元イントラが教える!初心者でも分かるグラトリ用ビンディングの選び方

※本ページは広告が含まれています。

こんにちは、20年以上スノーボード滑っている元イントラの、らくスノです。

  • 柔らかいハイバックがグラトリ向きなんですよね?
  • 好きなグラトリライダーさんが使っているビンディングを買いました!
  • グラトリ用に軽量なビンディングを買う予定です!

上記はすべて間違い。

でも、

  • ヒールカップ
  • ハイバック
  • ラチェット
  • フォワードリーン

ビンディングって「ドラクエの呪文か!」って突っ込みたくなるくらい専門用語のオンパレード(笑)

これでは、なにが重要なスペック・機能なのか分かりませんよね。

今回はグラトリ用ビンディングの選び方について、初心者の方にも分かりやすくお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、自分のレベル・スタイルにぴったりのビンディングをチョイスできるようになりますよ。

グラトリ用ビンディング選び!ストラップで各ブランドの特徴を知ろう

ユニオン系 フラックス バートン系 サロモン
可動域が広い 反応が早い バランス型 360度可動する

グラトリ用のビンディング選びで、いきなりアンクルストラップをチェックする方はいないと思います。

実はブランドごとにアンクルストラップの取り付け位置が異なるんですよ。

アンクルストラップの付き方を見れば、そのブランドの特徴を知ることができます。

あらかじめどんなコンセプトで作られているか分かれば、このあとのビンディング選びが楽になるでしょう。

すべてのブランドを紹介するわけにはいかないので、代表的なビンディングブランドであるユニオン、フラックス、バートン、サロモンを例に説明していきます。

ユニオン系は可動域が広くポジションが取りやすい

ヒールカップのさらに外側にストラップがあるユニオン系。(ユニオン以外のブランドも採用してます。)

反応こそ劣るものの、可動域が広く取れるのが特徴です。

サーフィンのように「ビンディングではなく板の荷重で操作しよう」というコンセプトで作られています。

「こきっすんさんやいぐっちゃん、スノボー先生タッキーさんの滑り」といえばイメージしやすいですかね。

グラトリではスタイルを出しやすく、カービング・ラントリではポジションを取りやすい。

柔軟性が高いビンディングといえるでしょう。

フラックスは反応が早い

ユニオン系とは逆に、ストラップがヒールカップの内側に位置するフラックス。

包み込むようにホールドするので、反応が抜群に良いです。

「板だけでなくビンディングでもコントロールしよう」というコンセプトで作られています。

ラマさんやレイトプロジェクトの山本純士プロの滑りをイメージしてもらうと分かりやすいですね。

ただし、足の可動域が限られているので、好き嫌いは分かれると思います。

ちなみにこの構造はフラックスが特許を取得しているため、他ブランドは採用してません。

バートン系はバランス型

ヒールカップにストラップが内蔵されたバートン型。(バートン以外のブランドも採用してます。)

ユニオン型とフラックスの良いとこ取り。

スプレッドの尾川慎二プロや、クロージャの江端翔兵プロをイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

可動域とホールド感のバランスが取れたビンディングです。

サロモンはヒールカップが柔らかく360度可動する

サロモンはシャドウフィットという独自のヒールカップを採用。

一見するとバートン型に見えますが、ヒールカップが柔らかいので360度可動します。

可動域が左右に限られるユニオン系より、自由にポジションを取ることが可能です。

各ブランドの特徴が分かったら詳細をチェック

コンセプトでビンディングを絞ることができたら、あとは細かい仕様を確認してみましょう。

  1. ハイバック
  2. ストラップ
  3. ラチェット
  4. ヒールカップ
  5. プレート

順番に説明していきます。

①ハイバック

ビンディングの背もたれのような部分のことをハイバックと言います。

グラトリ用ビンディング選びでも特に重要な部分がこのハイバック。

硬さ(フレックス)

ハード ミディアム ソフト
メリット 反応がいい 操作性と反応のバランスがいい コントロールが簡単
デメリット コントロールが難しい 飛び抜けた特徴がない 反応が悪い

ハイバックは、硬さによってハード、ミディアム、ソフトの3段階に分かれます。

ハードフレックスはレスポンスが良い反面、可動域が狭いため、一般的にはカービング・ラントリ向きとされています。

グラトリでは高回転志向の方でも、ミドルフレックスを選ぶ方が多いです。

また初心者・初級者の方はソフトフレックスのほうが扱いやすいと思います。

素材

アルミ プラスチック カーボン
メリット 反応がいい、剛性が高い ラインナップが豊富、万能 軽量、反応がいい
デメリット 重い 飛び抜けた特徴がない 高額、コントロールが難しい

アルミ、プラスチック(ナイロンなど)、カーボンがハイバックの主な素材となります。

現在はプラスチックが主流ですが、剛性があり反応が良いとされているアルミ・カーボンも根強い人気があります。

ただし、アルミは重い、カーボンは軽量ですが高価なのがデメリット。

フォワードリーンの有無

フォワードリーンとは、ハイバックに傾斜をつける事によってブーツとの隙間をなくし、レスポンスを向上させるシステム。

ラントリする方の中には、最大角度まで倒す人もいますね。

しかし、フォワードリーンは可動域が狭くなるため、トリック志向の方はあまり使用しない傾向にあります。

もともと機能がないモデルもありますが、初心者・初級者の方なら特に問題ないでしょう。

②ストラップ

出典:フラックスホームページより

左の写真が上位モデル、右の写真が下位モデルですが、クッションやカーブの違いがお分かりいただけると思います。

上位モデルは、極限まで肉抜きされており、足首に合わせるようにストラップがくびれています。

一方、下位モデルはクッションがしっかりしており、くびれもありません。

確かに、レスポンスや軽さでいうと上位モデルに分がありますが、クッションや可動域が無いので足が痛くなるというデメリットも…

実際、いぐっちゃんはストラップだけクッション性の高い他モデルから流用。魔改造してました(笑)

上位モデルだから良いということではなく、ご自身の志向に合ったストラップのモデルをチョイスしましょう。

③ラチェット

【GIF】

ラチェットとは、ストラップを留める金具のこと。

そうです、上下にキコキコやるやつです(笑)

モデルごとに大きな差はありませんが、中には力を入れなくてもスムーズに着脱できるモデルがあります。(バートンやフラックスのビンディングなど)

④ヒールカップ

【GIF】

ヒールカップとは、その名の通りブーツのかかとに当たる部分です。

特に最近のモデルなら各ブランドまったく合わないということはありません。

しかし、心配な方は店頭でご自身が履く予定のブーツと合わせてみることをおすすめします。

私もビンディングを購入する際は、お店にマイブーツ持参してヒールカップに隙間がないかチェックしてます。

店員さんもそういったことには慣れているので、快く応じてくれますよ。

⑤ベースプレート

ベースプレートは足を乗せる部分のこと。

  • ベースプレートが薄い(ユニオン、SP等)…安定感が増す
  • ベースプレートが厚い(フラックス、バートン等)…ターンしやすくなる

ちなみに柔らかいベースプレートはクッション性が高く初心者の方向きとされていますが、このスペックは過度に気にする必要はありません。

カントとは

カントとはベースプレートに斜度をつけて、ひざを内側に入れやすくするシステムのこと。

カントによりひざを内側に入れることで、より強いエッジングが可能になります。

フリースタイルのビンディングでは3度に設定されていることが多いです。

ただし、劇的に滑りやすくなるわけではないので好みで選んでください。

強く荷重できる!スノボビンディングでカントを使用するメリット・デメリット

ビンディングはサイズダウンでさらに軽量化!

グラトリは自力のみで飛び跳ねるので、できる限り軽量化したいところですよね。

実際、プロライダーでもあえてサイズダウンして軽量化している方もいます。

ただし、サイズダウンでの軽量化は注意すべき点があります。

それは、ブーツとビンディングのサイズです。

私は以前、インターネットでSサイズのビンディングを購入しました。

しかし、すでに持っていたブーツが大きすぎて装着できなかったのです…

メーカーの推奨サイズ内でも、他ブランドだと入らないことがありますからね。

心配な方は、やはり店頭で合わせて見ることをおすすめします。

装着方法の違い!ストラップ型とリアエントリー型

ビンディングの装着方法はストラップとリアエントリーの2種類があります。

2種以外にステップインタイプのビンディングもありますが、あまり流通してないないので解説は省略させていただきます。

つま先と足首を大小のストラップで固定するストラップ型

おそらくほとんどの方が、スノーボードのビンディングというとストラップタイプを思い浮かべるはず。

つま先と足首を大小のストラップで固定する装着方法ですね。

現在主流となっているのが、この装着方式です。

スリッパのように後ろから装着するリアエントリー型

リアエントリータイプは、スリッパのように後ろから装着するビンディング。

現在主力商品でリアエントリーを扱っているのは、フローとSPバインディングの2ブランドだけです。

リアエントリービンディングがおすすめなボーダーは以下のとおりです。

  • ヒトリスト
  • オフトレ施設、室内ゲレンデによく行く方
  • オープン直後のスキー場で滑る方
  • ストラップタイプだと足が痛くなる方
  • カービング・ラントリメインで滑る方

もちろん「当てはまらないからダメ」ということはありませんが、上記のボーダーのほうがよりメリットを享受(きょうじゅ)できます。

ビンディング取付規格の違い!バートンESTと4×4ディスク

スノーボード板の現行モデルには、バートンESTと4✕4(フォーバイフォー)ディスクという2つのジョイント規格が存在します。

  • バートンのESTビンディングは他社の板に取り付けることができない
  • 現行モデルならほとんどのブランドと互換性がある
  • 旧モデルは年式により設置できないことがある

とりあえずバートンの板やビンディングでなければ考える必要はないです。

もしもバートンと他ブランドをジョイントする場合は、念のため互換性を確認しましょう。

詳しくは以下の記事も参照ください。

バートンの板に他社ビンディングは設置できる?他ブランドの板とバートンビンディングの互換性は?

まとめ

グラトリ用ビンディングを購入したときに、

  • 思ってたようにコントロールできない…
  • ハイバックが柔らかすぎて、回転系のトリックが難しい…
  • 足が痛くなった…

…なんて失敗したくないですよね。

ぜひ当記事を参考にビンディングを選んでいただければと思います。

なお、おすすめのビンディングについては、関連記事も参照ください。

【関連記事】

最強のモデルはこれだ!元イントラが本気でおすすめするグラトリ用ビンディング14選

元スノボイントラが厳選!カービングガチ勢におすすめのビンディング10選

今シーズンのおすすめは?スノーボード人気ビンディング30ブランド大集結!

スノボのプロ達が教える!グラトリ板の選び方とレベル別おすすめモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。