ゲレンデに向かう車中で聴くとテンションが上がるバンド30選(邦楽オルタナ・パンク・ミクスチャー編)

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

当ブログはスノーボードを中心に情報発信しているわけですが、今回はゲレンデに向かう車中で聴くとテンションが上がるバンドを集めてみました。

らくスノ
はい、完全に私の独断と偏見です(笑)

「車やライディング中に聴く曲がマンネリしてる…」なんて方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

30位からはこちら

30位 LOW IQ 01

スカテイストのハードコア?ジャンルではとても語れない我らのいっちゃん。

NEVER SHUT UP
LOW IQ 01
¥ 150

29位 グループ魂

大人計画のメンバーで結成されたバンド。阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんが所属しています。個人的には星野源さんより熱いです(笑)

君にジュースを買ってあげる better
グループ魂
¥ 250

28位 The Mad Capsule Markets

当時はテクノとハードコアの融合…衝撃的でした!2004年のサマーソニックでモッシュしたなぁ、もう10年以上前なのか(泣)

SCARY -Delete streamin’ freq. from fear side-
The Mad Capsule Markets
¥ 250

27位 KEY TALK

女の子人気が高いみたいでライブ行きづらいけど…メロディが良いバンド!

太陽系リフレイン
KEYTALK
¥ 250

26位 OKAMOTO`S

CMでも流れてましたね、これ聴いてテンション上がらない人はいない!そんなバンドです。

Beautiful Days
OKAMOTO’S
¥ 250

25位 MY FIRST STORY

ボーカルヒロさんのお兄様はご存知ワンオクロックのボーカルタカさん。兄弟揃って高音シャウトがすごいです!

不可逆リプレイス
MY FIRST STORY
¥ 250

24位 KANA-BOON

私もあまり詳しくは知らないんですが…大阪のバンド(笑)スノーボードにピッタリなノリのいい曲が多いです。

フルドライブ
KANA-BOON
¥ 250

23位 グッドモーニングアメリカ

東京八王子で結成されたバンドです。ベースのたなしんさんのビジュアルに注目しちゃうとこですが曲もかっこいい!

未来へのスパイラル
グッドモーニングアメリカ
¥ 250

22位 BーDASH

ここでそろそろ私世代のバンドも入れさせてもらいます(笑)歌詞がめちゃくちゃなのが逆に耳に残りますね。

ちょ
B-DASH
¥ 150

21位 the HIATUS

エルレの細美さんが結成したバンドです。エルレはパンクな印象でしたが、このバンドはエモチックなコード進行で私は大好物。

Ghost In The Rain
the HIATUS
¥ 200

20位からはこちら

20位 ASIAN KUNGーFU GENERATION

こちらも青春時代めちゃめちゃお世話になりました。今でも私のipodにはたくさん曲が入ってます。

リライト
ASIAN KUNG-FU GENERATION
¥ 250

19位 dustbox

ダストボックスを聞いたとき、すでにメロコアは世の中にあふれてたので「似たようなのまた出てきたのか?」なんて思ってたんですが、いわゆるパンクでありがちな3コードではなく7系の独特のコードを多用しパンクに新しい風を入れてくれたバンド。

Right Now
dustbox
¥ 150

18位 Scott Murphy

日本出身ではないのにJPOPが大好きで、パンクアレンジしてはアルバム出してるスコット・マーフィーさんです。

愛唄
スコット・マーフィー (ex-ALLiSTER)
¥ 250

17位 Northern19

あまりメジャーではないですが、メロディーがすごくいいです。少し英語の発音悪いけど(笑)

STAY YOUTH FOREVER
Northern19
¥ 150

16位 BEAT CRUSADERS

フェスでは何度もお世話になりましたご存知ビークルさんです。

FEEL
BEAT CRUSADERS
¥ 250

15位 POP DISASTER

ボーカルたかゆきさんの高音ボイスと、まいこさんのパワフルなドラムが印象的です。

Static
POP DISASTER
¥ 250

14位 Fat Prop

この曲は絶対聴いて欲しい、涙が出ます。究極にエモーショナルなバンドです。

Close My Eyes
FAT PROP
¥ 150

13位 BRAHMAN

グレイのライブしか行ったことのない私にモッシュを教えてくれたバンド。最近この曲は高校野球のブラスバンドの曲としても有名らしいです。

See Off
BRAHMAN
¥ 200

12位 BLUE ENCOUNT

熊本出身のバンドで、私の最近一押しです。震災後のライブでボーカルの田邊さんが涙ながらに歌う姿は感動ものでした。

HALO
BLUE ENCOUNT
¥ 200

11位 RADWIMPS

もう説明不要ですね。最近は映画の主題歌でさらに熱くなってるバンドです。

会心の一撃
RADWIMPS
¥ 250

10位からはこちら

10位 TOTALFAT

もうエクストリームスポーツで聴くために生まれてきたようなバンド。

Room45
TOTALFAT
¥ 250

9位 Fear and loathing in las vegas

ちょっとメタル寄りなので好き嫌い別れるかもしれませんが、メロディーはキャッチーで聴きやすいです。

Just Awake
Fear and Loathing in Las Vegas
¥ 250

8位 マキシマム ザ ホルモン

おなじみのバンドですが、音源が配信されて無かったので…カラオケです(笑)

恋のメガラバ(カラオケ Originally Performed By マキシマム ザ ホルモン)
DAMカラオケ
¥ 150

7位 FACT

最初は「なんだこのお面気持ち悪い」なんて罰当たりなこと思ってたんですが、曲聞いた瞬間そんな気は失せました。死ぬほどかっこいいバンドです…解散しちゃったけど(泣)

a fact of life
FACT
¥ 200

6位 10FEET

私が高校生くらいの時から第一線で活躍しているバンドです。ライブで十代の若いファンを見ると心の中で上目線になります(笑)

River
10-FEET
¥ 250

5位 ELLEGARDEN

やはりこのバンドは外せないです。当時はこの手のバンドは数多くいましたが、細美さんの英語の発音はびっくりした記憶があります。ちなみに私の結婚式でも「Marry Me」という曲使わせてもらいました。

Red Hot
ELLEGARDEN
¥ 200

4位 MAN WITH A MISSION

このバンドも説明不要ですね。メンバー自身スノーボードをはじめとするエクストリームスポーツ大好きみたいで、PVでは本人たちがスノーボード滑っていました。(しかも激ウマ!!!)

Just Like Magic
MAN WITH A MISSION
¥ 250

3位 SiM

もうマーくんカッコよすぎ!ランキングでは3位にしましたが、この「KiLLiNG ME」私のipodで再生回数ナンバーワンでした。

KiLLiNG ME
SiM
¥ 150

2位 Hi-STANDARD

若い世代の方はハイスタよりケンさんのバンドのほうをご存知かと思いますが、当時の人気はそりゃ半端なかったです。昔はipodも普及してなかったのでMDで死ぬほど聞いてました。

STAY GOLD
HI-STANDARD
¥ 200

1位 ONEOKROCK

すんません、やっぱりワンオク1位は外せなかったです。初期のころから好きだったんですが、特にこの「完全感覚Dreamer」「The Beginning」は名曲中の名曲。この曲が発表当時すでに現役は引退しましたが、ボーカルタカさんの言う「この曲を聴いて何かを初めてみよう」という言葉に触発され数年ぶりにバックロデオという技に挑戦。あえなく怪我しました(笑)

The Beginning
ONE OK ROCK
¥ 250

ついでにもう一つ大好きな曲「完全感覚Dreamer」を紹介したいと思います。ちなみに羽入結弦くんも、ソチで金メダル獲得した時の演技前この曲を聞いていたそうです。

完全感覚Dreamer
ONE OK ROCK
¥ 250

最後に…

いかがだったでしょうか?

新人、ベテラン入り混じった感じですが、完全にらくスノの年齢がバレてしまいます(笑)

私は滑っているときipodを聴いているのですが、紹介したバンドの曲は全て入っています。ほんとにノリの良い曲で滑っていると自分が鳥になったような錯覚に陥るんですね(笑)

ぜひ、気になったバンド・曲がありましたらチェックしてみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。