スキー・スノボ初心者の方でも自分にぴったりなスキー場が簡単に見つかる裏ワザ教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

当ブログはスノボ初心者の方でも気軽にスキー場へ足を運んで欲しいとの思いから情報発信しています。しかし、実際どんなスキー場が良いのか分かりませんよね。

ウィンタースポーツに詳しくないと旅行先のゲレンデを決めるだけで一苦労ですが、実は初心者の方でも自分にぴったりなスキー場が簡単に見つかる方法があるのです。

今回はウィンタースポーツ歴30年の私が、初心者の方向けのゲレンデ選びの裏ワザについてお話したいと思います。

初心者の方がスキー場を選ぶたったひとつの基準とは

みなさん、スキー・スノボ旅行で行き先のスキー場はどうやって選んでますか?

お友達や先輩に勧められてなんとなく…
とりあえず有名だから…

そんな方も多いと思いますが、個人ならともかく旅行の幹事さんやサークルのリーダーなんてそんなに簡単に決められないですよね。

それこそ、インターネットで「おすすめ スキー場」なんて検索すればたくさんヒットしますが、数が多過ぎてかえって選ぶのが難しい…でも、実は初心者の方でも自分にぴったりなスキー場が簡単に見つかる方法があるんですよ。

それは、旅行会社のキー・スノボツアーがあるスキー場を選ぶことです!

いや、自家用車もあるし、ツアーは利用しないんだけど…

らくスノ
いえいえ、あくまでゲレンデや宿を選ぶ基準であって、別にツアーを利用しなくても構いませんw

スキー場を選ぶ基準とは

そもそも、スキー場を選ぶ基準はどういったものがあるのでしょうか。

■場所(距離)

なんと言っても、一番大事なのがスキー場の場所ですよね。あまり遠いゲレンデだと移動するだけで疲れてしまいます。

■天気・雪質

当日の天気や雪質も、ゲレンデを選ぶ重要な要素の一つです。

■スキー場の規模

特に泊まりで行く場合、あまりに小規模だったりアクティビティが少ないスキー場だと途中で飽きてしまいますね。

■ホテル・宿

宿泊先のホテルや宿を基準にスキー場を選ぶ場合もあります。

■道路状況、交通機関

高速のインターから近かったり、バス・電車のアクセスが良いのもゲレンデ選びの基準となります。

だいたいの方が上記の5つの基準を総合的に判断してスキー場を選んでいます。

なぜ旅行会社が選ぶスキー場がオススメなの?

前項でお話した通りゲレンデ選びには5つの基準があるわけですが、そもそも、ある程度経験がないとスキー場をチョイスするのは難しいですよね。ですので、私は「旅行会社のツアーがあるスキー場」という条件だけ掲示しました。

もちろん、何の根拠もなく「旅行会社のツアーがあるスキー場」と言ったわけではありません。旅行会社のツアー先を基準に選ぶとこんなメリットがあるのです。

■場所(距離)

各旅行会社のツアー予約サイトでは新宿駅、横浜駅など各都市の主要駅からの移動時間の目安が表示されています。もちろんツアーを利用しなくても、自家用車での到着時間の目安を一発で知ることができるので便利です。

■天気・雪質

ツアーが中止になってしまうと、旅行会社には利益がありません。ですので、天候や雪質(人工雪含む)が安定しているスキー場が旅行先に選ばれる傾向にあります。

■スキー場の規模

旅行代理店は大規模なスキー場やその周辺にある複数のホテル・旅館と提携を結んでいるため、必然的に大きなスキー場が選ばれます。(小規模なスキー場では旅行客がキャパを超えてしまうため。)

大規模なスキー場は、レストラン・レンタルなどの設備が整っているので初心者の方に優しく、アクティビティも豊富です。

スキー・スノボが滑れないファミリーでもゲレンデが楽しめるか検証してみた!

■ホテル・宿

大手旅行代理店のツアー客を収容できる規模のスキー場が旅行先に選ばれます。裏を返せば、ホテル・宿の設備がある程度整っているスキー場ということです。

■道路状況、交通機関

時間が限られるツアーでは、アクセスやゲレンデまでの道路状況が悪いスキー場は必然的に除外されます。ですので、雪道運転に慣れていな方でも安心してゲレンデに向かうことができます。

いわば、海外や地方から初めて東京に来る観光客が、はとバスを利用するみたいなものですね。

国会議事堂、お台場、浅草雷門、スカイツリー、ディズニーランド…旅行会社のツアーは万人向けの場所を案内してくれるのでハズレがありません。

そりゃ上野アメ横の怪しい飲み屋とか新宿2丁目に行きたいって方や、宿はドヤ街でOKなんて方もいるでしょう。しかし、とてもじゃないですが万人向けではないですよね(笑)

とりあえず、旅行会社がツアー先に選んでいるスキー場はサプライズは少ないですが、「アクセスが悪く除雪が不十分で、山道で立ち往生してしまった」「ゲレンデが小さいうえに、設備もレンタルもボロボロで最悪だった」なんて失敗する可能性も減りますよ。

旅行会社のスキー・スノボツアーを検索してみよう

では、実際に旅行会社のスキー・スノボツアーを検索してみたいと思います。

今回は、大手のオリオンツアーで関東発を検索、「たんばらスキーパーク」をチョイスしてみました。

新宿からたんばらスキーパークへの到着時間はもちろん、コース数や滑走距離、レベル別のコース比較まで検索できて便利ですね。さらに、宿泊プランを選ぶとおすすめのお宿まで出てきます。

まぁ旅行好きの方にとっては隠れた宿を探すのも楽しみなんでしょうけど、何を基準に選んで良いかわからないという方にはこういった探し方もおすすめです。

しつこいようですが、あくまでゲレンデ選びの基準になるだけで必ずしも予約する必要はありません。

出典:オリオンツアー

らくスノさんはどうやって選んでいるの?

余談ですが、私のゲレンデ選びの変遷をお話したいと思います。

現役時代はお金もなかったので、ほとんどホームゲレンデで滑っていました(笑)スノーボードが趣味に変わってからも、だいたい3つくらいのスキー場をローテーションすることが多かったです。

地形やコースを知らないとおもいっきり攻めることができないので、パークなら白馬47、パウダー・カービングなら斑尾、八方尾根みたいな感じで毎回同じスキー場を巡ってましたねw

※パークとは、ハーフパイプやキッカー(ジャンプ台)が連続して設置されている場所です。

ただ、どうしても天気が悪い時は、新潟や福島・群馬のゲレンデをチョイスすることもありました。しかし、これは個人の趣味にもよりますので、ベテランでも人によっては毎度違うスキー場のほうが新鮮という方もいらっしゃいます。

まぁどちらにしろ、ある程度スキー場を知ってないとゲレンデを探すのは至難のわざですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もし、初心者の方や幹事さんでゲレンデ選びに迷っているようでしたら、ぜひ旅行会社のサイトを検索してみてください。そして、いくつかのスキー場で滑るうちに、ゲレンデ選びのコツもわかるようになってきます。

そして、地元の人しか知らないような村営のスキー場や秘湯を自力で探せるようになったら、あなたはもうウィンタースポーツマスターです(笑)そのときはぜひ取材させてくださいねw

ちなみに、ウィンタースポーツ歴30年のらくスノが初心者の方におすすめのスキー場は下記の記事も参照ください。

ゲレンデデビューするならどこが良い?初心者・初級者におすすめのスキー場をご紹介します!

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。