初心者や未経験の方がオープン直後のゲレンデに行ってはいけない3つの理由とは

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

もう一年中スノーボードのことばかり考えて、シーズンが待ちきれない方も多いでしょう。

よし、今年は親友のあの子も誘おう!
彼女もゲレンデに連れて行こう
らくスノ
どんどん誘っちゃってください、仲間は多い方が絶対楽しいですから!

でも、いくら待ちきれないからと言って、未経験や初心者の方をオープン直後のゲレンデに誘うのは注意が必要です。

というわけで、今回は「初心者や未経験の方がオープン直後のゲレンデに行ってはいけない理由」についてお話しようと思います。

早期オープンするゲレンデの注意点とは

ゲレンデはいつからオープンするのですか?
らくスノ
早ければ、10月中旬からオープンします。

実は、10月中旬からオープンするゲレンデがあるのです。それが富士山麓にある「イエティ」、もちろん自然雪ではなく人工雪ですが、日本最速でオープンするスキー場になります。

また、埼玉県の狭山スキー場は半屋内ですが、こちらもオープンは早いです。関西方面だと六甲山スキー場が毎年11月中旬にオープンしますね。

まぁ10月・11月はさすがにレアケースですが、多くのゲレンデが12月からオープンを迎えます。※降雪状況によりますが、多くのスキー場が人工雪、または自然降雪とのミックスです。

では、早期にオープンするゲレンデは、いったい何がいけないのでしょうか?

コンディションが悪い

前述の通り、多くのスキー場が人口雪、または天然雪とのミックスでオープンします。しかし、人工雪は結晶が荒いうえに、ゲレンデの気温も高いのでシャーベット状になり滑りづらい。

かなりシビアなボードコントロールが要求されるので初心者の方には向きません。

また、初心者の方は雪の上に座っている時間が長いですよね。気温も高いうえに溶けやすい人工雪の上に座ったらどうなるでしょうか?

お尻やひざに水が染みてきて、あっという間にウェアがびしょびしょになります。ウェアが濡れると体が冷えて、やる気も半減します。

コースが狭い

雪が積もる前に無理やりオープンさせるので、コースの横幅が異常に狭いです。そして、その狭いコースを人がどんどん滑ってくるわけですから、初心者の方には恐怖でしかありませんよね。

また、滑走可能なコースが極端に少ないうえ滑る距離も短いため、練習目的でもない限りすぐに飽きてしまいます。

上級者が多い

この時期にわざわざ滑りに来る人間は冬が待ち遠しくてウズウズしてるんです。みんな上手いに決まってます(笑)

私のスノーボード仲間で九州在住の人がいるのですが、わざわざ静岡にあるイエティのオープン日に合わせて十数時間もかけて車で来てました(笑)上級者はそれだけオープンが待ちきれないんですよね。

やっぱり、周りが上級者だらけだと、萎縮しちゃいますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

未経験・初心者の方を、オープン直後のゲレンデに誘うリスクについてご理解いただけたと思います。

やはり、未経験・初心者の方が快適に滑るなら12月下旬以降がおすすめです。

もちろん雪がたくさん積もっている場合もありますが、少なくてもオープン直後はホームページなどでゲレンデの状況を確認してからでも遅くはありません。

これから初心者の方を誘おうと思っている方や、未経験者だけでオープン直後のゲレンデに行く場合は特に注意してください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

10、11月に早期オープンするスキー場の人工雪を滑る際の注意点とは


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。