【18-19最新版】スノボ歴18年のベテランが厳選!初心者・初級者の女性におすすめの板15選

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

この記事をご覧いただいているということは、だいぶスノーボードにハマってきたという感じでしょうか。

やっぱり、自分自身のボードを購入するとテンションも上がるし、さらにスノボへ行きたくなります。

でも、購入するのは良いけど「初心者だから専門用語が分からないし、どんな板がいいかわからない…」なんて、疑問だらけですよね。

インターネットで調べてみても、やっぱり初心者・初級者の女性の参考になる記事が少ない…

「だったら私がひと肌脱いでやろう!」と、頼まれもしないのに初心者・初級者の女性向けにレディース板の記事を書こうと思ったわけですw

それでは、次項からスノーボード歴18年の知識を元に、おすすめモデルや購入のコツについてお話してまいります。

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

高価だから良いというものではない

「スノボって高いモデルの方が良いの?」

私も初めてスノーボードのギアを購入した時に感じた疑問なんですが、実は高価だから良いモデルとは限りません。

スマホを想像してもらうとわかりやすいですね。私は職業柄高スペックのスマホが必要不可欠です。

対して、70代である私の母は、ラインどころか音楽・youtube・アプリも使わないのに最新モデルのiPhoneを購入しました(笑)

スノーボードもいっしょです。結局、いくら高価なモデルを買っても、機能を使いこなすことができなければ宝の持ち腐れなんですね。

ですので、高価なモデルが良いのではなく「その人に合ったモデルが良いモデル」なんです。

今回の記事は、その辺のことも踏まえて初心者・初級者の方におすすめのモデルをピックアップしました。

安いのはダメ?すぐ壊れる?スノーボードギアの上位・下位モデルの価格の違いについて説明します!

選び方のコツは?

板選びのコツはどんなことだと思いますか?

「機能?」「ブランド?」

いえいえ、そんなことはいっさい気にする必要ありません。

ずばり、デザインだけで選んでOK!

…騙されたと思ってページを閉じないでくださいね。ちゃんと根拠はあります。

まず、初心者・初級者の女性がスノボの板を選ぶときは、次の3ステップでチョイスしてください。

①デザインを選ぶ

なんと言っても、スノボの板はデザインが一番大事です。

例えば、デートのときファッションが思うように決まらないとテンション上がらないですよね。スノーボードも同じ。やっぱり気に入ったデザインじゃないとゲレンデへ行こうと思いません。

ですので、まずは自分のお気に入りのデザインのボードをピックアップしてみてください。

ちなみに、スノボ歴18年の私もデザイン優先で購入候補を選んでいます。

②金額と予算を天秤にかける

デザインが決まったら、自分の予算で購入できるかどうか楽天やアマゾンで確認してみましょう。最終的にお店で買うにしても、インターネットが最安値なのは間違いないので調べてみて損はありません。

そして、これが初心者と上級者の一番の違いなんですが、はっきり言って上級者はお金を惜しみません(笑)私も欲しい板だったら、たとえ10万円超でも買い換えます。

しかし、前述の通り高級な板が自分にとって良いものだとは限りません。予算オーバーでしたら、他のモデルも検討してみましょう。

スノーボードの道具ってどこで買えばお得なの?購入方法とメリット・デメリットまとめてみたよ

③機能的にOKだったら購入

最後に機能を確認して購入となります。しかし、アマゾンや楽天の販売サイトは「有効エッジ」だの「Wキャンバー」だの専門用語だらけですよね。

少なくても、この記事で紹介しているボードは、初心者・初級者の方でも乗りやすいスペックですので安心してください。

また、もっと板のスペックについて知りたいという方は、下記の記事に詳しく書いてますので合わせてチェックしていただければと思います。

日本一わかりやすい!スノーボード板の形状や各スペックの特徴を詳しく解説します

初心者・初級者の女性におすすめのレディース板15選

それでは、初心者・初級者の女性におすすめのモデルを紹介したいと思いますが、その前に当ブログから外部リンクへのアクセス数をもとに人気ブランドをランキングにしてみました。

この記事でも紹介しているブランドも多数ランクインしているので、購入の際の参考にしていただければと思います。

ハイドアウェイ(バートン)

バートンホームページ

スノーボーダーにはお馴染み、バートンのハイドアウェイを紹介したいと思います。

最新モデルはヤシの木をあしらったリゾートデザインになっていますが、板もフラットトップ形状と言ってサーフライクな乗り心地を楽しめるようになってます。

スーパーフライ800gという軽量の芯材を使っており、ガールズライダーの脚力を軽さで補ってくれるのも嬉しい機能ですね。

ジャンプトリックから高速ターンまでこなす万能ボードと言えるでしょう。

サブジェクト(サロモン)

サロモンホームページ

バートンと並ぶ有名ブランド、サロモンからはサブジェクトのご紹介です。

どちらかと言うとメンズボードのようなかっこいいデザインで、「ちょっとかわいい系の板は苦手」なんて女性にもぴったり!

ボードもハイブリッドキャンバー、デョレクショナルという形状なのでスピードを上げた時の安定感は抜群です。

「メンズ顔負けの滑りをしたい!」なんてガールズライダーさんにおすすめしたいボードですね。

シュガー(ロキシー)

ロキシーホームページ

ロキシーは、オリンピック金メダリストのトーラ・ブライト選手も使用するブランド。

クイックシルバーの妹ブランドなので硬派なイメージがありますが、デザインも上品な大人のボードって感じですね。

しかし、その見た目とは裏腹に、柔らかいボードはオリジナルバナナと呼ばれる独特の形状で逆エッジしづらくコントロールがイージー。

型落ちだと2万円台後半から購入できるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

リッチ(サブリナ)

サブリナホームページ

スノーボード界では珍しい、レディースオンリーのブランドです。サブリナはどちらかというと「かわいい系」のデザインが多いのですが、リッチはフェミニンな印象で良い意味で期待を裏切ってくれます。

板は柔らかいですが、ノーズ(先頭)とテール(後方)にカーボンが施されていて十分な反発力があります。

ボードはキャンバーとよばれるコントロールが難しい形状なので、向上心のあるガールズライダーさんにおすすめです。

ダチェス(K2)

K2ホームページ

有名ブランドK2からは、ダチェスのご紹介です。

POPでキャッチーなデザインはもちろん、キャッチフリーロッカーと呼ばれる形状が引っかかりを軽減して大変乗りやすいボードに仕上がっています。

5サイズ展開なので、どんなガールズライダーさんにも幅広く対応できるのも魅力的ですね。

フラワー(デスレーベル)

デスレーベルホームページ

スカルモチーフで有名なデスレーベルは、意外にも国産ブランド。

フラワーは、「DEATH」のコンセプトを踏襲したブラック基調のデザインとブランドロゴがインパクト大ですね!

柔らかめのフレックス(硬さ)ですが、少しキャンバーが入っているので荒れた雪面でもしっかりエッジが噛んで安定した滑りができます。

グラトリからカービングまで、これ1枚で楽しめるオールラウンドボードです。

エラン

エランホームページ

続いては、スロベニア発のブランド「エラン」。

日本人にはあまり馴染みのない国ですが、ガチのアルペンボードまで製作する本格派スノーボードブランドです。

そのエランの定番モデルが、ハワイ語で「ありがとう」を意味するマハロ。そもそも、アドリア海にはギリギリ面しているものの、ほとんど海のイメージがないスロベニアブランドで、ハワイをコンセプトとしたボードを販売しているのも面白いですね。

Wキャンバーと呼ばれる形状で、安定感と高い操作性を兼ね備えたバランスの良いボードに仕上がっています。

そして、なんと言ってもエランの一番のメリットは価格の安さ。型落ちだと2万円台前半から購入できるので学生さんにも優しいですね。

スタンプ(スプーン)

スプーンホームページ

こちらもお求めやすいブランド、スプーンのスタンプをご紹介します。

前項までのモデルとは打って変わって、女子力高めのPOPなデザインが特徴的ですね。ビビットな印象のカラーリングは、ゲレンデでも目立つこと間違いなし!

やや張りのあるフレックス(硬さ)、ローキャンバーと呼ばれる形状は慣れるまで少し時間がかかりますが、その分スピードを上げた時の安定感やジャンプした時の高さに定評があります。

今の自分の実力を1ランク上げてくれる、そんなモデルと言えるでしょう。

チェリー(ホリデー)

ホリデーホームページ

こちらは猿のモチーフが印象的なブランド、ホリデーです。

デザイン自体はシンプルですが、随所でホリデーらしいキャッチーなアイコンが施されていておしゃれですね。そして、なんと言っても小ロット生産ですので、ゲレンデで「あの娘と板が被っちゃった…」なんてこともありません。

センターにキャンバー、両サイドがロッカー形状なので、両方のメリットがバランスよくミックスされた乗り心地。

軽量な芯材を使用しているので、トリックに挑戦したいガールズライダーさんにもぴったり!

国内工場で作られておりスペックは申し分ありませんが、大量生産してない分やや金額はお高めです。

グロス(グヌー)

グヌーホームページ

1977年創業のスノーボード界では老舗中の老舗、グヌーのグロスを紹介します。

さすがアメリカブランドらしい、ガーリーでPOPなデザインが突き抜けてますね!ここまでくるとデザインの好みは別れるところですがw機能は間違いありません。

ロキシー項でも紹介したバナナと呼ばれる形状は、中心がコマの軸のようになっているので初心者の方でも容易にターンができるようになります。

当然、ターンがしやすいということはスピードを上げた時の安定感が損なわれるデメリットがあったのですが、バナナは板を踏み込んだ時にノーズ(先端)とテール(後方)が沈んで雪面にしっかりエッジが食いついてくれます。

「あんまりスノボには行けないけど、短期間で上達したい」なんて初心者・初級者の方にぴったりのボードと言えるでしょう。

コスミックサーフ

オリンピック選手が使用する板も製造するスワロースキーのスノーボードブランド。

このブランドの一番の魅力は、圧倒的な安さですね。名のあるブランドとしては私の知る限り一番安いです。

デザインも流行を押さえていますし、ノーブランドにありがちな「作りのしょぼさ」もいっさい感じません。機能は…まぁ前述のブランドと比べると値段なりなんですが、とりあえず滑るだけならまったく問題ありません。

3点セットも多数取り揃えているので、「マイボード欲しいけど、ノーブランドはちょっと…」なんて方は検討してみてはいかがでしょうか。

4XP(ヨネックス)

ヨネックスホームページ

バトミントンやテニスブランドとして有名な、ヨネックスの4XPをご紹介します。

4XPはユニセックスということもありデザインはだいぶ渋めですが、ハイスペックな入門ボードとして有名なモデル。軽量の芯材にカーボンを何層も重ねた、最強の入門ボードとなっています。

キャンバー形状との相乗効果で、高いレスポンスと操作性を持ち合わせていますが、はっきり言って乗りこなすのはかなり難しいですね。

ですので、「今シーズンこそは、本気で上手くなりたい!」という信念を持つ、ガチでスノーボードを滑る初心者・初級者ガールズライダーさんにおすすめのボードです。

コンパクト(ライド)

ライドホームページ

人気ランキングでも常連、有名なスノーボード総合ブランド「ライド」からはコンパクトをご紹介いたします。

私も愛用しているブランドですが、落ち着きのあるモード系のデザインがかっこいい!大人の女性ライダーさんにぜひ乗っていただきたいボードですね。

フラットベースで、ノーズ(先頭)とテール(後方)がロッカー形状ですが、対角線上にカーボンを配置して中上級者の方でも楽しめるボードとなっています。

実は、ライドの上位モデルよりもコンパクトの方が売れているという事実が、それだけ乗やすい板だということを客観的に証明してますね。

フィールベター(バタレオン)

バタレオンホームページ

まるで、バートンのフラッグシップモデル「フィールグッド」を皮肉ったようなネーミングが面白い、バタレオンの「フィールベター」をご紹介します。

バタレオンの特徴として3D形状が挙げられます。これは、ノーズ(先頭)とテール(後方)にスプーンのような丸みを持たせることによって、他のブランドに比べ圧倒的に逆エッジしづらい構造になっているのです。

ブランドロゴをあしらっただけのシンプルなデザインなので、極端に好みが別れることもないですね。

「トリックに挑戦してみたいけど逆エッジが怖い…」なんて、フリースタイル志向のガールズライダーさんにおすすめのボードです。

アライアン(サンデー)

アライアンホームページ

最後は、アライアンのサンデーをご紹介します。

ライドと同じく人気ランキング上位にくる有名ブランドですが、入門モデルも機能はしっかりしていますね。

ツインのローキャンバーとよばれる形状で逆エッジのリスクが軽減され、なおかつ荒れた雪面でも高い安定性を誇る板です。

アメリカのブランドらしくデザインがかなりPOPなので、好みが別れるところではありますが(笑)ターンからグラトリまで万能にこなせる板になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱりマイボードを購入すると、レンタルよりも乗りやすいので上達も早くなります。なにより、お気に入りのデザインだとゲレンデに行くモチベーションも上がりますよね。

気になるあの男子に「かわいいボードだね!」なんて言われた日には…って感じですよ(笑)

実際、18年スノーボードやっている私も、おしゃれなボードを持っている女性がいたら思わず見てしまいます。街でスレンダーな女性に見とれてしまうのと一緒ですねw

おしゃれ系からかわいい系までいろいろあって迷ってしまうところではありますが、気になるモデルがあればぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。