ゲレンデデビューするならどこが良い?初心者におすすめのスキー場7選

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

初心者・初級者の方はどんなスキー場がいいと思いますか?

  • 苗場とか蔵王とか有名なゲレンデ!
  • ランキングサイトで上位のスキー場!
  • サークルの上手い先輩がおすすめしているスキー場!

果たしてその選び方で良いのでしょうか。

初心者・初級者の方がゲレンデ選びを間違えてしまうと、上達の妨げになったり、せっかくのスノボ旅行が楽しめないかもしれませんよ。

そもそもガチで滑りに来ている上級者とレジャー気分の初心者じゃ、おすすめのゲレンデは違って当然。

そこで今回は、元スノボイントラの私がウィンタースポーツ歴30年の知識を元に、7つの選定基準を作りました。

また、記事の後半ではその7か条を満たしたスキー場7選を紹介します。

この記事を最後まで読めば、初心者の方が選ぶべきスキー場がお分かりいただけると思いますよ!

初心者の方におすすめのゲレンデ7か条

そもそも初心者の方にはどんなスキー場がおすすめなんでしょうか。

■初心者の方におすすめのゲレンデ7か条

  1. 近い
  2. ゲレンデが広くない
  3. 有名なゲレンデ
  4. 宿・温泉・アクティビティが充実している
  5. 晴天が多い
  6. ゲレ食が充実
  7. 公共交通機関が充実している

次項から順番に解説していきます。

近い

ゲレンデが遠いと、家からスキー場までの往復だけで疲れますよね。

それに上級者はパウダースノー目当てとか、混雑を避けるため、より山奥のゲレンデを好む傾向にあります。

ベテランが多いスキー場で萎縮して滑るより、初心者が多い近場のゲレンデの方が気が楽です。

ゲレンデが広くない

「このスキー場は20ものリフトがあります!」

確かに広いスキー場は魅了的ですが、初心者の方はスピードも出せないうえに一回滑るだけでも相当疲れます。

そもそも、そんなにコースがあっても滑りきれませんし…

中・上級者と行くと色々なコースを連れ回されるのがオチなので、あまり大きなゲレンデはおすすめしません。

有名なゲレンデ

初心者の方にはツアーが運行されているような有名なゲレンデをおすすめします。

なぜなら、名なゲレンデはレンタルや施設が充実しているからです。

逆にマニアックなスキー場だと、20年以上前の化石みたいなボードやウェアがレンタルされていることも…

これではスキー・スノーボードを楽しむどころではありませんよね。

宿・温泉・アクティビティが充実している

前項に付随する内容ですが、宿や温泉・アクティビティが充実しているゲレンデがおすすめです。

冒頭で触れましたが、上級者と初心者では楽しみ方が違います。

上級者の方は、滑ることがレジャーなんです!

宿や食事・温泉なんてある意味どうでも良かったりします(笑)私も余裕で車中泊です。

しかし、初めてウィンタースポーツをやる方にとっては、スキー・スノーボードは旅行の一部に過ぎませんよね。

もっと旅館の部屋だったり温泉・食事、雪景色も堪能したいじゃないですか。

だからゲレンデがどうと言うより、総合的に楽しめるスキー場がおすすめです。

晴天が多い

これに関しては、半分運の要素もあるんですが(笑)

一般的にはふもとに近いゲレンデの方が晴天率が高い傾向にあります。

逆に山奥や標高の高いゲレンデは降雪が多く気温も低い。

止まっている時間が長い初心者の方は、晴天率が高いゲレンデがおすすめです。

ゲレ食が充実

旅行といえば、その土地の名物など”食”も重要ですよね。

一昔前のゲレンデ飯は「ファミレスの方がよっぽど美味しいよ…」っていうのが定番でしたが(笑)

今は各ゲレンデとも「ゲレ食」に力を入れてますし、レストランもめちゃめちゃキレイです。

公共交通機関が充実している

私は自家用車を持っていないので、「バスツアーがある」とか「駅から近い」というのはすごく重要です。

また、学生さんとか免許取りたての方は、自分で運転するよりも安心ですよね。

特に初心者の方は疲れやすいので、バスや電車で移動できるスキー場をおすすめします。

初心者におすすめのゲレンデを7か所ご紹介します!

実際に7か条を満たしたスキー場は以下のとおりです。

  1. ガーラ湯沢(新潟県)
  2. たんばらスキーパーク(群馬県)
  3. 舞子スキー場(新潟)
  4. 川場スキー場(群馬県)
  5. 草津国際スキー場(群馬県)
  6. 軽井沢プリンスホテルスキー場(長野)
  7. 湯沢中里スノーリゾート(新潟)

次項から順番に紹介していきます。

ガーラ湯沢(新潟県)

「近い」「楽」で言ったら、文句なしナンバーワンのスキー場。

なぜなら、日本で唯一の新幹線駅直結のスキー場だからです。

東京駅から約1時間半、駅弁を食べる間もなく到着します(笑)

駅がゲレンデのセンターハウスに直結しているので、改札を降りればすぐにスキー場受付。

CMの「改札出たらゲレンデ」というものあながち言い過ぎではないくらい、手軽にスノーボードが楽しめます。

詳しくは下記の記事も参照ください。

初めてのJRスキー、スノボツアー!新幹線で行くメリットや裏技、注意点などまとめてみた

たんばらスキーパーク(群馬県)

続いては初心者にやさしいゲレンデ、たんばらスキーパークのご紹介です。

ゲレンデ自体はこじんまりとしていますが、センターハウス含めとても綺麗!

ウェアや板のレンタルもしっかりしていますし、ほとんど初・中級者コースなので初心者の方でも滑りやすい。

また、初心者に優しいジャンプ台やBOXが設置されているので、パークデビューしたいなんて方にもピッタリのスキー場です。

スキー、スノーボードパークのルール、マナー知ってますか?初心者の方でも気軽に楽しむ為に覚えておくべき6つのこと

舞子スキー場(新潟)

舞子スキー場は、なんと言っても関越(塩沢石打)降りてからが近い!

それにコースはなだらかなので初めての方でも滑りやすいです。

ロングコースは6000mもあるので、連れのお友達・家族が上級者でも十分満足できます。

特にゲレンデを一望できる温泉はらくスノ一押し!

日帰りでスキー・スノボを楽しみたいと思っている方におすすめのスキー場です。

川場スキー場(群馬県)

「首都圏から2時間で行ける」というキャッチコピーで有名な川場スキー場。

コースはほとんど初・中級者コースで、天然のハーフパイプも面白い!

宿泊施設や温泉は併設していないものの、日帰りで行くならベストなスキー場ですね。

草津国際スキー場(群馬県)

日本三名泉のひとつ、「いい湯だな♫」の歌詞にも出てくる草津温泉にあるスキー場。

何を隠そう日本で初めてリフトが設置されたのが、この草津国際スキー場なんです!

私が説明するまでもなく日本有数の観光地ですから、スノーボード以外にも宿や温泉を存分に堪能できます。

肝心のゲレンデもほとんど初心者コースと言ってもいいくらいなだらかなので、のんびりスノーボードが楽しめるスキー場です。

軽井沢プリンスホテルスキー場(長野)

こちらも観光地として有名な軽井沢にあるスキー場です。

軽井沢プリンスホテルスキー場という名称ですが、もちろん宿泊者でなくても滑ることができます。

このゲレンデの特徴は、なんと言っても駅が近い!

北陸新幹線の駅が目の前にあるので行き帰りが楽ですね。

そして軽井沢らしくショッピングモールや宿・レストランがたくさんあるので、スキー・スノボ旅行を思う存分満喫できます。

また、ゲレンデはほとんど初心者コースですので、初めての方でも安心して滑ることができますよ。

湯沢中里スノーリゾート(新潟)

新潟県にある湯沢中里スノーリゾートは、湯沢I.C.や越後湯沢の駅から近いうえに、子ども連れやファミリーにやさしいスキー場なんです!

キッズルームはもちろんのこと、キッズ専用ゲレンデや電車好きの子にはたまらないブルートレイン休憩所(無料)などもあります。

そして、秀逸なのがそりすべり専用のスノーエスカレーター。

初めてソリ滑りをした私の娘も、いちいち登らなくていいので大喜び!

無限ループかと思うくらい永遠にやってましたね(笑)

ゲレンデの目の前にあるホテルエンゼルグランディア越後中里は「子育て応援ルーム」という部屋が用意されているので、家族で楽しめるスキー場ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

■初心者の方におすすめのゲレンデ7か条

  1. 近い
  2. ゲレンデが広くない
  3. 有名なゲレンデ
  4. 宿・温泉・アクティビティが充実している
  5. 晴天が多い
  6. ゲレ食が充実
  7. 公共交通機関が充実している

上記の基準を満たしたスキー場は他にもたくさんあります。

ぜひ今シーズンはゲレンデデビューしてスキー・スノボの楽しさを知っていただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スキー場へはどうやって行く?6つの交通手段の特徴まとめてみた

スキー・スノボ1回行くといくらかかる?各種費用の内訳と節約方法教えます!

【初心者必見】はじめてのスノボ!準備から滑り方まで専門用語抜きで教えます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。