【電車・バス移動の方必見】スノーボード道具一式をリュック(バックパック)に収納するコツ教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

これからサークルや会社の同僚とスノボ旅行に行くなんて方も多いのではないでしょうか。でも、スノーボードってとにかく荷物が多いですよね…

そりゃスキー場まで車で乗りつけることができれば楽ですが、免許が無かったり、お金が無かったり、そもそも車が無かったり…ちなみに私も車持ってません。

実際、自家用車がなければ、レンタカーよりスキーバスを利用したほうが安いですしね。

スノーボードはどうやって行く?バス、車、新幹線徹底比較してみた

そんなスノボ旅行はバス・電車派の方のために、今回はスノボ道具をリュック・バックパックで上手に収納(パッキング)する方法についてお話したいと思います。

スノボ道具の持ち運びはボードケースだけではない

そもそもなんですが、スノーボード道具一式持ち運ぶとすればどんなバッグを購入しますか?


大体の方が上記のようなバッグ(ボードケース)を想像すると思うのです。

実際、シーズンになると写真のようなボードケースを背負った方を街でよく見かけますよね。

確かにスノボ道具一式入りますし悪いことはないのですが、とにかく重いし歩きづらい…女性や筋力に自信のない方はなかなかこれ辛いと思います。

なんと言っても、混雑時にこのバッグで電車乗ってると、かなり冷たい視線を感じるのです(笑)

かと言って、スノボ道具一式を持っていくにはダッフルバッグは厳しいですし、キャリーバッグは雪道で車輪が回りません。

電車・バス移動の方必見!スノボ旅行に便利なバッグはどれ?おすすめブランドもご紹介します

というわけで、そんなデメリットを解消するために、リュックでスノボ道具一式収納する方法を考案しました。

リュック(バックパック)のメリットとは

では、リュックでスノボ旅行に行くメリットとはどんなことがあるのでしょうか?

  • ボードと分離して持ち運びできるので重量物を分散できる
  • 歩きやすく、邪魔になりにくい
  • アウトドアリュックはスノボ旅行以外にも使える

ボードと分離して持ち運びできるので、ボードケースより重量は軽くなります。ボードは手に持っての移動となりますが、信号待ちなどでちょくちょく下ろすことができるのが楽です。

そして、なんと言っても一度リュックを購入すればスノボ旅行以外にも使えるのは大きな利点ですね。

だって、ボードケースでフェスやキャンプに行けないじゃないですか(笑)結果的には、リュックでスノボ旅行に行けば節約にもなります。

スノボ道具一式収納してみた

実際にスノボ道具を収納(パッキング)してみたいと思います。

私は登山も趣味なんですが、山好きの間ではリュックへのパッキングが上手だと尊敬されます(笑)今回は登山で培った収納テクニックをスノーボードに応用してみました。

まず、スノーボード旅行へはどのくらいの道具を持って行くかというと…

私はフル装備用意するとこのくらいになります。

内容は左上から時計回りに…

  • ヘルメット
  • ブーツ
  • グローブ
  • 靴下
  • 帽子
  • ウェア上下
  • CWX(スポーツ肌着)
  • 替えの下着
  • タオル
  • ゴーグル
  • ニット
  • バラクラバ(目出し帽)
  • プロテクター上下
  • 撮影道具

まぁ滑るだけなら上半身のプロテクターや撮影道具なんて不要かもしれませんが、私の場合がこれがマックスです。

さらに、宿泊する場合は着替えなども必要ですね。

初めてのスキー・スノーボード絶対持ち物を忘れない方法教えます‼︎

次に使用するリュックを選びたいと思います。

当然、私は登山好きなので、リュックはたくさん持っていますが(笑)

グレゴリーの65ℓだと余裕で収納できちゃうので、今回はギリギリのラインを狙ってチャムスの50ℓリュックにパッキングしたいと思います。

ちなみに、これだけの道具を収納するとなると、さすがに50ℓ以上の大型バックパックでないと難しいですね。(30~40ℓだとプロテクターが厳しいかな…)

日帰りでプロテクター無しなら、40ℓ前後でもギリギリ収納できます。

最初にブーツを入れる

まず最初にブーツを収納しますが、当然そのまま入れてしまうと全ての荷物がパッキングできません。

ですので、ブーツは写真のようなイメージでリュックに詰めます。そうすると、無駄な隙間が無いのできれいに収納できるのです。

また、ブーツの足を入れる部分の空間がもったいないので、私はここにグローブやニット、タオルなど細かいもの詰めちゃいます。

…不潔じゃないかという意見はいっさい受け付けません(笑)

ちなみに、今回は分かりやすくするためにそのままパッキングしてますが、濡れることが想定されるブーツやウェアなどはビニール袋に入れて収納しましょう。

ブーツを左右交互に入れたら、隙間に下着やCWXを収納します。これも、無駄な空間を作らないためのアイデアです。

ウェアを収納する

続いてはウェアを収納します。といっても、そのまま入れたらリュック内に隙間ができてしまうので、写真のように上下のウェアを重ねてからのり巻きのように丸めてパッキングします。

丸めた状態でリュックに収納します。そして、前述のブーツの要領で、ウェアの間にもゴーグルやハットを入れます。

特にサングラスやゴーグルはウェアが緩衝材になってくれるので、隙間に詰めるならブーツゾーンよりウェアゾーンがおすすめです。

最後にヒップパッドを入れたら、メインのパッキングは終了です。

プロテクター(上半身)とヘルメットの収納

「いやいや、らくスノさん。まだ大物のプロテクター(上半身)やヘルメット、撮影機材が残ってますよね。」なんて思ったそこの方、ぜんぜん余裕ですよ(笑)

撮影機材はポケットに、ヘルメットはヒモに通します。

そして、最後にプロテクターを天蓋に挟んだら完成です!

しかも、今回は使用しませんでしたが、まだまだ天蓋の収納も空いてるし下部のひもにも荷物が通せるので余裕があります。

前述のように、一般のスノーボーダーさんなら上半身のプロテクターや撮影機材なんて必要ありませんし、さらに余裕を持って収納できると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ボードケースって邪魔じゃない?それにスノボしか使えないし…」なんて疑問から、このパッキング方法を考案しました。

冒頭でバス・電車移動の方向けなんて言いましたが、車移動の方も、混雑時は「ホテル・更衣室から遠い駐車場しか空いてなかった…」なんてことがありますよね。そんな時にもリュックが重宝します。

まぁ、それでもボードケースのほうが便利という方もいると思いますが、こういった方法があるということを知ってるだけでも損はありませんよね。

スノボ道具一式お持ちの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

※アウトドアリュック(バックパック)のブランドに関しては、兄弟ブログにまとめています。合わせてご参照ください。

人気から定番まで!アウトドア用リュック・バックパックおすすめ60ブランド大特集【登山・キャンプ・フェス】


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。