そんなに大事なものだったの!?スノーボード保証書の重要性とは

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

これからスノーボード道具(板、ブーツ、バインディング)を購入しようとしている方、保証書の存在はご存知でしょうか?

「えっ保証書って必ず付いてくるんじゃ無いの?」

いえいえ、じつは正規品でないと付いこないんです。

スノーボードネット購入の注意点!正規品と並行輸入品の違いとは?

「でも、安く買えるなら正規品では無い並行輸入でもいいや」

本当にそうでしょうか?

せめて保証内容やリスクを知ってから購入しても遅くはないと思います。

この記事ではスノーボード保証書についてお話ししたいと思います。

保証書ってなに?

家電など購入すると、保証書が付いていますね。スノーボードに関してもだいたい意味は同じです。

発行しているのはメーカーか販売店になります。

いずれが発行したものも保証内容はほぼ一緒です。

保証書が無いと何も言えね〜(泣)なんです…

並行輸入品であろうが紛失であろうが保証書が無いと、たとえメーカーに落ち度があっても

修理もしないし部品も売らないからね〜よろしく

って事なんです。

これってすごく恐ろしい事だと思いませんか?

だってせっかく高いお金出して購入したものが未使用でも粗大ゴミになるかもしれないんですよ。

リスクを承知で保証書が無い並行輸入品を購入した方ならともかく、せっかく正規品を購入しても保証書を失くしては意味がありません。保証書は大事に保管しましょう。

※本物なのに保証書が無いから対応しないと言うのは法律的にはグレーゾーンらしいですが…

次項ではスキー・スノーボード用品の大手であるK2の保証を例に具体的な内容を説明させていただきます。

K2の保証内容とは?

保証期間

1年でした。会員になると3年になるようです。

保証の範囲

通常の使用状態で品質及び構造上の欠陥が原因で故障、破損した場合と書いてあります。

BOXやレールなどアイテムを使っての故障は当然ダメみたいですね。

保証請求の手続き

保証書(場合によってはレシート)を持って販売店に持参か郵送して下さいとの事です。

交通費、運送費は負担してくれないようです。

保証方法

修理できる場合は無償修理、修理できない場合は新品、同等品と交換らしいです。

アフターサービス

保証期間を過ぎたら有償になるけど対応するよ〜って書いてあります。

保証内容を要約すると…

・不良品はもちろん対応する(ただし無償なのは保証期間内)

・依頼は販売店へ

・保証書(場合によってはレシートも)は必須アイテム

・保証期間後の故障は有償で対応する

不良品の対応について

これは当たり前ですね。

いくら厳しくチェックしても一定量の不良品が出ることはしようがない事ですが、メーカー側も当然保証してくれます。

対応は販売店へ

言い換えると「販売店を通さないとメーカーに問い合わせしても対応しないよ〜」って事なんです。

インターネットは全国どこからでも購入できるので便利ですが、仮に北海道で買ってしまうと、わざわざ販売店まで郵送しなければなりません。

修理、交換の不便はインターネット購入の際気をつけなければいけません。

※販売店が閉店した場合などは、対応してくれるかメーカーに問い合わせてみて下さい。

保証書(レシート)は必須

これが無いと、そもそもそのお店で購入したか分からないので対応してもらえません。

保証期間後の故障は有償で対応

可能性的には初期不良よりこちらの方が高いですね。

前項でも記載しましたが、1年後に不良品に気づいたら有償だけど対応するよと言うのが一つ。

そして、もう一つが自己責任の故障でも有償対応すると言ってるのです。

まとめ

正規品を購入または購入予定の方

上記のようにスノーボードの保証書は大切なものです。

せっかく正規品を買ったのですから、紛失して自ら権利を失うようなことがないよう注意して下さい。

並行輸入品を購入予定の方

値段が安いのは確かに魅力的ですが、せめて上記のリスクをあらかじめ知っていた方が後々後悔しなくて済みますね。

スノーボードネット購入の注意点!正規品と並行輸入品の違いとは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

散々保証がない場合のリスクを話しましたが、私自身、並行輸入品を何度か購入しており、特に初期不良や故障などのトラブルにあったことは無いです。

これはもう運としか言いようが無いですが、道具購入の際の参考になれば幸いです。

2016.12追記

k2の場合、やはり販売店を通さないと修理及び部品購入はできないそうです。

ただしk2自体が保証書の有無を確認している訳ではないそうで、修理を受け付けるかどうかの判断は各販売店に委ねているとのこと。

保証書を紛失した場合は、購入店に相談してみて下さい。

保証書が無い並行輸入品、もしくは購入した店舗が閉店してしまった場合は、ダメ元で別のk2販売店に相談してみて下さい。

ご協力頂いたk2スタッフの方、親切に対応いただきありがとうございました。

 

こちらの記事も人気です。

最新スノーボード板人気80ブランド大集合!【おすすめ】


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。