雪道はどんなクツが良い?キャリーバッグはダメ?スキー、スノボ旅行の疑問にお答えします!

こんにちは、20年以上スノーボードしている、らくスノです。

「雪道はスニーカー?それともブーツ?」

「キャリーバッグではだめなの?」

初めてスキー・スノボ旅行、とにかく分からないことだらけですよね。

それこそ雪道で転んで怪我でもしては大変!

でもご安心あれ。

結論からいえば、スキー場に行くだけならどんなスニーカー・バッグでもOK!

スキー場内はしっかり雪道が整備されているので、ゆっくり歩けば大丈夫です。

ただし、注意すべき点もあります。

この記事を読めばスキー・スノボ旅行に最適なクツ、旅行バッグがお分かりいただけると思います。

雪道では溝があるクツならなんでもOK

冒頭でお話した通り、スキー場と駐車場の往復だけならどんなスニーカー・ブーツでもOK!

もちろん本来は防水仕様のアウトドアシューズがベストですが、しっかり溝があるクツなら問題ないでしょう。

スキー場やホテルの雪道はしっかり除雪されてますからね。

とはいえ、ヒールの高いロングブーツやソールに溝のないパンプスはおすすめしません。

いわずもがな、凍結した路面で転倒する可能性があるからです。

厚手のスニーカーならなお良し

スニーカーの定番といえばコンバースやバンズをはじめとしたキャンバ地。

しかし、キャンバス地は水を吸いやすく、おまけにオールスターやオーセンティックは生地が薄いので靴下が濡れてしまうことも…

快適さ・暖かさを求めるなら、厚みのあるクツがおすすめ。

また旅行前に防水スプレーをしておくと、降雪時も安心ですね。

スノーブーツならスキー場でも快適

出典:ザ・ノースフェイス

個人的におすすめなのがスノーブーツ。

雪国はもちろん、都会でもファッションアイテムとして重宝します。

「スノーブーツ」と言うくらいですからソールもしっかりしており、なおかつ防水性、防寒性が高いのが特徴です。

最近はノースフェイスなどの人気ブランドもスノーブーツを発売してますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ゲレンデや冬の旅行に!おしゃれなスノーブーツのブランドベスト20集めました!

雪道は小幅で上から踏みつけるように歩くこと

雪道では、クツ以上に歩き方が重要です。

雪道の歩き方のコツは「足の裏全体で上から踏みつけるように、小幅で歩くこと」です。

  • 踏みつけるように歩く…スリップを防ぐ
  • 小幅で歩く…スリップしたとき体勢が立て直しやすい

逆に、アスファルトと同じ感覚で歩くと転倒する可能性が高いので注意してください。

雪道ではリュックの方が機動性・安全性が高い

バッグに関しても、あまり深く考える必要はありません。

移動距離が短いなら、キャリーバッグでもOK。

ただし、雪道では車輪が回りませんので、スキー場へ到着後は担いで歩くことになります。

その他、ボストンバッグやトートバッグを使っている方も多いですが、個人的にはリュックがおすすめ。

なぜなら、転倒した時すぐに手をつくことができるから。

また、撥水加工が施されているバッグだとなお良しですね。

電車・バス移動の方必見!スノボ旅行に便利なバッグはどれ?おすすめブランドもご紹介します

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にスキー場は設備が整っているので、溝さえしっかりしていれば、どんなスニーカーでも問題ないでしょう。

しかし、スキー場以外にも観光を予定しているなら、撥水加工が施されたアウトドアシューズやスノーブーツをおすすめします。

慣れてしまえば、天気や行動予定によって使い分けることもできますが、初めての場合は特に念入りに準備した方が良いですね。

準備しすぎて後悔することはありませんので、しっかり雪国対策をしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スキー、スノーボード行き帰りの服装は?冬の旅行におすすめなファッションアイテムも教えます!

【超おすすめ】初めてのスキー・スノーボード絶対持ち物を忘れない方法教えます‼︎

スノーボードとスキーこれから始めるならどっち!?3つの判断基準お教えします


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。