格など特殊な技能を持つ方以外が稼ぐなら、ずばりホテル・旅館がおすすめです。

ホテル・旅館の仕事はどの職種も基本きついです(笑)

中抜け勤務が多いし、仕事中は立ちっぱなしですからね。

※中抜け勤務とは…8〜13時、17〜21時だけ働いて、昼間は中休憩というシフトです。

髪色やピアス・タトゥーなど身だしなみも厳しい。

さらに体力面・身だしなみだけならともかく、お客さんから理不尽なクレームを受けることもあります。

でも、求人を見てもらうと分かりますが、時給は高いです。

とりわけ仲居さんはお客さんからチップをもらえるので、めちゃくちゃ稼げると聞きました。

快適なリゾバライフよりも稼ぎを優先するなら、ホテル・旅館を選びましょう。

こもりたい方必見!スキー場バイト体験談を現地でインタビューしてきた

おすすめの楽な仕事はリフト係・売店!

正直私が最初に配属されたリフト係と売店はめちゃくちゃ楽でした。

リフト係は最初に除雪作業があるけど、あとは30分交代で働いている時間の半分はコーヒー飲みながら休憩です。

売店もお客さんがいないときは、普通に座って携帯いじったりしてました(笑)

基本的に通し勤務なので、仕事終わりに自由な時間を作りやすいのもメリット。

そのかわり時給はホテル・旅館で働いていた同僚より数百円低かったです。

だから、

  • 稼ぎはそこそこでいいからリゾートバイト生活を楽しみたい!
  • 仕事終わりはがっつりスキー・スノボの練習がしたい!
  • 忙しいのは体力が持たないので、時給が低くてものんびりやりたい!

そんな方におすすめですね。

ちなみに、あくまで私が体験してきた中での話なので、すべてのスキー場に当てはまるとは限りませんのでご了承ください。

スキー場バイトの職種選び4つの注意点

スキー場バイトの職種選びは、以下の4つに注意してください。

  • 時給だけを見て職種を決めない
  • 時給が高くてもシフトに入れないことがある
  • 複数の仕事を掛け持ちすることがある
  • 求人には良いことしか書いてない

次項から詳しくお話します。

時給だけを見て職種を決めない

スキー場バイトの時給は、単純に仕事のきつさだけで決まるわけではありません。

■時給が高い理由

  • 仕事がきつい
  • 生活環境が悪い
  • 食事が三食つかない
  • 寮費、水道光熱費が有料
  • 寮から職場まで30分以上かかる

たとえ仕事が楽でも、他の条件が悪いと時給を高く設定せざるを得ないという事情もあります。

たまに時給1300円のリフト係なんてスキー場がありますが、そういう求人は警戒したほうがいいです。

もし契約途中で辞めてしまうと往復の交通費が支給されなかったり、次にいい仕事を紹介してもらえないこともあります。

解決策としては、できるだけ短期から始めるのがおすすめです。

仮にきつい・生活環境の悪い職場でも、短期なら我慢してやり切れますし、もしその職場が気に入れば延長交渉すればいいだけですからね。

1週間でもOK!スキー場バイトの短期求人を探すコツや注意点とは

時給が高くてもシフトに入れないことがある

時給が良くても、暇な日はシフトカットされることがあります。

特に最近は感染症の影響で「途中で契約を切られた」なんて事態も起きているようです。

まずは派遣会社にどのくらい稼げるのか目安を聞いておきましょう。

また派遣会社によっては休業補償してくれるところもあるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

複数の仕事を掛け持ちすることがある

私もそうでしたが、派遣先によっては複数の仕事を掛け持ちすることがあります。

まぁ自分が許容できる範囲ならいいのですが、希望に沿わない場合は派遣会社に相談してみましょう。

求人には良いことしか書いてない

  • わきあいあいとした職場
  • 楽しく働けます
  • 簡単な作業のみ

求人の謳い文句を安易に信じてはいけません。

そもそもこんなの主観でしか無いですからね。

「楽って聞いてたのに、一日中立ちっぱなしで辛かった…」なんて契約後にクレームを言っても、何の解決にもなりません。

安易に求人のキャッチコピーを信じるのではなく、必ず派遣会社の担当者に仕事内容を確認しましょう。

2シーズン働いた筆者が語る!スキー場バイトのきつかったエピソード11選

おすすめのスキー場バイト派遣会社は3社

順位 特徴
1位 リゾバ.com

求人数はもちろん、高時給、短期、個室など求人の質が高いリゾバ.comはイチオシの派遣会社です。業界最大手なので、とりあえずこちらの求人サイトを登録しておけば良い求人に巡り会えます。

 2位 リゾートバイトならアルファリゾート!

アルファリゾートは拠点が7箇所もあり、手厚いサポートが受けられる派遣会社。就業前後の電話・メールでの定期連絡、さらに実際に職場に来て就業フォローまでしてくれます。

 3位 リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは求人数も多く、さらに最高時給を約束している優良派遣会社です。他の派遣会社と同じ勤務地の時給を徹底調査しているので、少なくても時給が下回ることはありません。

詳しくは下記の記事もご覧ください。

統計・評判で徹底比較!スキー場バイトおすすめ求人サイトランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スキー場で一番稼げる仕事はホテル・旅館、楽な職種はリフト係・売店です。

でもね「稼げる=仕事がきつい」という法則は絶対に忘れてはいけません。

それでもたまに高時給で楽な職種の求人もありますが、結局そういう仕事は…

  • 寮が古くて相部屋
  • 寮から職場までバスで30分
  • コンビニ・スーパーが付近にない

なんて仕事以外の条件が最悪だったりしますからね。

そもそも好条件の求人は、サイト掲載する前に決まってしまうパターンが多いです。(派遣会社の担当者が先に紹介してしまう)

これからスキー場バイトを探す予定のある方は、私のスキー場バイトの経験をまとめた関連記事も参照ください。

バイト選びで失敗することがなくなりますよ。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

滑れる、出会える、稼げる!スキー場でバイトする5つのメリットとは

これは絶対に持っていけ!スキー場バイトの持ち物教えます

恋人・友達はできる?経験者がスキー場バイト出会いの裏事情を暴露します


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。