そんなに大事なものだったの!?スノーボード保証書の重要性とは

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

  • バインディングが壊れた…でも、保証書無くしちゃった!
  • 中古で買ったから、そもそも保証書がついてない…修理どうしよう?
  • メーカー保証書と購入店の保証書どっちも必要?

スノーボードは道具を使ったスポーツ。

当然、使っているうちに道具が壊れることもあります。

そこで大事になってくるのが、道具の保証書。

購入店やメーカーに保証書を見せれば、壊れても問題なく修理してくれます。

しかし、紛失したり、そもそも保証書が付いてない中古品の場合はどうなるのでしょうか?

結論から言えば、保証書がなくても修理できます。

しかし、修理に際しては様々な制約があるのも事実です。

今回はスノーボードギアの保証書の重要性や、紛失した場合の対処法についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もうギアが故障しても戸惑うことは無くなりますよ!

スノーボードギアにはメーカーと購入店の保証書がある

正規販売店でスノーボード道具を購入すると、2つの保証書が付いています。

  • メーカー(代理店)の保証書
  • 購入店舗の保証書

メーカー・店舗どちらが発行したものも保証内容はほぼ一緒。(「購入後○○年以内なら保証します」というもの)

もしスノーボード道具が破損した場合は、どちらに依頼しても構いません。

ただし、修理割引を受けられたり破損箇所をその場で見てもらえるので、個人的には購入店舗に持参することをおすすめします。

まぁどこに修理を依頼するにしろ、保証書があればまったく問題ありませんね。

保証書が無くてもショップの好意で修理してくれることはある

保証書がない事例としては、以下の3つが考えられます。

  • 紛失
  • 中古品
  • 並行輸入品(正規品以外の商品)

まず購入店では修理できない可能性があります。

なぜなら、本当にそのショップで購入したか証明できない以上、店舗が修理する義理はありませんからね。

ただし、購入店の好意で修理に応じてくれることもあります。

一度ダメ元で相談してみることをおすすめします。

※ちなみにスノーボードギアに店舗シールを貼って、購入の証明にするショップもあります。

壊れても自分で修理できるよ!スノーボード(板)の簡単な補修方法とは

メーカー(代理店)は保証書が無くても修理に応じてくれる

では購入店で修理を断られた場合はどうなるのでしょうか?

実はメーカー(代理店)は保証書が無くても修理に応じてくれる場合があります。

実際、私が愛用しているK2ジャパンさんに、保証書がない場合の修理対応について問い合わせてみました。

■基本的には販売店を通してほしい

修理や部品購入に関しては、基本的に販売店を通して欲しいとのことでした。

■k2自体が店舗保証書の有無を確認している訳ではない

ただし、k2自体が店舗保証書の有無を確認している訳ではないので、修理を受け付けるかどうかの判断は各販売店に委ねているとのこと。

要は保証書がなくても、ユーザーの依頼を店舗側が受諾すれば修理は可能だそうです。

前項でお話した通り、頼み込めば保証書がなくてもお店の好意で修理してくれるかもしれません。

■打つ手がないならメーカーに相談してください

保証書が無い中古や並行輸入品、もしくは購入した店舗が閉店してしまった場合は、k2商品の販売店に相談してみてくださいとおっしゃってました。

それでもダメなら、一度K2に問い合わせてくださいとのこと。

場合によっては、直接修理を請け負ってくれるようです。

保証書がないと修理できないリスクは理解しておく

いずれにしろ、必ず修理対応してくれるということではありません。

また、メーカーによっても対応は異なります。

まずは保証書は大事に保管しておくこと。

そして、並行輸入品や中古品を購入する場合は、あらかじめ修理できないかもしれないリスクを理解しておきましょう。

ちなみに保証書があっても、古いモデルは部品の在庫が無く修理できない場合があります。(だから保証期限を設けている)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①メーカー(代理店)と購入店それぞれに保証書がある。

→有償・無償はともかく、保証書があれば修理してもらえる。

②保証書を紛失した場合も、一度購入店舗に問合わせてみる。

→デッキ部分の剥がれやソールの傷等、破損箇所によってはメーカーを通さず修理できる。

③中古や並行輸入品の修理は、メーカーの商品を販売している店に問い合わせてみる。

→それでもダメなら、メーカー(代理店)に直接連絡してみる。

④保証書は大事に保管。中古や並行輸入品は修理できないリスクを理解する。

なお、さきほどから話に出てきた正規品と並行輸入品の違いについては関連記事を参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードネット購入の注意点!正規品と並行輸入品の違いとは?

メルカリも注意!?知らなきゃ損するスノーボードギア中古購入の落とし穴とは

メルカリで出品したスキー・スノボの板はどうやって発送するの?高額で売るコツは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。