もう迷わない初めての板購入!自分にベストな板が見つかるたった2つだけのポイント

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回は初めての板選びについて解説させていただきます。

「スノーボードが楽しくなってきた!」

「そろそろマイボードを購入したい!」

大賛成です、全力で応援します!

目の前にいたら抱きしめてますよ(笑)

ただ世の中にはたくさんのボードがあるので、どれを買っていいか迷いますよね。

板選びを解説しているサイトはたくさんありますが、

フレックス、トーション、ハイブリットキャンバー、ウェスト幅、有効エッジ、ディレクショナル…専門用語のオンパレード、もはや呪文です。

ある程度知識があれば自分に合った板というのはおのずと分かってくるのですが、初めての板購入でこんな専門用語のオンパレードじゃ…

おっしゃる通りです!

でも、実は板を選ぶ際の基準ってたった2つだけで良いのです。

それは長さ金額です!

…いやいや、らくスノさんいつもケチな事ばっかり言ってるから。そりゃ安い方がいいけど、自分に合ってるかどうかなんてわからないじゃない。

その理由はこれから説明しますね。

選ぶ基準①板の長さ

一般的に板を立てた時、鼻と顎の間の長さになればベストだと言われています。(身長-15〜20cm)

よほど体格に特徴が無ければ(極端な体重の軽重や身長の高低など)まずはこの基準でOKです。

選ぶ基準②金額

まぁ長さまでは初めて購入される方もわかると思いますが、金額で選ぶ根拠は何でしょう。

らくスノがケチだから…否定はできないですが(笑)そうではありません。

なぜ金額にこだわるかというと、「そのブランドの一番安いもの=入門モデル」だからです。

例えば免許を取得したばかりではじめて車を買うとき、いきなりマニュアルのスポーツカーは買わないですよね。

まずは軽自動車など小さいオートマチック車を選ぶはずです。

板も同じことが言えます。

「値段が高い板=良い板」ではなく「その人に合った板=良い板」なんです。

いやいや、いきなりスポーツカーを買う人もいるかもよ?

おそらく、そういった方は最初から目的意識がはっきりしているので、

「改造したい」「女の子とドライブしたい」「峠を攻めたい」など…

最初は乗りこなせなくても技術向上のため努力できるんです。

車好きでもない近所の買い物に使うだけの方にスポーツカーを与えても、モチベーションが上がるとは思えません。

img_7697

具体的にどんな板を選べば良いか?

では具体的にバートンで説明させていただきます。バートンはスノーボードのパイオニア的メーカーで今でもトップブランドのひとつです。シティーユースのリュックなども出しているのでスノーボードを知らなくてもブランド名はご存知かもしれませんね。

スノーボード界の雄バートンですが、当然板のバリエーションも豊富です。

ホームページを見ると上は20万円安いものだと4万円台ですね。

昨年モデルだと半額くらいで買えるかもしれないですね。

安いモデルだと、ブラントとクラッシュというモデルがあります。

もう先に答えは言ってしまっているのですが、

こちらがバートンの入門モデルになります。

具体的にどこが入門モデルなの?

だってホームページに

「扱いやすくお財布にも優しい、上達を第一に考えたClash。」

って書いてあるでしょ…いえいえ冗談です(笑)

ポイントは形状板の柔らかさです。

クラッシュはフラットトップというターンをしやすい形状になっているのです。

またソフトフレックス、柔らかい板ですね。

他にも細かい点はいろいろありますが、

まず乗り心地を左右する一番の要素は「形状」「柔らかさ」です。

今回は主題ではないので理由の説明は省きたいと思います。

※ちなみにスローバックなるボードが2万円台でありますが、これは昔の板の復刻版みたいなものなので許してね…

たまたまバートンだけが安い=入門ボードだっただけじゃないの?

では他のブランドも見てみましょう。

私がオススメする2ブランド「サロモン」「K2」です。

2ブランドとも大手で物量が多いため割と安価で購入できます。また、同じブランドでブーツ、バインディングも揃うため相性を考える必要もありません。

もう迷わない、初めてバインディングとブーツ購入!自分のベストが見つかるたった3つの基準

長くなりますのでブランドごとの細かいモデル説明は割愛しますが、やはり両ブランドともラインナップの中で一番安いものを入門モデルにしてます。

お店で買うときの注意

店頭で購入する場合もネットである程度欲しい板を絞ってから行ったほうが良いです。

店員さんは、お店の在庫や売りたい商品を勧めてくるからです。行き当たりばったりで行くともしかしたら店員さんに自分にあわない板を勧められるかもしれません。

もちろんお店を否定する気はないです。だって販売してないものや黙ってても売れる物を勧める訳ないですし、そこは当然商売なわけですから。

買うか買わないか最後のジャッジは自身なので、やはりある程度購入するものを絞ったほうが良いですね。

最後に…

いかがだったでしょう?

ネットを見ると板の選び方のアドバイスが出ているものもありますが、とにかく専門用語が多い上に判断材料が多くて、初めて購入される方はわかりづらいと思います。

上記の条件で考えてみるとあっという間に自分にあった板が絞れるはずです。

何点かブランドを絞ったら最後はデザインで決めってしまってOKです。だって自分の気に入らないデザインでゲレンデに行ってもテンション上がらないですからね。ある意味一番妥協してはいけないのがデザインかもしれません。

※極端にモデル数が少ないブランドは上記の内容が適用されない場合もあります。

参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です。

最新スノーボード板人気80ブランド大集合!【おすすめ】


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。